BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

タープの張り方の基本と、おすすめタープ&シェルター16選

PAGE
2 / 6

【教えてくれた人】
アウトドアのなんでも屋 牛田浩一さん

幼いころからアウトドアに親しみ、アウトドア・キャンプ用品の輸入販売会社を経て、アウトドアのなんでも屋として独立。あらゆるギア&アクティビティを知り尽くす業界の重鎮的存在。

タープを安全に美しく張る4つのポイント

1. 幕の形状・サイズ感を把握しておく

タープはペグダウン後に場所を移動させづらいもの(ひとり設営ならなおさら!)。はじめにサイズ感を把握し、区画内のどこに立てるとよいか頭の中でシミュレーションしておきましょう。

2. ペグはスチール製などしっかりしたものを

風を受けやすいタープはテントよりも強いテンションがペグにかかるので、スチール製のペグが◎。「強風の場合は二本をクロスさせてペグダウンしてください」

3. 長辺の距離をしっかりと取る

幕体を折り曲げた長辺部分は、なるべく左右に引っ張り距離を取ってください。「ここに僅かなカーブが出るよう縫製したモデルも。距離を出すことで美しいカーブが生まれます」

4. 強風時はメインポールを低くして対策

メインポールの角度を深くしたり、ポールの節をひとつぶん折ることで、より幕体を低くしましょう。「風の抵抗が減ることで、強風時も潰れにくくなります」

出典

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load