BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

思い通りの球筋でピンを狙い打つ軟鉄鍛造コンボアイアン「プリセプト」の『MC01 FORGED』発売

ゴルフ大国アメリカで一世を風靡したブランド「プリセプト」から、“王道”と“革新”が融合したニューアイアン『MC01 FORGED』が登場。小ぶりで精悍なヘッドからは想像できない寛容性を備えており、本格志向のゴルファーがピンを狙い打てるアイアンに仕上がっている。

王道の進化を具現化したアイアン

アイアンの王道と聞いて多くのゴルファーが思い浮かべるのは、やはりマッスルバックではないだろうか。小ぶりなヘッドで操作性が高く、吸い付くような打感は究極の心地良さ。反面、重心が高めに設定されているため、適正な入射角でとらえないと球が上がらず、芯を外せばミスに直結するシビアさがある。

では、マッスルバックの操作性や打感はそのままに、球の上がりやすさや寛容性を備えたアイアンがあったらどうだろうか。「ブリヂストン」発のブランド「プリセプト」の『MC01フォージド』アイアンは、そんなゴルファーのないものねだりを叶えた逸品。まさに〝王道の進化〞を具現化したクラブだ。

開発元のブリヂストンスポーツでクラブ商品企画を担当する高橋博氏は、「王道の軟鉄鍛造アイアンでありながら機能の見えるデザインにしたかった」と語る。

バックフェース下部の中央に装着した2つのタングステンウエートは、その象徴だ。これにより重心位置を下げて球を上がりやすくするとともに、ミスヒットに対する寛容性を高めている。これまでのブリヂストンのアイアンにはなかったデザインは見た目のインパクトも十分で、コースでも注目を集めるだろう。また、本格派のアイアンとしてはやや広めのソールも特徴のひとつ。

「打ち込んだ時に刺さりにくくするのはもちろんですが、ヘッドの下部に厚みをもたせることで、ボールをしっかり押すような厚いインパクトを可能にしています」(高橋氏)

同時にソールのトレーリングエッジ側を削ることで、抜けの良さをしっかり確保しているのはさすがだ。

精悍なブラックもラインナップ

ここ最近、ツアープロや上級者の間で異なるモデルのアイアンを組み合わせたコンボスタイルを採用するプレーヤーが増えている。

プリセプトMC01フォージドは、5番から7番までがハーフキャビティ形状、8番からピッチングウェッジまでがマッスルバック形状という、いわゆるコンボアイアンとして最初から設計されている。「長い番手はどうしても球が上がりにくくなってミスも出やすいですが、ハーフキャビティにすることで低重心化と高慣性モーメント化を図り、球を上がりやすく、ミスヒットに強くしています。逆に8番以下はマッスルバック形状にすることで操作性を高める狙いです」(高橋氏)

そもそもアイアンは、ただ飛べば良いわけではなく、様々なライから狙った距離を打つクラブだ。その意味で、番手ごとに最適な性能を出すことで思い通りの球筋でピンを狙い打てるプリセプトMC01フォージドは、アイアンの本質を追求したモデルといえるだろう。

スタンダードなシルバーに加え、より精悍なブラック仕上げのヘッドもラインナップ。ガンメタリックに近い色合いがクールでスタイリッシュだ

今回はスタンダードなシルバー仕上げに加えて、精悍なブラック仕上げをラインナップしているのも見逃せない。実際には、黒というよりもガンメタリックに近い色合いなのだが、これが実にスタイリッシュで、他のアイアンでも採用してほしいぐらいの仕上がりの良さ。人と違うクラブが欲しい人は、こちらのカラーを選ぶのもおすすめだ。

また、アイアンと同時に『プリセプトPR1』ボールも登場しており、高反発コアとツアー仕様のディンプルによる飛距離性能が「ヤバい」と早くも話題になっている。見た目と性能、そしてスコアのいずれも妥協したくないゴルファーは、ぜひ店頭で「プリセプト」のアイアンとボールをチェックしてほしい。

独自の「高反発グラデーションコア」やツアー仕様の「326デュアルディンプル」などを搭載したボール『PRECEPT PR1』もラインナップする

PRECEPT MC01 FORGED
(ハーフキャビティ+マッスルバック)

本格的な形状に最新テクノロジーを融合した軟鉄鍛造アイアン。5番から7番がハーフキャビティ形状、8番からピッチングウェッジがマッスルバック形状のコンボ仕様で、番手ごとに最適な性能を引き出す。

タングステンウエイトを装着

高比重であるタングステンのウエイトをバックフェース下部中央に装着することで、重心位置を下げ、球の上がりやすさとミスヒットへの強さを実現している。

  • ヘッド素材:軟鉄(S20C)、タングステンウエイト
  • ヘッド製法:鍛造
  • ロフト角(°):34(#7)
  • ライ角(°):62(#7)
  • シャフト:N.S.PRO MODUS3 TOUR120・R、N.S.PRO MODUS3 TOUR115・S、N.S.PRO MODUS3 TOUR105・S
  • 価格:165,000円(税込) ※6本(#5~PW)セット

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load