BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

全国ベストハイキングコース12 |フィールドのプロが厳選!

島国日本を歩けば、山・湿原・湖・海と、多様な自然に出合うことができる。ここではフィールドに精通したプロガイド12名から教えてもらった、春夏のハイキングにおすすめのコースをご紹介。行先を定めたら、さっそくハイキングシューズを用意して、新緑で彩られたトレイルを歩きに行こう!

文◎松元麻希 Text by Maki Matsumoto
出典◎フィールドライフ No.63 2019 春号

高山植物と太平洋のパノラマを満喫する低山ハイク(北海道/アポイ岳)

日高山脈の南部、太平洋に面しているアポイ岳。標高810mにもかかわらず、固有種が多く、約80種もの高山植物が生息するといわれる植生豊かな山です。ユネスコ世界ジオパークの認定地としても有名。おもな登山道は、麓にあるビジターセンターから山頂までの往復。登り始めは樹林帯が続き、5合目の山小屋以降は森林限界に。そこから山頂まで、天気が良い日は太平洋や日高山脈の絶景を望めます。

登山口は海岸線から1㎞、標高80mの場所にある。山頂まで700m以上の標高差があるので、気温変化に対応できる装備で行こう。登山道の途中には解説板があり、歩きながら学ぶことができる

【行程】アポイ岳ジオパークビジターセンター〜馬の背〜アポイ岳(往復)

【距離】約10㎞

【時間】約5時間

リトルトリー代表 大野 聡

星野リゾート・トマムに拠点を置くネイチャーガイド。ラフティング、カヌー、トレッキングなど、春夏秋冬アウトドアツアーを開催。

世界遺産の森で滝と天然ブナをめぐる癒し系ハイク(青森県/白神山地)

暗門渓谷ルートは、白神山地の世界遺産登録地のなかでもっとも手軽に歩ける人気スポットです。ブナ林散策道コースを歩くだけでも、白神山地の地形やブナを主とした植生を身近に感じられて楽しいですよ。暗門の滝へは管理されていない深い渓谷を通って向かうため、落石のリスクがあり、通行届を提出したうえで自己責任での入山になります。吹き上がる飛沫を浴びながら眺める暗門の滝は圧巻です。

左)ブナ林散策道コース。一周約2㎞で、所要時間は約1時間。右)暗門渓谷には3つの滝がある。通行にはヘルメットの着用を忘れずに。協力金受付所にてレンタルあり(¥100)

【行程】

アクアグリーンビレッジANMON〜ブナ林散策道コース(周回)〜暗門の滝〜アクアグリーンビレッジANMON

【距離】約5㎞

【時間】約3時間

白神山地ガイド会代表 渡邊禎仁

白神山地、岩木山、八甲田、奥入瀬渓流で日帰り登山や沢登りなどをガイドしている登山ガイド。北東北山岳ガイド協会副会長。

新緑と残雪を楽しむ東京発着日帰りハイク(長野県/飯縄山)

標高1,917mの飯縄山は、長野県北部に連なる「北信五岳」のひとつで、新幹線を利用すれば東京から日帰りで楽しめる山。古くから山岳信仰が根付き、山頂の飯縄神社には神仏習合の神様「飯縄大権現」が祀られています。おもな登山口は飯縄登山口、戸隠神社中社、戸隠キャンプ場の3つ。おすすめは西登山道と呼ばれる戸隠神社中社から登るコースです。参拝後に歩き始め、古の修験者たちに思いを馳せながら山頂へ。春は樹林帯の新緑と残雪とのコントラストが美しく、清々しい気持ちになります。

左)山頂付近。晴れた日には、妙高連峰、北アルプス、草津白根山、浅間山、八ヶ岳と長野県内の主要な山々を見渡せる。中)萱ノ宮を過ぎると視界が開ける。奥に聳えるのが飯縄山。右)飯縄山山頂。山頂から約10分ほどの飯縄神社には、戦国武将たちからあつい信仰を集めていた戦勝の神様が祀られている

【行程】戸隠神社中社〜萱ノ宮〜飯縄神社〜飯縄山〜飯縄神社〜萱ノ宮〜戸隠神社中社

【距離】約11㎞

【時間】約4時間30分

山岳ガイド/山岳遍路家 廣田勇介

バックカントリースノーボードガイド、山岳写真家、執筆家と豊富な経験を活かしてマルチに活躍。小社発行『ランドネ』にて「神様百名山を旅する」を連載し、関連したツアーを開催中。

家族&犬連れOK! カルデラの山上湖を見下ろす古道ハイク(山梨県/ 蛾ヶ岳)

富士山の北西に位置する四尾連湖は、富士山本宮浅間大社に祀られている神様・木花咲耶姫が子どもを授かったという伝説の残る湖。この湖を起点に、富士講の道をたどりながら蛾ヶ岳山頂までを往復するコースです。山頂からは、眼下の四尾連湖や甲府盆地の街並み、天気が良ければ富士山や八ヶ岳を見渡せます。登山道は歩きやすいので、家族や犬を連れて歩けるのが魅力的。登山口下にある四尾連湖水明荘では、有料駐車場を利用すればハイキングマップを無料でもらえます。テラスで休憩もできますよ。

