BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

素材、設計、編み上げ、すべてが最高峰の無敵セーター

シルエットも抜群の「メンブラーナ」のカシミヤニット

カシミヤのニットはとても温かい。一昨年、某ブランド のそれを買ったのだが、肌触りや温かさや軽さに驚き、以来すっかり虜になっている。で、今年は「メンブラーナ」を展開する丸和繊維工業が誇る「動体設計」の長袖シャツを愛用している。腕を上げても裾がパンツから出ない。まるで魔法だ。襟や袖周りの縫製が異様に美しく、身体に沿うようなスマートなシルエットで仕立ても良いから立ち姿が凛とする。同社製のTシャツももっていて、同じく腕を上げても裾はほとんど上がらないからお腹が出ない。動体設計に加えて「ホールガーメント」という無縫製の編み方なので肌触りもシルエットも良い。

今回紹介するのは、最高級のカシミヤを使って動体設計をもとにデザインし、ホールガーメントで編み上げたセーター(¥53,000+税)だ。自宅で手洗い可能というのも嬉しいではないか。丸和繊維工業の伊藤常務曰く「カシミヤ専用の洗剤を用いて手で優しく押すように付け洗いをすると、クリーニング店に出すよりもふわりと仕上がります」とのこと。ほぼ最強だと思う。

メンブラーナ https://membrana.stores.jp

SHARE

PROFILE

水上貴夫

EVEN / 編集長

水上貴夫

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

No more pages to load