BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

躍進するスチールとカーボンのハイブリッド。世界のトップ選手に「SteelFiber」が止まらない

世界ゴルフ女子ランキングの上位陣に使用者続出の「スチールファイバー」。東京五輪女子ゴルフ競技のメダリスト二名も使用した意味を、米ツアーに日本人選手のコーチとして帯同し、彼女達のプレーをよく知る辻村明志氏が解説する。

カーボンの振りやすさと球のねじれを抑える特性

シャフトの内側の層にカーボン、外側の層に繊維状のスチールをコイル状に巻きつけることで、カーボンのしなり感とスチールの安定感という両者の特性を兼備したシャフト「スチールファイバー」。米LPGAのトップ選手らの使用で注目のアイアン用シャフトは、今年開催された東京五輪女子ゴルフ競技のメダリストであるネリー・コルダ、リディア・コもその愛用者だ。なぜ、トップ選手に選ばれるのか、選手に帯同し、米ツアーにも詳しいプロコーチの辻村氏に解説いただいた。

「スチールファイバーは、カーボンのように振りやすく、スチールのようなグシャっと球を押し込める打感と弾道の高さが特徴のシャフトです。スピンは入るのにシャフトのねじれが抑えられ、インパクトで体の軸がズレても球のねじれをカバーしてくれる特性があります。米ツアーの中では飛距離のある方ではないリディア・コは長い番手が高弾道、短い番手は動きを抑えるキックポイントフローの『fcシリーズ』を使うことで、飛距離や球の高さを補う意図があるはずです。また、多彩なショットで、スピンコントールに長けた彼女がウェッジにまで挿しているのも注目です。自分の体感値ではスチールファイバーはミスショット時の球のねじれを半分程度に抑えてくれる。彼女の復調はこのシャフトが少なからず影響しているかもしれません。そういう意味では現世界ナンバー1で、誰もが羨むお手本スイングのネリー・コルダも同様。『iシリーズ』で、アイアンに80g台、ウェッジに90g台のセッティングですが、アイアンのフルショットはもちろん、スコアの要であるウェッジは余程イメージが一致しなければ使わないはずです。ショット時にクネっと体を使うことがある選手なので、ねじれを抑える特性により、より正確性を求めての選択なのかもしれません」

この夏、トゥルーテンパー公認特約店専用で追加された「hシリーズ」と「jシリーズ」。トップ選手のコ・ジンヨンとアリヤ・ジュタヌガンがそれぞれ使用するモデルだ。

「iシリーズより寛容性のあるhシリーズで、飛距離や球の高さも欲しいコ・ジンヨン。より弾道の高いjシリーズのアリヤ。追加モデルでより幅広いターゲットにマッチするようになったのも魅力だと思います」

ツアープロコーチ 辻村明志

つじむらはるゆき。上田桃子、小祝さくら、永井花奈、松森彩夏、吉田優利らの指導者として活躍するプロコーチ。その指導領域はスイングからメンタル、ギアまで多岐に及ぶ。

トゥルーテンパースポーツインクジャパン

トッププロが愛用するスチールファイバー

Nelly Korda(ネリー・コルダ)×「SteelFiber i」

飛距離と安定性のバランスに優れた中核モデル。70~125gまで幅広い重量帯に対応する。東京五輪金メダリストで世界NO.1プレーヤーのネリー・コルダは、アイアン用に『i80-S』、ウェッジ用に『i95-S』を使用。

Lydia Ko(リディア・コ)×「SteelFiber fc」

「fc」はフライトコントールの意味で、ロング番手は中高弾道、ショート番手は弾道を抑える番手別弾道フロー設計。元世界女王、東京五輪銅メダリストのリディア・コはアイアン用に『fc70F3』、ウェッジ用が『fc80F3』。

Jin-Young Ko(コ・ジンヨン)×「SteelFiber h」

長めのパラレル長による高い打ち出し角と振りやすさを求めた「h-plus」と、jシリーズより寛容性が高くツアー向けの重量をカバーする「h-tour」の2つがあり、世界ランク2位のコ・ジンヨンがh-tourを使用している。

Ariya Jutanugarn(アリア・ジュタヌガン)×「SteelFiber j」

iシリーズに比べ、寛容性や飛距離性能を向上させたのがjシリーズ。60~100g台の重量体は、球のねじれを抑えながらも、弾道の上がりやつかまりを求める人に。パワーヒッターのアリア・ジュタヌガンが使用。

追加2モデルで広がる可能性

ややハードヒッター向きで幅広い重量帯をカバーする「i」と番手別設計の「fc」。iよりも寛容性が高いjシリーズは中量級、さらにjシリーズより寛容性は高いが重めの重量帯もある「h-tour」と、シリーズ中最も高弾道で飛距離性能も高い軽量帯が中心の「h-plus」で幅広いニーズに対応。

問い合わせ:トゥルーテンパースポーツインクジャパン(03-5846-9553)
トゥルーテンパースポーツインクジャパン

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load