上)四尾連湖上空から東方向を一望。標高1,279mの蛾ヶ岳山頂は、四尾連湖から1時の方角にそびえ、そのすぐ右隣に富士山が見える。下左)蛾ヶ岳へと続く尾根道。整備されて歩きやすい。下右)湖水明荘のテラスでは軽食販売があり、登山前後の利用に便利

【行程】水明荘有料駐車場〜 折門峠〜蛾ヶ岳〜水明荘有料駐車場

【距離】約6㎞

【時間】約4時間

ひといき荘アウトドアサービス代表 藤井憲一郎

八ヶ岳や南アルプスを中心に、日帰り登山やカヤックのツアーを開催しているネイチャーガイド。犬連れのアウトドアツアーなど、ユニークなツアーを多数開催。冬のスノーシューも大人気。

奇岩、展望、カレーうどん。贅沢三昧なロープウェイハイク(三重県・滋賀県/御在所岳)

三重県と滋賀県にまたがる標高1,212mの御在所岳は、東海・近畿地方の人々にとっては関東の高尾山と同じくらいに身近な山です。山頂までロープウェイでアクセスできるので、体力に自信のない人でも気軽に山頂へたどり着くことができます。おすすめは、往路は中道登山道を通って山頂まで歩き、復路はロープウェイに乗って下るというハイキングプラン。登山中、地蔵岩などの奇岩や山頂からの展望を楽しみ、展望レストランで休憩。下山後は、麓の湯の山温泉でひと汗流すことができます。

上)奇岩や巨岩が御在所岳の特徴。クライマーも多く訪れている。下左)豚の角煮がトッピングされた、展望レストランの名物グルメ・御在所カレーうどん。下右)ロープウェイを使えば、麓の湯の山温泉から山頂の山上公園まで一気にアクセスできる

【行程】湯の山温泉バス停〜中道登山口〜裏道分岐〜御在所岳〜ロープウェイ山上公園駅〜湯の山温泉バス停

【距離】約5㎞

【時間】約3時間30分

 

リズムワークス代表 旭 立太

北・南アルプス、両白山地、鈴鹿山脈で活動する山岳ガイド。バリエーション、一般縦走、沢登りなど幅広く対応。11月〜5月はバックカントリーでのスノーボードツアーを多数開催。

関西屈指の秘境を歩く東大台一周ハイク(奈良県・三重県/大台ヶ原)

奈良県と三重県の県境にある大台ヶ原は台地形状の山岳地帯で、春の新緑から秋の紅葉まで、多種多様な生態系や自然風景を楽しむことができます。大台ヶ原ビジターセンターを起点に西大台と東大台のふたつのルートがあります。おすすめなのは、大台ヶ原の最高峰で展望の良い「日出ヶ岳」、スリル満点の絶景「大蛇嵓」、渓谷の美しさを堪能できる「シオカラ谷吊り橋」など見所が満載な東大台コース。初心者でも歩きやすいのが魅力です。日本屈指の多雨地域で、雨でも幽玄な森歩きを楽しめます。

上)正木峠側から眺めた日出ヶ岳。5月〜6月にかけて、シャクナゲやシロヤシオのトンネルを楽しめる。下左)大蛇嵓を見下ろす展望スポット。下右)笹の平原が広がる開けた空間に、「牛石」と呼ばれる巨石が横たわる牛石ヶ原。野生の鹿を見かけることができる

【行程】大台ヶ原ビジターセンター〜日出ヶ岳〜牛石ヶ原〜シオカラ谷つり橋〜大台ヶ原ビジターセンター

【距離】約9㎞

【時間】約5時間

山楽部代表 水本俊輔

奈良山岳自然ガイド協会理事をつとめる登山ガイド。夏は富士山、春秋冬は大峰山系や台高山系などを案内している。山岳写真家としても活躍し、地学・天文学の知識も豊富にもつ。

新緑のブナ林を歩くロングトレイル日帰りハイク(長野県/信越トレイル Section2)

長野県と新潟県の県境に伸びる信越トレイルは残雪が多いのですが、南側の斑尾高原周辺なら5月中旬から雪の心配をせずにハイキングが楽しめるようになります。瑞々しいブナの新緑に元気をもらうのはいかがでしょう? 沼の原湿原ではミズバショウなど春の花が次々と入れ替わりハイカーを楽しませてくれます。

左)春には、新緑が美しい天然ブナ林が登山道にトンネルを作る。 右)木道の上を歩く沼の原湿原。雪解け後に多くの花が咲く

【行程】斑尾高原赤池〜沼の原湿原〜希望湖〜毛無山〜希望湖〜沼の原湿原〜斑尾高原赤池

【距離】約7.1㎞

【時間】約4時間

登山ガイド 山川徳明

長野県認定信州登山案内人。信越トレイルをはじめ長野県周辺の里山を中心にガイド業を営む。冬はスノーシューツアーなどを開催。

残雪の富士山を眺めるお手軽絶景ハイク(山梨県/大菩薩嶺)

