BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

即完売必至!『EPIC SPEED』にツアーエディションの◆◆◆が登場

小ぶりで引き締まったプロ・上級者好みのヘッド

「キャロウェイ」の『EPIC』といえば真っ先に上田桃子プロが思い浮かぶ。2017年に初代『GBB EPIC』が発売された時のプロモーション映像で、上田プロが「バイーンと飛んでいく!」と表現したのがとても印象的だったのだ。実際に打ってみたら本当に「バイーン!」と飛んだので即購入。エースドライバーとして大活躍してくれた。

時は流れて2021年の女子ツアー開幕戦、上田プロが新しい『EPICドライバー』を実戦に投入。メーカー発表によると、上田プロの使用ヘッドはプロトタイプという。「はは~ん」と思ったのは自分だけではなかったはずだ。

で、今回、ツアー仕様の『EPIC SPEED ◆◆◆(トリプルダイヤモンド)ドライバー』が限定発売される。まさか3タイプも登場するとは思わなかったが、上田プロが使用しているのは『◆◆◆』シリーズの中ではもっともつかまりが良い『EPIC SPEED ◆◆◆ DSドライバー』とのこと。伝統的な洋ナシ型のヘッド形状は『◆◆◆』の3モデルに共通する点で、小ぶりで引き締まったプロ・上級者好みの顔だ。今回も即完売は必至。絶対に手に入れたい人は、発売日に「CALLAWAY EXCLUSIVE」の取扱店かオンラインストアへ。

つかまりを抑えながらボールコントロールしやすいスピン量の『◆◆◆』、低スピンで高い操作性をもつ『◆◆◆ LS』、◆◆◆シリーズで最もつかまりが良い『◆◆◆ DS』の3モデルをラインナップする。いずれも2021年7月15日発売予定で価格は95,700円~。

フィニッシュまで鋭く振り抜ける軽量モデル『EPIC MAX FAST ドライバー』も2021年8月に発売予定。ドローバイアスでつかまりが良く、ボールも上がりやすい。

問:キャロウェイゴルフ(0120-300-147)
https://www.callawaygolf.jp/

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load