BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ハワイゴルフ案内実績ナンバー1旅行会社に聞いた、コロナ明け後のオアフ島ゴルフ一問一答

アフターコロナの旅がいよいよリアリティを持ち始めた昨今。ご無沙汰で、あるいは初めてで、海外ゴルフの予定をたてているゴルファーも多いだろう。とはいえ、予断を許さない感染リスクや、海外ならではのその国の文化や風習の違いからプレーに対して不安を抱くゴルファーも少なくないはず。そこで、現地ハワイにある日系の旅行会社「タチバナエンタープライズ」の担当者に、予算や現在のオアフ島でのゴルフ事情など、気になる項目をQ&A方式で答えてもらった。

コロナ禍、円安を経て変わりつつあるオアフ島のゴルフ旅

アフターコロナ下での観光復興に向けすでに動き始めているアイランドリゾート、ハワイ。特に日本人ツーリストからの支持の高いオアフ島の現在の観光やゴルフ事情、知っておくと便利なコツなどをゴルフ旅の案内人「タチバナエンタープライズ」の酒井さんに聞いてみた。

「現在、感染状況がおちつきつつあるオアフ島ですが、それでも観光客のほとんどは、アメリカ本土からの国内旅行がほとんどです。日本人の観光客に関していえば、今年のゴールデンウィーク前後から徐々に増えて来ている印象です。

さて、日本とハワイのゴルフ事情ですが、もちろん大きな違いはありません。オアフ島に関していえば、いわゆる海沿いのシーサイドコースよりは、遠くに海が見えるような高台に立地するコースが多いといえます。プレーはアメリカ本土も同様ですが、18ホール、スループレーが基本です。

また、スループレーということで、一部を除いてゴルフ場にレストランはなく、コースの売店やドリンクなどを運んで来るスナックカートで軽食を買う、あるいはコースへ訪れる前にスーパーなどで購入して、持ち込む必要があります。

オアフ島をおずれるゴルフ目的の観光客の多くは、ティオフ時間を早めに設定し、午後はワイキキに戻って食事やショッピングといった観光を楽しむというスタイルが一般的です。プレーの予約は事前に電話やインターネットで行ないます。ちなみに、我々のようにゴルフに特化した旅行会社の場合、主要なコースに良い時間帯のティタイムをキープしている場合もあるので確認してみるのも良いでしょう。

ワイキキに宿泊する場合、コースへの移動はレンタカーやタクシーを使うのが従来のゴルフツアーでしたが、ワイキキの場合、レンタカーの駐車料金が大幅に上がっているので注意が必要です。ウクライナ紛争による世界的な政情不安やアメリカ国内のインフレ、為替の円安傾向もあり、特に費用面において、以前までとは大幅に事情が異なっている場合が多くあるのです。そういう意味では、アフターコロナで初めてオアフ島へゴルフ旅を計画するなら、従来イメージの相場感は置いておき、しっかり比較してみてください。旅慣れたハワイ通のゴルファーであっても、手間や時間を踏まえてみると、弊社のようなゴルフに強い旅行会社経由のパッケージツアーを活用する方が、諸々な面で得策といえるかもしれませんよ」

ハワイは訪れたことがあってもプレーは未経験というゴルファーからベテランさんまで、知っておくとためになる、ハワイゴルフQ&Aをお届けします。

Q1. ドレスコードはありますか?

ドレスコードは上着は襟付きのシャツであれば、下はショーツでも問題ありません。また、あまり知られていませんが、コースによってはゴルフシューズではなくスニーカーでもOKというコースもあります。グリップの問題はありますが、こうすることでパッキングの荷物を減らすことにもなります。とはいえ、プレー前にアウトソールをキレイにすることだけはお忘れなく。日差しが強いのでサングラスや帽子は必須な存在ですよ。

 

Q.2 現在、検疫から入国まで、どの程度時間がかかりますか?

現在は、フライト到着便数にもよりますが、30分~1時間ぐらいを想定しておいて下さい。もちろん今後フライトが増えてくれば更に待ち時間は長くなります。

Q.3 現状、滞在する日数は何泊何日がオススメですか

パッケージツアーの場合は、3泊5日~5泊7日、離島へ行かれる方は更にプラス2泊~3泊というイメージですが、
最近は、個人客の方々が多いので、平均するともっと長い滞在(10日間から14日間前後)をされる方が多いです。

Q.4 ラウンド前にドライビングレンジで練習したい、という場合

ゴルフ場のドラインビングレンジを利用するのがほどんどです。(別途追加料金)。パッティンググリーンはほとんどのゴルフ場にございます。

Q.5 オアフ島でプレーされる方に人気のコースは?

