BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ゴルフカメラマンが見た松山英樹のマスターズ優勝

好きこそものの上手なれ

2020年1月の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」2日目を終えた松山選手は、練習場へ直行しました。すでに周囲は薄暗くなっていましたが黙々と球を打ち込み、辺りが真っ暗になったかと思うと今度は練習グリーンへ。電光掲示板の明かりを頼りにひたすらパッティング練習を繰り返す姿は鬼気迫るものがありました。

こうした姿から「練習の虫」とか「努力を惜しまない」 と評されるのでしょうが、マスターズ優勝後の会見で話していた通り、本人は周りが努力と見えることも苦労とは感じていないようです。これぞまさに、好きこそものの上手なれ。「もっと上手くなりたい」、「試合で勝ちたい」という思いに突き動かされているだけなのでしょう。

一方で、莫大な練習量でさえ、一つのピースに過ぎないと私は思います。信頼できるコーチと出会ったこと、日増しに良くなっていったチームの雰囲気、担当ツアーレップとの信頼関係や「スリクソン」の新ドライバーがフィットしたこと、そして調子のピークがマスターズウィークにやってきこと。そうしたピースがピタッとはまった結果が、あのマスターズ優勝だったのだと思います。

10度目のオーガスタ挑戦で悲願だったアジア人として初めてマスターズ優勝を遂げた。
マスターズ優勝後に一時帰国。報道関係者向けのリモート会見に出席し、笑顔を見せた。

SHARE

PROFILE

田辺安啓(JJ)

EVEN / ゴルフカメラマン

田辺安啓(JJ)

米国ニューヨーク在住のゴルフカメラマン。PGAツアー、LPGAツアーを追いかけ続け、誰よりも近くでアメリカのゴルフを見続けている。

田辺安啓(JJ)の記事一覧

米国ニューヨーク在住のゴルフカメラマン。PGAツアー、LPGAツアーを追いかけ続け、誰よりも近くでアメリカのゴルフを見続けている。

田辺安啓(JJ)の記事一覧

No more pages to load