BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

美しいフォルムと転がりの良さを兼ね備えた「オデッセイ」の『TOULON』パター

「オデッセイ」の現行モデルで唯一のノンインサートパター

国内外のツアープロからビギナーに至るまで「オデッセイ」パターは高い人気を誇る。かくいう自分も愛用者の一人で、一番のお気に入りはノンインサートの『メタルXミルド #2』。2014年に発売されたモデルですでに製造終了しているが、軟鉄削り出しでテクスチャーが施されたフェースの打感がとても心地良いパターだ。

で、「オデッセイ」の現行モデルの中で唯一のノンインサートシリーズである『TOULON』パターから、近くニューモデルが発表されるという情報が入ってきた。『TOULON』パターといえば、美しいフォルムと特徴的なフェースミーリングによる転がりの良さに定評があるが、こちらの画像はツアー会場の練習グリーンで撮影されたもの。ソールのデザインが新しくなっているのがわかる。

ソールのウェイトがスムーズな転がりと安定性を実現

従来はソールの中央部分に搭載していたヘッド重量調整用のプレートがなくなって、代わりにソールのトウとヒールのフェースに近い場所にウエイトらしきものが配置されている。レンチの穴も見えるので、交換可能なのかもしれない。もしウエイトであれば、慣性モーメントを高めてミスヒット時でも打ち出しが安定する効果や、浅重心にすることでバックスピンを抑えてスムーズな転がりを生み出す効果が期待できそうだ。

一方で、従来の『TOULON』パターと同様のクラフトマンシップにあふれるデザインや、ブラックPVD仕上げの高級感は「オデッセイ」のハイエンドシリーズにふさわしいクオリティ。パターのフォルムの精密さや美しさを求めるゴルファーに高い満足感を与えてくれそうだ。

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load