BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ストレッチの効いた「ジョグコーデュロイ」で“SURF&TURF”を満喫する

カリフォルニアの伝統文化“ガレージカルチャー”に注目

米国ロサンゼルス・メルローズ発の「ロサーセン」は、朝にサーフィンをして、ビーチからそのままゴルフへ行けるようなウエアをコンセプトにした“SURF&TURF”ブランドとしてお馴染み。今秋のテーマは、自宅のガレージや部屋を工房とし、自分の好きなものをクリエイトしていくカリフォルニアの伝統文化“ガレージカルチャー”だ。

ガレージを連想させるペイントやラグ、ワークの要素をデザインに落とし込み、素材やディテールで必要な機能性を付加。カモフラとオルテガ柄をミックスするなど、趣味の部屋のように「ロサーセン」らしさを詰め込んだアイテムが揃う。中でも注目したいのが、コーデュロイのカジュアルさを残しつつ、よりゴルフに適した素材に仕上げた「ジョグコーデュロイ」だ。

Rosasen公式サイトへ

プロサーファー・金尾玲生の湘南でのラウンドに密着

今回、プロサーファーで今年の2月からゴルフを始めたばかりの金尾玲生さんに「ジョグコーデュロイアノラックパーカー」を着用してもらい、日頃からよくラウンドしているというGDO茅ヶ崎ゴルフリンクスで9ホールプレーを楽しんでもらった。

「コーデュロイって、お洒落だけどゴワゴワしてちょっと動きにくいイメージがあったんですけど、このジョグコーデュロイのパーカーはまったく違いますね。まるでスウェットのような柔らかな風合いで、とても着心地が良いです。コーデュロイの質感の残しつつ、機能面はしっかりアップグレードされているのを感じます」(金尾)

「ストレッチ性が高くて、スイングの動きをまったく妨げません。これなら思い切ってクラブを振れるので、ショットの結果も良くなるような気がします。風を通さないので防寒性能も高いですね。暖かい日はちょっと暑すぎるぐらいかも。そんな時でもファスナーが脇にある仕様なので、ラウンド中に脱いだり着たりしやすいです」(金尾)

オンもオフもアノラックパーカーで着回せる

“SURF & TURF”ブランドである「ロサーセン」らしいスタイリッシュなデザインは、タウンでも映える。カラーバリエーションは、グレーとブラックの2色展開。価格は¥26,400。肌触りの良い「襟プリント起毛タートルネックシャツ」は¥15,400、とにかく動きやすい「4WAYストレッチ裏起毛プリントパンツ」は¥19,800、カートタイプの「キャディバッグ」は¥49,500、「ヘッドカバー」はドライバー用が¥5,390、フェアウェイウッド用とユーティリティ用が¥4,950、アイアン用が¥6,050。レディースの「ジョグコーデュロイアノラックパーカー」もラインナップしているので、ペアコーデも楽しめる。

Rosasen 公式サイトへ

Rosasen Instagram

金尾玲生

1992年生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身。全日本サーフィン選手権大会優勝、ISAワールドジュニア日本代表などの実績をもつ。2015年にJPSAプロ公認資格取得。以降、プロサーファーとして国内外問わずさまざまなツアーに参加し、ワールドワイドに活躍している。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load