BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ
フジサンケイクラシックでトラヴィスマシューのテックラインを着用してティショットに入る石川遼

石川遼も実戦投入!プレーのために生まれた「トラヴィスマシュー」のハイエンドラインとは

今年、節目の50回記念大会となった国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」。2009年、2010年の大会の歴代覇者である石川遼は、大会4日間をー8、5位タイという上位の成績で終えた。舞台となった山梨県の「富士桜カントリー倶楽部」は、毎年のようにコース改修を施し、百戦錬磨のプレーヤー達に高レベルの技術と精神力を求めることで知られる国内屈指の難関コースとして名高いが、優勝こそ逃したものの、30代に突入してもなお、肉体を磨き上げ、進化を怠らない石川遼の存在感を示すのには十分な結果となった。

特に、同大会で彼が着用していた「TravisMathew(トラヴィスマシュー)」は、この秋からラインナップに加わった「TECHコレクション」のもので、ツアー屈指のファッショニスタである彼が、プロやアスリート向けに特化した同ラインを着用していたことも、キャリア再構築に向けた彼の本気度が伝わってくるといったら大げさだろうか。

フジサンケイクラシックでトラヴィスマシューの新作ウエアを着てティショットを放つ石川遼
©JGTO IMAGE

 “トラヴィスマシュー”を超える“トラヴィスマシュー”

アメリカ西海岸発のサーフカルチャーや大人の日常使いに応える上品さ。ゴルフウエアの枠を超えて支持を集める万能着「トラヴィスマシュー」。デイリーユースも可能なオールラウンドなブランドイメージを掲げる彼らには、実は「TECHコレクション」のようなアスリートに特化したコレクションが存在していなかった。日本を含むアジアを中心とした国内企画となる本シリーズは、ツアーユースを前提に開発された新たなラインとなる。

日本正式上陸の際、ブランドの出自がサーフポイントに由来することを考慮し、湘南を拠点として選んだトラヴィスマシュー。2022年には新たに青山に新店をオープンさせるなど、近年さらにブランドの勢いを加速させている。そうした状況の中、万を持して発表されたTECHコレクションは、彼らが従来展開してきたゴルフアパレルラインをより研ぎ澄まし、開発されたリアルアスリート仕様といった立ち位置である。

とはいえ、そもそもトラヴィスマシューのウエアは、石川遼やジョン・ラームなど国内外のツアー選手が試合で着用できる基本的な性能をもちろん完備している。本シリーズは、そこに「コーデュラ」を始めとするハイテク素材や3Dパターンなどを、惜しみなく盛り込んだのが今回のハイスペックなラインというわけだ。

 

travismathewのtechlineのモックネックシャツのネックの立ち上がり
以前雑誌EVENの取材で「PGAツアー参戦時代から、”m”のマークの入った日本では見慣れないウエアが気になっていた」と話してくれた石川選手。モノトーン基調でシンプルなデザイン性は彼のプライベートでの着こなしにも近いという。

その上、実は彼ら、従来から素材選びには一家言あり、国内規格といえども、本国アメリカのデザインチームが色使いから肌触り、機能性を綿密にチェックする体制を敷いている。ゆえに着心地の良さなど従来からの強みもしっかり継承されている。まさに〝こんなのを待ってた!“ というアスリートゴルファーも少なくないのではないだろうか。

ハイエンドなテック系モックネック TECH MOCK NECK

トラヴィスマシューのテックラインの機能性モックネックホワイトカラー

 

大会期間中、大事な決勝ラウンドで石川が袖を通していたのがこのトップス。その正体は、コンプレッションウエア顔負けのハイストレッチな高機能素材を使用したモックネックシャツ。ラグラン袖状の肩部分は別素材の切り返しでスイング時のストレス軽減とデザイン性を備えた機能美。秋冬シーズンにはインナーとしても活躍しそう。石川が着用したBLACK、NAVYの他、写真のWHITEもあり。各\13,200

トラヴィスマシューのテックモックネックブラックとネイビー

トラヴィスマシューテックモックネックのストレッチ性とラグランスリーブ説明

ボディにウレタン混紡のストレッチ素材を採用。肩部分はラグラン袖状のデザインで、スイング時の抵抗感を軽減した上で、さらにストレッチに優れたベア天竺素材を採用している。

耐久性、ストレッチ性、 立ったり座ったりが容易                      アスリートが望む高機能テックパンツ TECH PANTS

フジサンケイクラシックでトラヴィスマシューのテックパンツを着用する石川遼
©JGTO IMAGE

コーデュラ素材で耐久性や撥水性を備える一方、裏地は点接触で発汗時でも快適。右足にはファスナー付きのマルチユースでシームレスなポケット、背面ポケットはスコアカードやグローブをしまいやすい斜め設計など、アスリートの使いやすさを追求した履くギア。上の写真で石川選手が着用しているのはNAVY、各\22,000

トラヴィスマシューテックラインのテックパンツラインナップ
ポケットやベルトループなどディテールがアクセントになった高機能パンツ。

 

トラヴィスマシューテックパンツのストレッチ性

トラヴィスマシューテックパンツの素材の裏地、ベルトのゴム仕様、ディテール解説
裏地がワッフルのようなグリット状になっており、肌面と点で触れることで発汗時のベトつきを抑える。360度ストレッチによりプレー中の耐久性、ストレッチ性、 立ったり座ったりが容易な上、ウエストの背面はゴム仕様でイージーにも履ける。

プレーヤーのストレスを極限まで軽減するテックポロシャツ TECH POLO

トラヴィスマシューテックラインのテックポロシャツシルエット

速乾性やストレッチ性を備えたポリエステル素材の高機能ポロは、ナチュラルな風合い。胸の部分はジャカードでさりげなくボーダーを表現。これに加え、ボタンのあたりを抑える処理やパンツに入れた裾がプレー中でも飛び出にくいシリコンプリントなど細部まで心配りが満載。写真はNAVY、各\14,300

 

トラヴィスマシューテックポロシャツのカラーラインナップ

 

トラヴィスマシューテックラインのテックポロのディテール

前立てはドットボタンでプレー中のあたりによるストレスを軽減。切り返しデザインがアクセントの袖下は、3Dカッティングによりスイング時の抵抗感を軽減すると共にベンチレーションも搭載。

 

Information

(問) TravisMathewカスタマーサービス 0120-300-147

https://www.travismathew.jp/

 

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load

x