BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

第3の選択肢がベストチョイス!? 「スリクソン」なのにやさしい『ZX4』アイアン

国内外のツアープロが信頼を寄せる「スリクソン」ブランドから、アマチュアゴルファーの武器になること間違いなしのニューアイアンが登場し、話題となっている。『ZX5』と『ZX7』に続いて発売された『ZX4アイアン』だ。EVENチーム、そしてクラブフィッターによるインプレッションをお届けする。

シャープに飛ばせるニュー飛び系アイアン『スリクソン ZX4』

男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の舞台という、これ以上ない絶好の環境で『ZX4アイアン』を試打する機会を得たEVENチームの面々。「これって飛び系ですか? 見た目はツアーモデルと変わらないですね」と今井カメラマンが話す通り、本作のルックスは実にシャープで、これまで飛び系アイアンを敬遠していた人も違和感なく構えられるはず。「おー、ほぼストレートの強い弾道ですね。しかも球が上がる! これなら思い切ってグリーンを攻めていけます」と、実際にボールを打った伊藤が続ける。

伊藤達/EVEN広告担当。絶妙にコントロールされたスライスが武器。スコアアップのためにはもっと飛ばしたい。「とにかく直進性が高いです。強いストレート弾道でマイクラブより1~2番手は飛んでいると感じました」

個人的に感じたのはミスヒットへの強さ。芯が広いというか、少しぐらい芯を外しても十分な飛距離が得られる。打点がバラつくアマチュアにとって大きなメリットになるだろう。これらは、トウ側に高比重タングステンニッケルウエイトを搭載することで実現した深・低重心と、フェース周辺に配置した「スピードグルーブ」、打点分布に合わせた「最適フェース肉厚分布設計」、さらに中空構造によってもたらしている。だから、ストロングロフトでも高い弾道が得られるし、寛容性も高いのだ。

福田智生/EVEN副編集長。ドローが武器のロングヒッターだが、スピン量の多さと調子の波が激しいことが弱点。「シャープな見た目は飛び系というよりツアーモデル。ソリッドな打感で鋭く飛び出し、高弾道で飛んでいきます」

松林に囲まれたフェニックスCCは風を読むのが難しいが、『ZX4アイアン』は風には負けない直進性があるので、スコアメイクにも大きく貢献してくれた。今井カメラマンが「スパッとソールが抜けるので振りやすい」と話す通り、薄めの芝やラフからでもしっかり球を拾ってくれるのも強みで、このまま持って帰りたいぐらいの完成度だ。

今井暖/本誌やツアーで活躍するカメラマン。300ヤード超のビッグドライブを放つ飛ばし屋。アプローチが苦手。「ワイドソールなのに抜けが良いのはさすがスリクソン。薄い芝からでもしっかりボールを拾ってくれました」

これまでの飛び系アイアンに満足できなかった人におすすめ

「ProAmaGolf」のクラブフィッターである中本裕基氏にも『ZX4アイアン』を試打してもらった。

「見た目はスリクソンらしく精悍で構えやすいのですが、打ってみると高初速の強い弾道で驚くほど飛びます。球の高さもしっかり出ますし、ソールの抜けも良いですね。しかも、寛容性が高いので、多少のミスヒットでは飛距離が落ちません。これまでの飛び系アイアンに満足できなかったアスリートゴルファーにぜひ使ってもらいたいです。操作性や打感、スピンコントロールを求める人は同じ「スリクソン」でも『ZX7アイアン』や『ZX5アイアン』が合うと思いますが、上のほうの番手だけ『ZX4アイアン』を入れるもアリだと思いますよ」

中本裕基/日本大学ゴルフ部出身。インストラクター資格も有し、東京・二子玉川の「ProAmaGolf」でアマチュアゴルファーのクラブ選びを多角的にサポートしている。

スリクソン ZX4アイアン

○ロフト角(°):28.5(#7) ○ライ角(°):62(#7) ○長さ(inch):37.125(#7、①Diamana ZX for IRON)、37.0(#7、②N.S.PRO 950GH neo/③N.S.PRO ZELOS 8)、○価格:①③6本(#5〜#9、Pw)セット¥138,000+税、②6本(#5〜#9、Pw)セット¥132,000+税

DUNLOP GOLFING WORLD https://sports.dunlop.co.jp/golf/

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load