BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

河津川の源流から河口へ。ひと筆書き毛鉤釣り・後編

河津川上流でアマゴを釣ったら、河口へ下りながらヒラスズキを狙う。1本の川を毛鉤ひとつで楽しむ釣りは、渓流と河口でまったく異なる手応えを感じることができる。

>>>前編はこちら

河津川の源流から河口へ。ひと筆書き毛鉤釣り・前編

河津川の源流から河口へ。ひと筆書き毛鉤釣り・前編

2021年11月20日

>>>中編はこちら

河津川の源流から河口へ。ひと筆書き毛鉤釣り・中編

河津川の源流から河口へ。ひと筆書き毛鉤釣り・中編

2021年11月21日

取材・文◎遠藤 昇 Text by Noboru Endo
写真◎隈 良男、狩野イサム Photo by Yoshio Kuma & Isamu Kano
出典◎フィールドライフ 2018年秋 No.61

渓流魚ではとうてい味わえないパワーとスリル

ヒラスズキは200万年以上も前にスズキと共通の祖先から枝分かれし、高塩分域にも棲めるよう進化した。1957年に新種として同定された。
30㎝にも満たないヒラスズキ。

釣り随筆などの著作も多くペンネームからもその釣り好きがわかる作家・井伏鱒二も、『河津川筋』という随筆を書いている。そのなかで鱒二の釣りの師匠である佐藤垢石(こうせき)が「アユ釣りのメッカである長良川の釣り師たちが、伊豆の釣り師にはかなわない。その理由は、釣りの技術も優れているが、釣る姿も優れている。釣る心境も立派で、その三つが揃わなくては、立派な釣り師とはいえない」という口述がある。鱒二も河津川では“カワセミのおっさん”という老人に手ほどきを受けているのだが、そのなかで「お前さん、(釣りは)川に食らいつかなくっちゃ、いけねえ」とたしなめられている(参考文献『伊豆の国・第1集』木蓮社)。見た目はラフだが地元の釣り師たちは、そうした強い気概をもって河津川に臨んでいるかと思うと、みな名人に見えてしまうから不思議だ。

引きの強いスズキより、さらにファイトするのがヒラスズキ。シングルハンドなら8番ロッド以上が必要。

* * *

アユ師を見ながらさらに下流に向かい、河津川の河口に着いたのは午後5時過ぎだった。

海用のサーフウェイダーに着替え、ロッドも渓流用3・4番から8番に。ラインもフローティングラインから、ゆっくり沈むインターミディエイトというラインへ変更し、ヒラスズキに挑む。

月の形からこの日は中潮。潮の干満差が小さく、陸からの釣りには条件が良い。
夏の名残を惜しむように、遠く稲取の温泉街では花火が打ち上げられていた。河津川河口の釣りは、風情ある空気が流れていた。

河口右岸の砂浜に立ち込み、流れの手前から対岸を目指して、エビを模したフライをキャストする。ラインが流れにとられフライがターンしたあたりから小刻みにリトリーブし、海方向に一直線になったラインが、残すところ10mほどになった瞬間だった。

フライがスッと吸い込まれたかと思うと、先ほどのアマゴとは大きく異なる強い衝撃がロッドをしならせた。釣り上げてみればサイズは30〜40㎝ほどだが、何度もエラ洗いを繰り返すスタミナと8番ロッドしならせるパワーには、渓流魚ではとうてい味わえないスリリングさがある。その日は23時まで粘ったが、上げ潮のヒラスズキ2匹をキャッチすることができた。

ヒラスズキはルアーゲームとして2〜3月、あるいは11〜12月に磯場で行なわれるのが一般的だ。しかし、伊豆半島東海岸では、6〜9月かけてヒラスズキが河口に集まる。場所も時期も釣り方も大きく異なる理由は、全国平均2倍以上になる河津川流域の降雨量が関係しているのかもしれない。

前線や台風による降雨は、季節風と北にそびえる天城連山の影響により、河津川が位置する伊豆半島東部に集中する傾向にあり、大水が出るたびにアユをはじめ川魚が河口に流される。そうした川魚や手長エビなどのベイトを求め、ヒラスズキが集まって来るのではないだろうか。

伊豆半島、世界ジオパーク認定のキーワードは「南から来た火山の贈りもの」だ。

このヒラスズキと源流のアマゴが毛鉤ひとつで楽しめるのも、地形的な特徴が生み出した、”南から来た火山の贈りもの”に違いない。

小ぶりなヒラスズキを1匹だけキープし、下田のフレンチレストラン『Re-MiX』で料理してもらった。スズキとは違い身質が締まり、生昆布のソースと相性抜群な一品となった。
【ヒラスズキ】スズキより暖かい海域を好み、外洋に面した暖流の影響を受ける沿岸に生息し、最大で1mを越える。カニや小型のイカ・エビを捕食するが、主なエサはイワシなどの小魚。大型のヒラスズキの胃からは、30㎝もあるトビウオやダツが出てくることもある。

遠藤 昇(えんどう のぼる)

編集者、ダンス・オン・ザ・グラウンド代表、1961年横浜生まれ。『アウトドア・イクイップメントマガジン』(ネコパブリッシング)創刊編集長。ネイチャー・クォリティーマガジン『SOLA(ソラ)』(日刊スポーツ出版)創刊編集長。環境雑誌『ソトコト』(木楽舎)副編集長などを経て現在『Fishing Cafe』(木楽舎)編集統括などを努める。沖縄本島で釣ったイソフエフキが2012年4月4日付けで、『JGFA』クラス別世界記録に認定された。

Info

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load