BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

快適な車中泊の工夫、見せてください!

車中で寝泊まりする機会が多いアウトドアフリーク4人に快適に過ごすための工夫&アイデアをインタビュー。いますぐ真似したいアイデアが満載です。

文◎編集部 Text by Field Life 
写真◎網野貴香(牛田さん、首藤さん)、菊地大二郎、漆山亮 Photo by Yoshika Amino、Daijiro Kikuchi、Ryo Urushiyama
出典◎フィールドライフ 2019年秋号 No.65

B.O.W.代表 牛田浩一さん

アウトドア用品の卸会社を経て、現在はアウトドア専門のPR、コーディネイトなど行う。年間の1/3近くをアウトドアですごしている。

DATA

車種

日産/エクストレイル

乗車年数

5年

お気に入りポイント

撮影やイベントなどあちこち行くので、どこにでも入っていける走破性とフルフラットで快眠できる点。

【アイデア1】大量の荷物を運べるようルーフキャリーを装着

アメリカを代表するアウトドアギアブランド、ヤキマのルーフキャリアを装着。車内に積みきれない場合や長物も運べるので重宝している。専用のネットと併用。

【アイデア2】フルフラットになるシートにマットと寝袋をオン

サーマレストのマットと枕を常備しているのでシートを倒せばすぐに横になれる。エクストレイルは後部シートがフルフラットになるので車中泊にも向いている。

【アイデア3】細々したものを整理できるギアケースを装着

シートにはスミッティービルトのギアケースを装着。用途に合わせたさまざまなポケットが付属しており、好みに応じてカスタムできる。

アウトドアショップディセンバー オーナー 菊地大二郎さん

山形にある人気アウトドアセレクトショップのオーナー。2018 年には目黒に東京店もオープン。オリジナルブランド「ダイス」も手がける。

DATA

車種

フォルクスワーゲン/バナゴン

乗車年数

5年

お気に入りポイント

実用重視のシンプルなデザインと乗りごこちの良さ。そしてなんといっても快適に車中泊ができるところ。

【アイデア1】快適に過ごせる小さな工夫も

座席の後ろにカヌー用のバックを吊るしており、寝たときにちょうど頭のところに来るので小物入れに便利。サイドはロープを張って、ランタンなどをぶら下げている。

【アイデア2】フルフラットになるシートにマットと寝袋をオン

土台は純正のベッドキットを使用。ベッドにはコットンのストライプ生地でカバーを製作。枕カバーも同じ生地で製作して統一感を出している。

【アイデア3】DIYで窓枠にピッタリフィット

目隠し用&保温用のシェードをキルティング生地でDIY。吸盤で取り外しできるようになっている。サイズを測って作っているので窓枠にぴったり。

しゅとカフェ オーナー 首藤洋介さん

東京・経堂にある予約制貸し切りカフェ「しゅとカフェ」のオーナー。旅好きで、最近もタイからミャンマーを自転車で縦断する旅に出ていた。

DATA

車種

トヨタ/ランドクルーザー80

乗車年数

16年

お気に入りポイント

国産の名オフロード車。アウトドアでも街中でも乗りやすい点と、アルルブルーという珍しいカラー。

【アイデア1】なんでも吊るせるデイジーチェーンを装着

後部座席のアシストグリップにデイジーチェーンを渡して、小物をひっかけられるようにしている。ランタンやスマホなどを室内灯に。

【アイデア2】車内は足を伸ばして寝られ、テーブルもセットできる広さ

全体にラグを敷き、寝るところにはサーマレストのマットを敷いて、寝袋とクッションも常備。さらに隣にブルーリッジチェアワークスのテーブルを置く余裕もある。

【アイデア3】クルマにぴったりのシートをホームセンターの材料でDIY

後部座席を倒し、その高さに合わせてシートを自作。下部スペースにはテーブルやチェア、テントやコットを収納。板は外せるので上からも入れられる。

フルマークス スタッフ 漆山亮さん

秋田に拠点を置き、関東・東北エリアの営業を担当。豊かな自然に囲まれた場所で季節に応じたアウトドアアクティビティを楽しんでいる。

DATA

車種

トヨタ/ハイラックス

乗車年数

2年

お気に入りポイント

荷物をたくさん積み込めるモデルが欲しかったのでずっと狙っていたピックアップトラック。2018年発売のモデル。

【アイデア1】クルマとテントが合体! キャンピングカー風に

テントはピックアップトラック用のモデルでアメリカの会社から個人輸入したもの。アウトドア用テントと同様の組み立て式で、クルマのボディに固定できるベルトが付属。

【アイデア2】お気に入りのアイテムはキャリーで運搬

キャリアはスーリー。スキー板やサーフボード、マウンテンバイクなどは後部にラクラク積み込めるのでキャリアを使うのはカヤックなどの超長物を持ち運ぶときのみだが、なにかと頼りになる。

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load