BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

飛びとスピンの両立を追求したオールマイティボール「プリセプト」の『PR1』

ツアー仕様の「326 デュアルディンプル」を採用

クールでスタイリッシュなパッケージを目にして以来、気になっていたボールを打ってみた。今年9月にブリヂストンが発売した『PRECEPT PR1』だ。

中心部を柔らかく、外側を堅めに設定した「高反発グラデーションコア」が余剰なスピンを軽減し、高初速を実現。さらに、ブリヂストンのツアーボールにも採用されている「326デュアルディンプル」が空力性能を高め、大きなキャリーで飛ばせるボールに仕上がっている。

カバーはウレタンではなくアイオノマーだが、ツアー仕様の硬いグリーンでない限りはスピン性能も十分。まさに、パッケージ通りの「ディスタンス+スピン」で、飛距離もスコアも良い結果に。しばらく使ってみよう。

PRECEPT PR1

アイオノマーカバー3ピース構造のディスタンス系ボール。「高反発グラデーションコア」と「326デュアルディンプル」が大きな飛距離を実現。12個:6,930円、3個:1,732円。

ツアー仕様の「326 デュアルディンプル」が安定した強弾道を実現。「 アイオノマー・ハイスピンカバー」はアプローチ領域で高いスピン性能を発揮する。

問い合わせ:ブリヂストンスポーツお客様コールセンター(0120-116613)

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load

x