BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

デラックスウォーム、そのネーミングに偽りなし!

ミズノが20数年以上という、長い年月をかけ温め続けてきた機能素材がある。それが「ブレスサーモ」。少しの湿気を吸い込むと発熱する画期的な素材。それを用いることで、体内の汗や蒸気を逃さずキャッチし、衣類内を暖かくしてくれる仕組みを構築したのだ。改良に改良を重ね、最新モデルとなると驚異の暖かさを誇るという。

そんなブレスサーモを用い、デラックスウォームシリーズと命名されたモックネックシャツ。こちらいわゆるインナーとは違い、窮屈なシルエットを改善し少し余裕を持たせたデザイン。そのためインナーとしてアウターの中に着られ、さらに一枚使いでアウターとしても活用できる。その日の気温や気分に合わせて自由自在。グレー、ホワイト、ブラックの3色のラインナップがあり、それぞれのオススメコーディネートをここでは紹介したい。

ホワイトがベースの爽やかコーデ

さっと脱ぎ着ができるダウンベストが温度調整も可能で、朝は寒く、午後は気温が上がる初冬にオススメ。グレーと相性のよいホワイトを合わせスッキリ見せたい。ベストにさりげないカモフラデザインを用いるだけで、こなれ感も出てよい塩梅に。

ブレスサーモ バイオネクストデラックスウォーム ハイネック長袖\13,200、フリースキャップ\3,190、ダウンベスト\17,600、パンツ\14,300

ブラックワントーンの王道スタイル

冬物のブラックワントーンはある意味定番。男性らしい締まったスタイルが簡単に手に入る。アウターはダウンとニットのハイブリッドで、着込んでも動きやすく、ノンストレスでプレーもできる。寒い日も暖かインナー+アウターで抜かりなし!

ブレスサーモ バイオネクストデラックスウォーム ハイネック長袖\13,200、キャップ\4,180、ハイブリッドアウター\24,200、パンツ\13,200

明るい着こなしもスタイリッシュに

デラックスウォームインナーはニットなので、上からジャケットを羽織れば効果的な保温が可能。その際明るいピンクなどを用いれば、上のホワイトやブラックとは違ったニュアンスが出せる。シンプルなグレーパンツに合わせるのがベストだ。

ブレスサーモ バイオネクストデラックスウォーム ハイネック長袖\13,200、ニットキャップ\4,070、ストレッチヒーローブルゾン\13,200、パンツ\14,300

 

着ればすぐわかる別格な保温機能

生地は薄いながらも三層構造で形成され、熱を体外に逃しにくい仕様に。さらに表面に凹凸を作り、空気の層を衣服内に形成し保温機能をアップ。これ一枚で真冬ゴルフを可能に! を実現すべく、ブレスサーモを用い、生地を三層にし、衣服内の暖かい空気を逃さず(コレ重要!)、まさに”デラックス”なぬくもりを手に入れたのだ。

暖かさだけではなく、動きやすさも考えられラグランスリーブを採用。動的機能裁断のおかげで、ストレスなくゴルフスイングに集中できる。ブランドネームが筆記体というブランド内でも珍しいデザインは、一枚で着れば目立ちやすいキャッチーなアイテムになりうる。

 

この冬こそ、脱厚着で好スコアを叩き出すのも夢ではない! 暖かくそして動ける最強インナー「ブレスサーモ  バイオネクストデラックスウォーム」を身にまといさえすれば。

次のゴルフではアナタのお好みのスタイルで臨んでいただきたい。

ブレスサーモ バイオネクストデラックスウォーム ハイネック長袖はこちら

2022 MIZUNO GOLF APPAREL COLLECTION

ミズノオンライン

問い合わせ先:ミズノお客様相談センター/0120-320-799

https://jpn.mizuno.com/golf

 

 

 

SHARE

PROFILE

公文裕介

公文裕介

“邪悪なクモン”という業界内での異名を持つが、実は心優しいサウナー。独特なファッションセンスは異彩を放ち、本誌スタイリスト陣からも一目を置かれる存在。ゴルフショップ特集やグルメ特集などを好んで担当するが、それは単に旅に出たいだけという指摘もある。

公文裕介の記事一覧

“邪悪なクモン”という業界内での異名を持つが、実は心優しいサウナー。独特なファッションセンスは異彩を放ち、本誌スタイリスト陣からも一目を置かれる存在。ゴルフショップ特集やグルメ特集などを好んで担当するが、それは単に旅に出たいだけという指摘もある。

公文裕介の記事一覧

No more pages to load

x