BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

女子ツアー会場で「キャロウェイ」のニューモデルらしき『JAWS RAW』ウェッジを発見!

あの『JAWS』がノーメッキ&タングステンで進化!?

千葉県のカメリアヒルズカントリークラブで6月23日から行われる女子ツアー「アースモンダミンカップ」の練習日。「キャロウェイ」のツアーバンでニューモデルらしきウェッジを発見したのでリポートしたい。

クロム仕上げのヘッドも

マットブラック仕上げの精悍なヘッドに『JAWS RAW』の文字があることから、『JAWS』ウェッジの後継モデル、あるいは追加モデルであることは間違いないだろう。キャロウェイのツアー担当によるとクロム仕上げのヘッドもあるそうで、ソール形状についても確認できた「S」、「W」、「X」のほかに「Z」があるようだ。

RAW=加工していない

まず特徴的なのはフェースがノーメッキであること。RAWとは日本語で「生の」や「加工していない」という意味だが、おそらくノーメッキに由来するであろうことが想像できる。また、前作まではリーディングエッジが丸みを帯びたいわゆる“出っ歯型”だったが、本作はほぼストレート。このあたりはツアープレーヤーからのフィードバックによるものだろうが、今どきのトレンドに合った変化ともいえそうだ。

タングステンの効果は?

そして、キャロウェイのウェッジではお馴染みとなっているバックフェースに配置された4つのウエイトポートの内、トゥ側の2つにタングステンを挿入しているという。ネック側に寄りがちな重心を真ん中に寄せることで、打点のブレに強くなる効果が期待できるようだ。

この日、初めてニューウェッジをテストしたキャロウェイスタッフプレーヤーの竹内美雪や藤田光里は「良いですね。すぐにでも使いたい」と好感触だった様子。製品の詳細や発売日などの情報が待たれる!

アースモンダミンカップ https://earth-mondahmin-cup.com

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load