BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「伊達なふたりの “ラグスポ”ゴルフ旅」Presented By SY32 by SWEET YEARS

小澤雄太さんと八木将康さん。ともに劇団EXILEで俳優として活躍するふたりには、ゴルフという共通の趣味がある。イタリア生まれのラグジュアリーなスポーツウエア、「SY32 by SWEET YEARS」を着て、束の間のゴルフ小旅行に出かけてもらった。

小澤雄太

俳優。劇団EXILEメンバー。映画や舞台を中心に活躍する一方、実家が飲食店の料理好きがこうじてレシピ開発などマルチな才能も発揮。ゴルフもベストスコア70台のアスリートだ。
【WEAR】
イタリアサッカー界のレジェンドが立ち上げたブランドだけに、スポーツウエアとしてはもちろん“ハレ” のリゾートウェアにふさわしい華やかさとラグジュアリーさを備える。ジャケットを脱げばそのままプレーできる。ジャケット:46,200円、モックネック:13,200円、パンツ:19,800円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物

八木将康

俳優。劇団EXILEメンバー。舞台、映画、TVドラマなどで活躍。名門駒大苫小牧高校野球部で甲子園出場経験もあるスポーツエリートで、今年TV番組企画で始めたゴルフは早々に100切り達成。
【WEAR】
スタイリッシュなモノトーンの着こなしはブランドの白眉。パーカなどカジュアルなアイテムがある一方、ストレッチや速乾性など機能性を追求。ゴルフはもちろん、様々なシーンで活用できる。「タイトなのに、強ストレッチで動きやすい」と八木さん。ベスト:24,200円、パーカ:17,600円、パンツ:15,400円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物

一泊二日、非日常なラグジュアリーゴルフ旅

イタリアのプロサッカーリーグ、セリアAで活躍した元イタリア代表、クリスチャン・ヴィエリとパオロ・マルディーニ。共にレジェンドであり、ファッションアイコンでもあった二人が立ち上げたブランドが「エスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ」だ。ラグジュアリースポーツの先駆者である彼らは、昨年ゴルフにも本格参入、洒落者ゴルファーの間で早くも注目を集めている。そこで、今回は「劇団EXILE」メンバーでゴルフ好きな伊達男ふたりが、同ブランドの秋冬コレクションを着用しての一泊ニ日のゴルフ合宿を敢行。料理もゴルフもどっぷりと沼にハマる追求型の小澤雄太さんと、元甲子園球児で歴半年で早くもスコア100切りのポテンシャルを持つ八木将康さんにラグジュアリーなゴルフ旅を堪能してもらった。

トランクの容量は525リットルあり、2名分のキャディバッグと着替え用の荷物を楽々収納。

現地までのアシはイタリアのプレミアムブランド「アルファロメオ」が誇る最新SUV『ステルヴィオ』。クーペを思わせる流麗なデザインと常用域では上質ながら、イザという時には情熱的な走りをみせる1台だ。先輩である小澤さんがハンドルを握り、向かったのは群馬県にある複合リゾート「ザ・レーサム」。上質なエントランスで映える二人は、ジャケットを脱ぎ、そのままハーフラウンドへ。日常着にもゴルフウエアにもなる万能ウエアの真骨頂だ。

コースまで着ていたアウターを脱ぎ、キャップを被ればそのままプレー可能。[右]キャップ:8,800円、モックネック:13,200円、パンツ:19,800(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物。[左]キャップ:8,800円、パーカ:17,600円、パンツ:15,400円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物

2人の着用ウエアはこちら

オールニューなもてなしのゴルフリゾート

ストスコア70台の先輩小澤さんが胸を貸す。笑顔の中にも真剣勝負。[右]ニット帽:5,500円、ベスト:24,200円、モックネック:13,200円、パンツ:15,400円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物。[左]ニット帽:9,900円、ジャケット:28,600円、ポロシャツ:15,400円、パンツ:15,400円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物

18ホール、7125ヤードの丘陵コース。「ザ・レーサム」は元々、日本初上陸のデビッド・レッドベターのアカデミー招致や国内男子ツアーメジャー大会の開催などエリア有数のトーナメントコースだった。一方で、天然温泉や本格的なスパ、宿泊併設のフレンチレストランであるオーベルジュなど、リゾート施設としても高いホスピタリティで知られる存在でもあった。それが、昨年から今年にかけて、コースレイアウトからクラブハウス、レストランまでの全面的なリニューアルを敢行。真っ白のバンカー砂や300ヤードのドライビングレンジ、館内にアートやミニライブを行える多目的ホールなど、まるで海外のゴルフリゾートを思わせるクオリティへと進化の途中にあり、ゴルフ目的以外でも訪れたい注目の施設だ。

