BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【Recipe_05】豚バラのポトフ | 小雀陣二のキャンプ料理の王様特別編

「エバラ食品」×「キャンプ料理の王様」のコラボ企画第5弾で使う「プチッと鍋 寄せ鍋」は、ギュッと旨みがつまった便利なポーションタイプの調味料。キャンプ定番レシピ・ポトフ調理の立役者に!

Recipe_05 豚バラのポトフ

ポトフとは、フランスの家庭料理のひとつ。フランス語で「pot」は“鍋、壺”、「feu」は“火”を示し、「火にかけた料理」という意味合い。基本の味付けはコンソメだが、今回はカツオと昆布出汁がたっぷりと効いた「プチッと鍋 寄せ鍋」で、日本ならではの味わい深いポトフを作る。

  • 使用アイテム:ダッチオーブン
  • 調理方法:煮込む
  • 調理目安時間:70分(煮込む時間60分)

 材料(4人分)

  1. エバラ「プチッと鍋 寄せ鍋」:2個
  2. 豚バラブロック肉:400g(4等分にカット)
  3. じゃがいも:小4個(皮つきのまま半分にカット)
  4. マッシュルーム:4個
  5. ブロッコリー:4房
  6. オリーブ油:大さじ1
  7. 粒マスタード:適量
  8. ブラックペッパー:適量
  9. 水:400ml程度

今回使用したエバラ商品はこちら

 プチッと鍋 寄せ鍋

エバラ食品の「プチッと鍋」シリーズは、人数やシーンに合わせて鍋料理が手軽にできるポーションタイプの鍋の素。定番の「寄せ鍋」は、うすくち醤油をベースに、カツオと昆布の旨みとほんのり生姜を効かせた味わい。

作り方

手順1

ダッチオーブンを中火で熱し、豚バラ肉を脂側から焼いて余計な脂を出しながら全面をしっかりソテーする。

手順2

鍋底の脂をキッチンペーパーなどで吸い取り、水、マッシュルームを加え、60分ほど煮込む。

手順3

「プチッと鍋 寄せ鍋」、じゃがいもを加えて8分ほど煮込み、最後にブロッコリーを加えて軽く煮込む。

手順4

お皿に盛って粒マスタードを添え、ブラックペッパーを振る。

完成

小雀さんのワンポイントアドバイス

豚バラと野菜の甘みに、「プチッと鍋 寄せ鍋」の旨みを効かせた簡単ポトフです。ポイントは豚肉を一度焼くこと。煮崩れを防いで旨みを閉じこめる効果があります。またフタの重いダッチオーブンの気密性を利用して圧力鍋のようにコトコト煮込むことで、お肉が驚くほど柔らかく仕上がります。シンプルで滋味深い味わいをお楽しみください。

今回使ったキャンプ料理の道具

  1. ツーバーナー:アウトドア用のふた口ガスコンロ。家庭用のカセットコンロでもまかなえるが、寒さや風に強く火力が安定するのはこのガソリンタイプ(愛用品はコールマン/413Hパワーハウスツーバーナー)
  2. ダッチオーブン:鋳鉄やステンレス製の重厚感あるフタ付き鍋のこと。素材と厚みのある構造がもたらす蓄熱性の高さが特徴(愛用品はSOTO/ステンレスダッチオーブンST-910など)

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load