BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ツアーを席巻する VENTUS(ベンタス)が新世代へ!「VENTUS」は 眠らない

大人気シャフトとなっているフジクラのVENTUSシリーズに『VENTUS TR BLUE』という新モデルが追加発売される。どんな性能に仕上がっているのか、ツアー選手のコーチを務める奥嶋誠昭プロに試打して確かめてもらった。

大人気逆輸入モデルが世界中のツアーを席巻

米西海岸のサンディエゴにはフジクラUSAの開発拠点がある。そこでPGAツアープレーヤーが求める性能を備えたシャフトとして生み出されたのが「VENTUS」シリーズだ。その特性を一言で表せば極めて高い先端剛性。独自のテクノロジー「ベロコア」を採用し、先端強度を高めることでオフセンターヒット時のヘッドのブレを抑制。プレーヤーのパワーを余すことなくボールに伝える設計となっている。さらにシャフト全長のトルクをコントロールする新手法により、中間から手元に適度なしなりが得られ、強く球を押していける性能も特筆だろう。

そんなVENTUSは、リリース後瞬く間にツアープレーヤーに受け入れられた。2021年のPGAツアーではドライバー用シャフトとして、VENTUSシリーズが46試合中の44試合で、国内男子ツアーでも24試合中23試合でそれぞれナンバー1を獲得。この圧倒的な支持率をプロコーチの奥嶋誠昭氏は次のように分析する。

奥嶋誠昭コーチ
2021年に大躍進した稲見萌寧、高橋彩華、木下稜介らのコーチを務める。最新の解析機器を用いたレッスンやギア分析を選手からアマチュアまで展開する人気コーチだ。

「振りやすくて、当てやすい。シャフト自体が余計な動きをしないからコントロールしやすい。それがツアープレーヤーに好まれています。男子プロのようなハードヒッターだけでなく、重量帯とフレックスを選べば、女子選手や男性アマチュアでも使いやすく感じる人は多いですね。強い球を打ちたい人、走りや弾きを必要としない人にオススメです」 

そんな話題のシャフトに新モデルとして追加発売されるのが本作だ。同社の「TR」といえばユーザーには「スピーダーTR」シリーズも想起させられるが共通性はなく、既存シリーズのブルーの後継モデルという位置づけだという。シャフト特性を示すEI分布では、ブルーとブラックの中間的な性能が見てとれ、既存モデルも併売されるというから、現行モデルと球筋やフィーリングを比較、チェックし、最適なVENTUSを見つけてみよう。

ベンタス公式サイト

マイベストなVENTUSはどれだ?

「VENTUS TR BLUE」とVENTUSシリーズ現行2モデルを奥嶋コーチが弾道計測を使用し、各モデルの特性をレビューした。

VENTUS TR BLUE

中間部がよくしなって粘る。叩いても引っ掛けにくい
「従来のブルーと比べると、『VENTUS TR BLUE』は中間部のしなりを大きく感じます。EI分布図ではブルーより中間部も硬いはずですが、VENTUS TR BLUEは手元部と中間部の剛性の落差が大きいため、より中間部がしなるように感じられます。しなるけれど、しなり戻りはスロー。叩いても引っ掛けづらい性能です。しなりを感じたい人、ブルーで球がつかまりすぎていた人に良さそうです」

VENTUS BLUE

素直なしなりとしなり戻り。ほんの少しお助け感がある
「手元から中間部にしなりが感じられ、インパクトにかけて素直にしなり戻ってくれます。先端は硬いですが、そこまでハードな印象はありません。手元側がしなるシャフトを好む全プレーヤーにオススメできるオーソドックスなモデルです。しなり戻りをうまく使うタイプのプレーヤーが使うと、中間から先端までが一体となって、ボールをつかまえながら押し出してくれるようにも感じられます」

VENTUS BLACK

全体的にしなり量が少ない。動かないシャフトが好きな人向け
「はっきり言って、ただただ硬いシャフトです(笑)。手元から中間部がほんの少しだけしなる程度で、シャフト全長での剛性が高い。ブルーと比べると1フレックス以上の差があります。パワーがあってシャフトの動きを極限まで抑えたい人、またはパワーはそれほどでもないけれど、シャフトに余計な動きを一切してほしくない人、しならないほうが当てやすく感じる人には最適なモデルです」

ベンタス公式サイト

データ計測弾道測定器

「GCクワッド」を使用し、同一ヘッドを各モデルの60g台フレックスSで試打。弾道高さは異なるが飛距離は同等、球のつかまりはブルー、TRブルー、ブラックの順だった。
シリーズ3モデルのEI剛性分布図(フレックスは6X)。横軸は先端からの距離、縦軸は剛性の高さを示す。

VENTUS TR BLUE

「ベロコア」テクノロジーを踏襲しながら最外層に開織クロス材を採用。中間部のねじれと曲げの剛性を高めることで、球の散らばりを抑制する特性をさらに磨き上げた。スペックは、5(R)、5(S)、6(S)、6(X)、7(S)、7(X)。3月17日発売予定。各55,000円

ベンタス公式サイト

3月20日(日)開催「EVEN SUPER 試打会」で最新・注目モデルをとことん試し打ちしよう!

国内最大級の規模を誇るゴルフクラブの試打パーティ「EVEN SUPER 試打会」が、2年ぶりに東京・葛西の「ロッテ葛西ゴルフ」に帰ってきます! 大手メーカーからパーツブランドまで、EVENならではのラインナップで注目のニューモデルや話題のギアを無料で試せる試打会。「EVEN SUPER 試打会」でお試しいただけるメーカー・ブランドとモデルは特設ページで随時ご案内しています。

「EVEN SUPER 試打会」特設ページ

【ゴルフ試打会】国内最大級!2022年3月20日(日)ロッテ葛西にて開催|16ブランド以上参加!参加費無料

【ゴルフ試打会】国内最大級!2022年3月20日(日)ロッテ葛西にて開催|16ブランド以上参加!参加費無料

2022年03月19日

※新型コロナウイルス感染の状況によりイベントの変更・中止となる場合がございます。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load