BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

読者も参戦!ゴルフ雑誌EVENが読者参加型コンペを小規模、サステナブル仕様で実施して感じたこと

ゴルフ業界においてサステナビリティを強力に推進している「アディダスゴルフ」と新たなゴルフ場運営を模索する神奈川県にある「GDO茅ヶ崎ゴルフリンクス」。両者のコラボーショーンによるサステナビリティキャンペーンが6月から約1ヵ月わたり開催されると聞き、普段から取材活動に協力いただいている両者の志に、本誌も微力ながら自分たちのできるアクションで応えたい、ということで、読者参加型のミニコンペを、彼らにあやかりサステナブル仕様で実施してみた。

 

ゴルフを通じたリアルな体験だから得られる、肩肘張らないサステナブルな活動

6月初旬、急遽開催6月8日に開催された「第2回EVENミニコンペ」。実は昨年、アディダスゴルフが世界海洋デーである6月8日に開催したコンペで活動に共感した本誌が、自分たちでも何かアクションを起こしたいと考え、アディダスゴルフとGDO茅ヶ崎GLのコラボキャンペーンに同乗した、というのがその真相。

大好きなゴルフを持続可能にするためにメディアとしてできること。それは誌面やWEB、主催するイベントで読者と価値観を共有することだ。そこで、まずは本誌主催のコンペをサブスク「EVENBOX」会員を中心とした少人数制で開催。ここに紹介したのはサステナビリティを意識したコンペ運営で我々が実施した施策だが、大事なのは、誰かの強制ではなく、自ら楽しみながらできるってこと。あまりの楽しさに、今後も同種のコンペを定期的に開催予定。大人数のコンペもよいけど、アットホームでゆるいこの雰囲気、編集部一同、気に入っております。

サステナブルでやってみた、第2回イーブンミニコンペ

1.チーム戦でコミュニケーション

競技ルールは、個人スコアの他、同組のメンバー全員のスコアをカウントするチーム戦とすることで、大規模なコンペではなかなか密にはならない、参加者どうしの交流を促進。

各組には、EVENのスタッフが必ず1名お邪魔し、誌面では言えない、あんなことやこんなことを話とか、しなかったとか。

2.サステナブルなクイズをチームスコアに換算

ラウンド中、各ホール毎にスマホを使ってサステナビリティに関する3択クイズを出題。正解数がチーム戦のスコアに反映されるのでみんな真剣。”大きいお友達”どうしがゴルフを通じて、遊びながら少しだけ環境問題への課題を自ら考える仕組み。

 

3択と侮るなかれ、かなりの難題。正解を知ることで、問題の深刻さを実感したり、、。

3.EVEN読者たるもの、コンペではお洒落ゴルファーたれ

TシャツOKのノンドレスコードなGDO茅ヶ崎ゴルフリンクスで参加者はより自由な発想でゴルフのお洒落を楽しめる。本誌のコンペといえば、ベストドレッサー選出も定番だったが、皆様に楽しんでいただくべく、あえて1等は決めず、みんな違って、みんな良い なお洒落合戦に。この場で参加者の勇姿をご紹介。

 

4.参加賞は特製タンブラー

参加賞として特製の「ハイドロフラスク」を進呈。ペットボトルからマイボトルへの切り替えを促した。

 

5.アディダスのシニアマネジャーがレクチャー

ラウンド後はアディダスゴルフの加瀬友之氏が同社のサステナビリティ活動の取り組みを紹介。優勝チームや個人賞として協賛いただいたアディダスゴルフのサステナブルな賞品でリサイクル素材の性能を実感。

 

6.読者参加のミニコンペ

昨年開催したミニコンペに続き、今回もサブスクサービス「EVENBOX」会員を中心に、小規模開催とすることで運営コスト削減や参加者間での交流を促進。運営側、参加者側、コース側にとってもメリットのある持続可能なコンペとした。

 

7.ターフエイドもエコ

手引きカートによるセルフプレーの茅ヶ崎GL。プレーヤーが目土することで、コース管理の負担軽減や省エネ化が実現できる。ゴルフ場の持続可能な運営に簡単に貢献できる第一歩だ。

 

8.午後からの9ホール勝負

茅ヶ崎GLは全9ホール。ハーフラウンドとすることでプレー以外のコンテンツの追加や待ち時間の短縮など参加者にメリットも。

9.プレーは真剣

ニアピン、ドラコンの設定ホールもなく、どんなレベルの参加者もフラットに楽しめるが、チーム戦と個人戦でプレーは真剣。

10.表彰式はテラスBBQ

表彰式はテラス席でのBBQ。空調の効いたコンペルームなどに比べて省エネかつ、調理や配膳のスタッフの負荷も軽減。電車でアクセスできるコースなら車も不要でお酒が飲めて盛り上がる。

最後は恒例じゃんけん大会! 
コンペ当日が誕生日という参加者の方に本誌から、サプライズのプレートを用意。コンペの表彰式というと、景品の受け渡しと順位発表がメインではあるものの、参加者どうし、編集部員との交流を深めたり。小規模開催ならではの顔がみえるコンペも良いものですねー。

GDO茅ヶ崎ゴルフリンクス

神奈川県茅ヶ崎市菱沼海岸9-38
☎0570-011-562(代表)
※JR東海道本線「茅ヶ崎駅」下車、バスで約10分

「#PLAY SUSTAINABLE -サステナブルでスマートなゴルフを」キャンペーンは7月7日まで。キャンペーン終了後も海沿いに位置するリンクスとしてサステナビリティを推進していくそう。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load