コオリナ ゴルフクラブ、ワイケレ カントリー クラブ、カポレイ・ゴルフ・クラブなどが人気です。

Q.6 ハワイ全体でコース数はどの位ありますか?

ハワイ諸島すべてですと約70か所のゴルフ場がございます。オアフ島のみですと約28か所のゴルフ場があります。またこれ以外に軍関連のコースもあります(HawaiiGogole調べ)

Q7. プレーフィの相場はいくら位?

弊社がツアーでご案内しているゴルフ場の場合は、通常のプレーフィに行き帰りの送迎のみをつけたプランで、現在一番料金の高いコースは『HOAKALEICOUNTRY CLUB』で@$290.00【送迎付き】、リーズナブルなコースは、『MAKAHAVALLEY COUNTRY CLUB』@$145.00【送迎付き】です。

Q8. 移動は自分でレンタカーと送迎をお願いするのとどちらがおすすめ?

何名かによりますが、タクシーは帰りの手配、プレーの進行で遅れた場合の時間の連絡などがスムーズならOKです。レンタカーは滞在中の借りる期間次第では、駐車場代などを含めて考える必要があります。ゴルフは目的地についてしまえば、その間の移動がないことや、運転される方の負担など、手間やコストを含めて検討いただくと、送迎サービス付きパッケージプランの利用をオススメしています。

Q9.  ハンディキャップ証明などは必要ですか?

欧州やアジアの一部のゴルフコースでは、プレーに際して、英語記載のハンディキャップ証明が必要となる場合がありますが、ハワイでのゴルフには必要ありません。

Q.10 「これを持っていると便利」みたいなものはありますか

ハワイにかぎらず、セルフプレーのアメリカ圏にあるゴルフ場は、カートにボール拭きやクラブ拭きが基本的に用意されていません。お待ち頂く事をオススメします。また、日本のように乗用カートにGPSナビの搭載がない場合もあるので計測器(ウォッチタイプを含む)もあると便利です。レストランがないのでプレーの途中に食べられる軽食やドリンクも用意していきましょう。日差しが強いので、日焼けどめやサングラスなども、疲労感を和らげます。ゴルフシューズは、グリップ力は当然落ちてしまいますが、外履きと兼ねたスニーカー(コース入場前にクリーニング)で代用してもOKなコースもあります。

Q.11 プレーの時間帯は?

ツアーで手配される方の場合、送迎時間帯が午前中なので、ツアー参加の場合は午前中の早い時間帯からのスタートとなります。ハワイにはアーリーの料金設定がありませんが、午後遅めやトワイライト(薄暮)用の料金設定があり、それらは比較的リーズナブルな設定です。ただし、これらは、前述したツアー手配による送迎サービスが無い時間帯なので、タクシーやレンタカーなどを利用してご自身で現地に出向く事になります。

Q.12 ワンバッグ、一人でのプレーは可能でしょうか?

コースによっては、ローカルなど他のお客様と一緒にプレーする事でゴルフ場によっては対応可能ですが、弊社の手配では確約はしておりません。ツーサムプレー代(二人確約料金)をご予約頂ければ、対応可能です。

Q.13 ハワイゴルフのおすすめのフォトスポットや名物フードなどはありますか?

コオリナゴルフクラブの10番ホールはミッキーマウスの形をしたバンカーが名物。何処のゴルフ場という事は御座いませんが、スパムむすびが気軽に食べる食べ物として人気です。

Q.14  レストランなど昼食はどうする?

日本と違って18ホールスループレーが基本です。スタート前に売店がある場合と、ドリンクや軽食などを積載したスナックカートが廻っている場合があり、ホットドッグやスパムむずびを購入して食べるのもハワイゴルフの醍醐味かと思います。

Q.15 現在、ハワイを訪れた場合、アフターゴルフのお店やレストラン、観光系施設の営業状況は?

ほぼ、以前と変わらない営業状況ですが、以前にあったお店が無くなっていたり、新たなお店が出来たりと日々変化しております。入店にあたりワクチン接種証明書の提示も必要無くなりました。6月からはハワイを含むアメリカ入国に際しては、ワクチン接種証明があれば、入国前直近のPCRや抗原検査による陰性証明も不要となりました。

Information

タチバナエンタープライズ

https://www.tachibana.com/

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load