都内からでも日帰りで楽しめる山として人気の高い大菩薩嶺。いちおしの時期は、登山道の雪が解ける5月ごろ。標高2,057mの大菩薩嶺にも春が訪れ、新緑の山歩きと稜線からの白い富士山の絶景を楽しめます。上日川峠から歩けば標高差が少なくラクに歩けますよ。下山後はやまと天目山温泉でさっぱりしましょう。

大菩薩嶺の山頂からは、大菩薩湖の奥に富士山を眺められる。登山口へは甲斐大和駅からバスに乗車し、上日川峠で下車

【行程】上日川峠〜福ちゃん荘〜大菩薩峠〜大菩薩嶺〜唐松尾根〜福ちゃん荘〜上日川峠

【距離】約7.2㎞

【時間】約3時間40分

Soleil代表 林 智加子

関東甲信地方の山と富士山を中心に案内している登山ガイド。関西方面や九州、四国など幅広く対応。複数日の縦走登山ツアーも開催。

お花見とごはんと森林浴を楽しむプチ縦走ハイク(神奈川県/南郷山、幕山)

温泉街・湯河原にある里山、南郷山と幕山を繋いで歩くコースです。JR湯河原駅からバスに乗って登山口へ。ミカン畑を抜けて南郷山の山頂まで登り、ゆっくりと山ごはんを堪能しましょう。幕山を経由して、梅園のなかを下り幕山公園でゴール。海が近く、天気が良ければ山頂から大島や初島も見られますよ。

幕山では、2月〜3月に開花する梅に始まり、椿、桜、シャクナゲ、アジサイといった山を彩る花々を楽しむことができる。

【行程】鍛冶屋バス停〜白銀林道出合〜南郷山〜自艦水分岐〜幕山(周回)〜幕山登山口〜鍛冶屋バス停

【距離】約9㎞

【時間】約4時間30分

やまっこ代表 佐藤玲奈

信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ所属の登山ガイド。北アルプスを中心に甲信地方の山で、登山ツアーや岩登り講習会などを開催。

東大山山麓・水の山の滝めぐりハイク(鳥取県/船上山)

船上山には、森のなかの展望台から見える「鱒返しの滝」、岩壁が壮大で勝手にROCKな滝と呼んでいる「千丈滝」があります。岩壁の間近まで近づけるのも、このコースの魅力。滝を上から見下ろしたり、登山道の途中から滝の遠景を楽しんだり、コースのアレンジも可能。滝マニア、滝好きにおすすめです。

左)雄滝。雌滝とセットで千丈滝と名付けられている。右)鱒返しの滝。ダイナミックな滝を眺められる展望台がある

【行程】船上山少年自然の家〜正面登山口〜千丈滝〜鱒返しの滝〜鱒返しの滝入口〜船上山少年自然の家

【距離】約5㎞

【時間】約3時間

 

セレン環境教育事務所代表 福田桂子

中国山岳ガイド協会に所属する自然ガイド。大山山麓など鳥取県内の山、蒜山・恩原など岡山県北部の山、島根県などで活動中。

一面を埋め尽くす苔とヒノキの巨木空間をめぐるハイク(高知県/白髪山・八反奈路)

嶺北地域の白髪山には「八反奈路」と呼ばれる、推定樹齢300〜800年の天然の根下がりヒノキが数多く存在する台地状の一帯があります。一面を埋め尽くす苔とヒノキの巨木が作り上げる景観は一見の価値あり。環境保全を考慮しながら楽しむフィールドとして、モンベルとしても積極的にツアーを展開予定です。

左)神秘的なブナの森。周辺には苔がびっしり生えている。右)人が通れるくらいに大きな空洞が開いた根下がりヒノキ

 

【行程】滝山登山口〜八反奈路〜滝山登山口

【距離】約6㎞

【時間】約7時間

MOCインストラクター 松本 仰

高知県嶺北地域の白髪山周辺にて、モンベル主催のツアーガイドを担当。夏期はラフティングやシャワークライミングのガイドも。

春の阿蘇を満喫するのんびりハイク(熊本県/烏帽子岳)

春の阿蘇山は、野焼きが行なわれて山肌が真っ黒になります。ほどなくキスミレやリンドウが咲き始め、ハイキングシーズンが到来。5月中旬にはミヤマキリシマが山肌をピンクに染め、目を楽しませてくれます。山頂からは活動中の活火山、中岳を間近に見ることも。熊本が誇る景色をぜひ見に来てください。

5月中旬、烏帽子岳への登山道の周辺に咲くミヤマキリシマ。1 時間半プラスすれば、杵島岳まで登ることもできる

【行程】阿蘇火山博物館〜草千里〜西回り登山道合流点〜烏帽子岳〜駒立山〜阿蘇火山博物館

【距離】約3.6㎞

【時間】約3時間

山の店 シェルパ 清原翔太

シェルパ主催の登山ツアーをメインに、九州の山と日本アルプスにおける日帰り登山、山小屋泊縦走登山の案内を行なう登山ガイド。

出典

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load