BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ティの高さを見直してミスショットを減らす!|てらゆーの超速上達ゴルフレッスン

練習場ではそこそこ上手く打てるのに、コースへ行くとミスショットが止まらない。そんなアマチュアゴルファーのために、わかりやすいゴルフレッスンで人気のYouTubeチャンネンル「Tera-You-Golf」のてらゆーさんのワンポイントレッスンをお届けします。今回は「なるほど!」と納得してしまうティの高さでミスショットを減らすポイントをご紹介します。

地面にあるボールとティアップされたボールの違いを理解しよう

アイアンの調子は良いのにドライバーの調子が悪い。その反対もしかり。原因はスイングではなく、構えや意識にあることが多いです。アイアンは地面にあるボールを打つので、クラブが最下点か最下点の手前(ダウンブロー)で当たるのが正解です。一方で、ドライバーはティアップされたボールを打つので、最下点を過ぎた後、上がり際(アッパーブロー)で当たるとナイスショットになります。

そのため、ドライバーは上半身を右に傾けることで、自然とアッパーにスイングできる構えを作ることが大切です。また、その傾きをインパクトまでキープしましょう。この時、ティが高いほうがアッパーで打つイメージがしやすくなります。構えを使い分ければ、スイングを変えなくて良いのでドライバーとアイアンで大きな調子の差もなくなるはずです。

後ろから見て確認しよう

ボールが半分以上見えるようにしよう

ティアップは高いほうがオススメ。打ち下ろしなどで低い球を打ちたい時は、ティを低くする方法もあるが、難しくなる。普段はヘッドからボールが半分以上出るようにしよう。

ティが高いとアッパーに打ちやすい

ドライバーは打ち込むとスライスやテンプラなどのミスにつながる。ティが低いと打ち込みやすくなる一方、ティが高いとアッパーに打つイメージがしやすい。

アッパーで打つために傾きをキープしよう

ドライバーはアッパーに打つのがナイスショットのコツ。アドレス時に上半身を少し右に傾けて構えたら、その傾きをインパクトまでキープすることが大切。

YouTubeチャンネルで動画をチェック

教えてくれた人:てらゆー

ジュニア時代からゴルフを始め、学生の全国大会や国体、プロの試合にも出場経験をもつ、2020年4月にYouTubeチャンネンル「Tera-You-Golf」を開設。チャンネル登録者数は50万人を超える。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load