BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ニチレイレディスで今季初V! 西村優菜のクラブセッティングから見えてくるもの

ツアー通算5勝目を挙げた14本

千葉県の袖ケ浦カンツリークラブ 新袖コースで行われた女子ツアー「ニチレイレディス」は、最終日トップタイからスタートした西村優菜が66で回り、トーナメントレコードのトータル17アンダーとして昨年9月の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来となるツアー通算5勝目を挙げた。

「3日間ノーボギーでラウンドできたのが初めてだったので、すごくうれしかったです。(最終日の後半は)少し難しいアプローチやパッティングが多かったんですけど、うまく耐えることができました。それが15番ホール以降のバーディにつながったと思います」(西村)

圧巻だった17番パー3のバーディ

15番ホールでは、同組で優勝を争う森田遙がボギーを叩いたのに対し、「2打目はミスショットだった」(西村)としながらも7メートルのバーディパットを沈め、逆転でトップに立った。圧巻だったのは17番、194ヤードのパー3。9番ウッドから放たれたショットはピンそば50センチにぴたり。このバーディで勝利をグッと引き寄せた。

「(17番は)普段なら9番ウッドでぴったりの距離なんですけど、優勝争いをしている時は飛ぶので、(持ち球のドローではなく)ストレート目の球で少し距離を落としていく感じで打ちました。本当にイメージ通りに飛んでくれましたね」(西村)

ドライバーは『ローグST』から『エピックSPEED』へ

この試合で西村が使用したクラブについて、ゴルフギアライターの児山和弘氏に聞いた。

「今季は開幕からキャロウェイのニューモデル『ローグST ◆◆◆』ドライバーを使っていましたが、途中で昨年まで使っていた『エピック SPEED』ドライバーにスイッチしましたね。西村プロにとっては、『エピック SPEED』のほうが振り抜きやすく、イメージ通りのドローボールを打ちやすいのかもしれません」(児山氏)

パターは旧ヘッド+新シャフト

スイッチといえば、西村は前週の「宮里藍 サントリーレディスオープン」でブレード型の『オデッセイ TRI-HOT 5K DOUBLE WIDE』パターから、昨年まで使っていたマレット型の『オデッセイ ホワイトOG #7S』パターに戻しており、その理由を聞かれると「気分ですね」と笑った。ただ、シャフトに関しては今季開幕戦から使用しているストロークラボを装着しており、「去年のヘッドに新しいシャフトをミックスしてもらってすごく良くなりました。しっかりしているのでロングパットがブレません」と話している。

アマチュア時代から長く愛用

「ドライバーにしても、パターにしても、シーズン中に入れ替えられる柔軟性は強みだと思いますし、クラブセッティングに関しても細かく考えていることが感じられます。一方で、積極的に新しいギアを取り入れる西村プロがアマチュア時代から長く愛用しているのがキャロウェイ『グレートビッグバーサ』のショートウッドです。この試合でも、勝負どころの17番で9番ウッドを使ってバーディチャンスに付けました。絶対的な信頼感があるのだと思います」(児山氏)

替えがきかない1本。そんな頼れる相棒を手に入れることこそが、クラブセッティングの原点なのかもしれない。

西村優菜の最新クラブセッティング

1W:キャロウェイ エピック SPEED(9度)/フジクラ スピーダーNX 50−SR(45インチ)
5W:キャロウェイ エピック SPEED(18度)/フジクラ スピーダーNX 50-R
7W、9W:キャロウェイ グレートビッグバーサ(21度、24度)/フジクラ スピーダー569エボリューションⅢ SR
6U:キャロウェイ エピック STAR(26度)/フジクラ MCH 60-R
6I〜PW:キャロウェイ Xフォージド STAR/フジクラ MCI 70-R
50度、54度:キャロウェイ JAWSウェッジ/フジクラ MCI 80S
58度:キャロウェイ JAWS FULL TOEウェッジ/フジクラ MCI 80S
PT:オデッセイ ホワイトホットOG #7S/ストロークラボシャフト

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load