BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「ワークスゴルフ/MACH(マッハ) フェアウェイウッド」試打レポート【かっ飛びシミちゃんのドラコンクエスト】

飛ばし屋を自称するオッサン編集部員が最新クラブの“飛び”の恩恵にすがり更なる飛距離を探求する極めて私的なレベル上げ企画。今回は「ワークスゴルフ/MACH(マッハ) フェアウェイウッド」です。

今回は番外編! ぶっ飛びFWを紹介

今回は「これ飛びますから、是非お試しを!」と、ぶっ飛びクラブやボールを手掛けるワークスゴルフの森氏より、半ば強引な挑戦を受けての番外編。その最新FWが、マット仕上げのクラウンが精悍な印象のフルチタンヘッド「MACH FW」。3Wと5Wを並べてみると、どちらのヘッドも同サイズに見える特殊な作り。聞けば今回の5W「普通に作っても面白くないので、3Wの作り方でやってみた」との摩訶不思議な回答。

で、実際の試打はというと、3Wでボール初速が70m/sを記録するドライバー並みの高初速に驚愕。5Wは3W同様の心地よい弾き感と170立法センチメートルと大きめなヘッドの安心感も手伝い、3Wに迫る数値を記録。シャフトのマッチング次第で確実に距離が伸びる、ぶっ飛びFWです!

ワークスゴルフ/MACH(マッハ) フェアウェイウッド

ヘッド内の底部に90gの「WWWS(ワイルドワイドウエイトシステム)」を搭載し、重心を下げ広大な“マッハゾーン” を確保。軟鉄鍛造フルチタンと底重心(WWWS)が、最高の打感と飛距離性能を発揮。

<SPEC>
フェース&ボディ素材:6-4チタン
ヘッド体積(立方センチメートル):170(#3)、170(#5)
ロフト角(°):15(#3)、18(#5)
フェースアングル:ストレート
ヘッド重量(g):211(#3)、219(#5)
重心距離(mm):34(#3)、32(#5)
重心高(mm):21(#3)、23(#5)
重心深度(mm):37(#3)、36.5(#5)
重心角(°):26(#3)、27(#5)
ヘッド価格:各45,000円+税
問:T&D(06-6567-0600)

ワークスゴルフ公式サイト

ワークスゴルフ/MACH(マッハ) フェアウェイウッド #3試打データ

クラブスピード 47.0m/s
ボールスピード 67.6m/s
スピン量 1804rpm
打ち出し角 11.9°
トータル飛距離 282.3yd

※装着シャフト:三菱ケミカル Diamana TB 50 S

ワークスゴルフ/MACH(マッハ) フェアウェイウッド #5試打データ

クラブスピード 47.1m/s
ボールスピード 69.3m/s
スピン量 3450rpm
打ち出し角 10.2°
トータル飛距離 268.1yd

※装着シャフト:三菱ケミカル Diamana TB 70 S

二子玉川の「ゴルファーズメディアラボ」で、弾道測定器トラックマンを使用してデータを計測し(10球)、最長飛距離データを記載。
※屋内での弾道計測テストのため、風の影響や落ち際の伸びなど、実際の飛距離性能とは異なる場合がある、あくまで参考値です。

ゴルファーズメディアラボ公式サイト

YouTubeで試打データ検証の動画を配信中

今回の「ワークスゴルフ/MACH(マッハ) フェアウェイウッド」の試打の様子を動画でも配信しています。こちらも合わせてお楽しみください。

『EVEN』ではこの他にも、美人コーチとして人気の高橋友希子プロのレッスンなど様々な動画を配信しています。
『EVEN』のゴルフ動画

出典

SHARE

PROFILE

清水隆幸

清水隆幸

1972年生まれ。証券業界に身を置いて長きに渡りディーラー業務に従事した後、ゴルショップの運営、接客を経てEVEN編集部へ。167センチと小柄ながら、ヘッドスピード50m/sを超すスイングで、右へ左へと放たれたボールを猛ダッシュで探しに走るスタイルが信条。マニアックなギアが大好物で、夜な夜なゴルフクラブいじりに勤しむ。

清水隆幸の記事一覧

1972年生まれ。証券業界に身を置いて長きに渡りディーラー業務に従事した後、ゴルショップの運営、接客を経てEVEN編集部へ。167センチと小柄ながら、ヘッドスピード50m/sを超すスイングで、右へ左へと放たれたボールを猛ダッシュで探しに走るスタイルが信条。マニアックなギアが大好物で、夜な夜なゴルフクラブいじりに勤しむ。

清水隆幸の記事一覧

No more pages to load