BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【イベント参加募集】ショートゲームが下手すぎるので ウェッジとパターのイベントやります

人気メーカーの最新ウェッジを本芝から打ちまくろう

EVEN編集長のミズカミです。最近、アプローチが全然寄りません。トップもするし、ザックリもするし……。そのせいか得意だったはずのパターの転がりまで悪くなる始末。グリーン周りから3打で上がれれば上出来です。冒頭の見出しは魂の叫びです。

それがもうこの企画の全てでして、苦手を克服するために最新のギアに助けを求めようというのが主旨でございます。スコアアップの近道ですからねショートゲームの上達は。ということで、当代の人気メーカーに集結していただきまして、最新のギアを皆で試そうというイベントをやります。

その名も「EVEN SUPER試打会 SHORT GAME FESTIVAL」です。

【第1部8:30~】申込みはコチラ 
【第2部13:30~】申込みはコチラ 

 

コンディション良好なショートコース

開催場所場所は千葉県佐倉市の「アコーディア・ガーデン志津」。9ホールズショートコースで、実際に現地に視察に伺いましたが、ショートコースとは思えないくらい芝のコンディションは良好でした。近所にあったら通います、ココ。

その良質なコースをフルに使って行います。

各ホールのグリーン周辺に1〜2メーカーのブースを設け、制限時間1ホール15分間好きなようにウェッジを試します。時間が来たら次のホールに移動して、また別のメーカーのウェッジを試打する。というような流れです。

 

海外ビッグメーカーから国産地クラブまで大集合

参加メーカーは「キャロウェイ」、「テーラーメイド」といった海外勢から「エポン」というような国内のハイエンドメーカーまで多種多様。手前味噌ですが、これらの一流どころが一堂に集うのは中々ない機会かと思います。ちなみに現在も参加メーカーが続々とエントリーしておりまして、今からかなりワクワクしています。

 

話題のパターも勢揃いです

勿論、パターも試しましょう。現在、話題沸騰中の『オデッセイ トライビーム』も参戦予定。「ロマロ」や「エポン」といった拘りのミルドパターとうち比べるのも楽しそうです。

 

人気コーチによるショートゲーム講座

ひたすら試打しまくる、っていうも良いのですが折角なので上手くなって帰りたい。ということで、最近SNSのレッスン動画で話題の森山錬プロにショートゲームレッスンをやっていだだきましょう。この方、人気で中々予約が取れないのだそうです。教え上手です。

ミニゲームもやります。賞品もあるよ!

※賞品イメージ。実際の賞品とは異なる場合があります。

折角なのでミニゲームもやりたいと思います。何をやるかは鋭意検討中ですが、豪華賞品もご用意致しますのでお楽しみに!

EVEN9月号に掲載するスナップ撮影もやります!

これまた折角、読者の皆さんに集まっていただくので、スナップ撮影をしたいと思います。こちらの模様はEVEN9月号に大々的に掲載いたします。皆様バッチリ決めたゴルフウェアでご参加ください。

 

ということで、これでもかというくらいコンテンツを盛りだくさん用意いたしますので、皆様奮ってのご参加をお待ちしております!

開催概要

EVEN SUPER試打会 SHORT GAME FESTIVAL

日程:7月8日(土)・2部制(午前/午後)※共に先着。内容は同様になります。

場所:アコーディア・ガーデン志津(〒285-0841 千葉県佐倉市下志津1300)

参加費:500円

参加賞:イベント限定アイテムを準備中

お問い合わせ:even-info@addix.co.jp(※会場への当イベントのお問い合わせはご遠慮ください)

【第1部8:30~】申込みはコチラ 
【第2部13:30~】申込みはコチラ 

 

SHARE

PROFILE

水上貴夫

EVEN / 編集長

水上貴夫

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

No more pages to load