BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

テークバックの動きがポイント! バックスイングのスピードを上げれば飛距離アップできる

1ヤードでも遠くへ飛ばしたいという思いは誰もが抱いているはず。そこで今回は意識せずとも自然とヘッドスピードが上がって、今より飛距離アップできてしまうコツを紹介する。
アマチュアゴルファーは切り返しからインパクトにかけての動きばかりを気にしがち。左足から踏み込んで、クラブを寝かせて、タメを作って……。はたして正解は?

腕とクラブで作るY字を崩さずにテークバックする

自分のスイングに合ったシャフトを使っているとすれば、いつもの自分のスイングより速く振るとインパクトのタイミングが合いません。また、速く振ろうとするとどうしても肩や腕に力が入りやすいので、上体が突っ込んでアウトサイドイン軌道になったり、手元が前に出てフェースが開きやすくなったりします。それを嫌がってリストターンを強めるとチーピンが出やすい。ですから、飛距離アップのためにクラブを速く振るのはおすすめしません。

スピードを上げるなら、バックスイングを速くするほうが良いでしょう。ただし、腕の力でクラブを速く振り上げようとするのは間違いです。大事なのは初動の部分で、構えた時に腕とクラブで作るY字を崩さないようにテークバックすること。

そのためには、体幹を使ったスイングが不可欠です。具体的には、広背筋や左肩を動かすのにつられて腕↓クラブが動いていくイメージです。最初はゆっくりとした動きから始めて、徐々にスピードを上げていくのが良いでしょう。

この時、重心は右サイドへと移動しますが、下半身はなるべく動かさずにどっしりと構えておくのも重要なポイントです。それによって上半身と下半身に捻転差が生まれ、そのパワーが飛距離につながります。皆さんもぜひ試してみてください。

バックスイングのスピードを上げよう!

勢いよくトップまで体を回します!

ゆったりとしたバックスイングから、切り返しでいきなりスピードアップする動きはエラーを引き起こしやすい。思い切って体を回してバックスイングのスピードを上げてみよう。

ダウンスイングのスピードを上げようとすると…正しい軌道で振るのが難しくなる!

手元が前に出てフェースが開きやすい

アウトサイドイン軌道になりやすい

 

正しいテークバックを身につける!

バックフェース側にボールをセットし、飛球線後方へ押すようにゆっくりヘッドを動かすと、低く長いテークバックを体感できる。

手を使って上げるのはNG

バックスイングを速く上げようとして手首を使ってテークバックするのは間違い。体を使って左肩で腕を押し込むように体を回そう。

解説

西村至央さん

東京や神奈川を中心に活動するゴルフコーチ。伊澤利光プロにスウィング理論を学び、様々なメディアで活躍中。ミライズゴルフアカデミーを主宰する。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load