中でもコース改修は、近く男子ツアー招致を予定した本格的なもので、深いラフ、速いグリーン、PGAツアーでも見かけるグリーンサイドにボールが集まるコレクションエリアの設置など、これには百戦錬磨のゴルファーである小澤さんも納得の高評価だ。「正直、群馬にこれほどのコースがあることに驚きました。コースの戦略性が高く、メンテナンスも抜群。途中の茶店やプレー後の温泉でソフトドリンクがフリーだったり、全方位でプレーヤーファーストを感じます。クオリティから考えてこのプレーフィーは破格だと思う」

ラウンド後、リラックスウエアに着替えた二人はクラブハウス2階のテラスでラグジュアリーなバーベキューへ。食後のリラックスタイムは館内の施設でそれぞれの時間を過ごした。ゴルフリゾート初体験の八木さんは、そんなアフターゴルフを含むホスピタリティに驚きを隠せない。

2人の着用ウエアはこちら

コース提供される本格的な和食やフレンチの他、テラスでのバーベキューにも対応予定。厚切りのTボーンなど、食材や食器類に至るまで、すべてがラグジュアリーだ。

コース側の客室からはコースを俯瞰。
ジャケット:22,000円、インナー:13,200円、パンツ:19,800円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物。
水泳の北島康介氏がプロデュースする『FLUX CONDITIONINGS』がコーディネートしたジムを併設。
ジャケット:19,800円、インナー:12,100円、パンツ:19,800円(すべてエスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ)、その他スタイリスト私物

「ゴルフのキャリアはまだ半年なので、初めてゴルフ場に泊まったのですが、宿泊客が使える本格的なジムがあったり、オープンキッチンのレストランに、テラスBBQなど、ゴルフリゾートに対するイメージが替わりました。サウナーなので、10月のプレオープンに向けて工事中だった2種類あるサウナも入ってみたかった」と大満足の様子だった。

宿泊施設の一階にはフレンチ ・ オーベルジュ「メゾン」と共にカウンターバーのあるラウンジが。取材時は、社会情勢からアルコール提供はなかったが。世界が落ち着いたらカウンターでプレー後の反省会も楽しみたい。

来年春のグランドオープンにはドライビングレンジとアプローチ練習場、更なるコース改造が実施され最高のゴルフリゾートとなりそうだ。

すべての想像を上回るクオリティ

限られた時間に濃密なゴルフ旅を過ごした二人。これが初ゴルフ旅となった八木さんはどう感じただろう。

「これまでのラウンドは早朝スルーで昼過ぎに仕事に戻るというパターンがほとんど。今回初めて泊まりでゴルフをして、こんな贅沢はないな、と。印象的だったのはとんでもないほどの食事の美味しさ。ランチにステーキが選べたり、オープンキッチンにシェフ、もてなしてくれるスタッフの多さ。天然温泉のお風呂もきれいで良かった。コースは美しさの反面、ラフに入れてしまうとボールを簡単にロストしてしまう深さで、難しかったです」

ゴルフ歴の長い小澤さんはどうか。
「リゾートコースと聞いて想像する、やさしい広いフェアウェイやホテルや食事、それらすべての想像を超えるクオリティでした。プロも迎えられる本格的なコースや世界のリゾートに負けないサービスを追求しているゴルフ場だと感じます。初挑戦だった今回のスコアは85でしたが、次はフルバックで7000ヤード超えのリゾートらしからぬコースに挑戦してみたい」とハマった様子。

本物を追求するラグジュアリーなリゾートと、タイトなシルエットながら高ストレッチで着心地抜群のウエア、ブレない軸を持った二人のゴルフ旅には、ぴったりとハマったように見えた。

2人の着用ウエアはこちら

今回の相棒「Alfa RomeoSTELVIO 2.0TURBO Q4 VELOCE」

280ps/40.8kgmを発揮するパワフルな2リッター直列4気筒ターボと四輪駆動の走破性を備えた、クーペのような流麗なデザインがエレガントなイタリンアンSUV。車両本体:7,200,000円

THE RAYSUM

東京からクルマで約2時間、群馬県安中に位置するラグジュアリーなゴルフリゾート「THE RAYSUM(ザ・レーサム)」。
住所:群馬県安中市安中5853
電話:027-382-5151
https://theraysum.com/

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load