BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ZOZO CHAMPIONSHIP 2日目】リッキー・ファウラーが防寒対策で使っていたものは?

指先が冷えると感覚が鈍ってパッティングに影響が出る

千葉県のアコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブで開催中の「ZOZO CHAMPIONSHIP」へ取材に来ています。大会2日目は2位タイからスタートした松山英樹が68で回り、トータル8アンダーとスコアを伸ばして首位に立ちました。

あいにくの天候となったこの日、習志野はとにかく寒かった! 筆者も今年初めて薄手のダウンを引っ張り出したわけですが、半袖でプレーしている選手もいたりして、感じ方はひとそれぞれだなと。そんな中、リッキー・ファウラーがショットの合間にミトンを着用しているのも見かけました。

ちなみにこちらのミトンは数年前のUS仕様モデルらしく、現在、日本では販売していないようです。

寒い時はミトンや手袋をしたほうが良いの? ということで、プロコーチの吉田洋一郎氏に聞いてみました。

「指先が冷えると、とくにパッティングに影響が出ます。血の巡りが悪くなって感覚が失われるので、繊細なタッチが出しにくくなるのです。体主体で打つショットはそれほどでもありませんが、コントロールショットやアプローチでは多少なりとも影響があるでしょうね。これからどんどん気温が下がっていきますので、面倒くさがらず、リッキーのように指先をケアすることをおすすめします」

2日目を終えてトータル1オーバーの35位タイと、上位からはやや離された位置にいるリッキー。2年前の大会には出場していなかったこともあって、彼を目当てに会場に足を運んでいるファンもいることでしょう。決勝ラウンドでの巻き返しに期待です!

▼ZOZO チャンピオンシップのライブ配信情報や組み合わせ・結果はこちら

2021-2022「ZOZOチャンピオンシップ」のライブ配信・テレビ放送、結果・組み合わせなど

2021-2022「ZOZOチャンピオンシップ」のライブ配信・テレビ放送、結果・組み合わせなど

2021年10月24日

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load