BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

火吹き棒・火バサミ・フック・灰かきを1つに! 「多機能薪バサミ炎群 homuraミニ」

株式会社MAC(本社:岐阜県恵那市、代表取締役:林 拓也)は、このたび、自社アウトドアブランドLGASIAより、キャンプ用多機能薪バサミ「炎群 homuraミニ」を開発、株式会社マクアケが運営するアタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」において2021年12月12日(火)より先行予約販売を開始し、開始35分で目標金額30万円を達成、開始4日で達成率1,000%を突破した。

機能はそのままに、小さく軽くなって新登場!

本製品は、2021年4月にMakuakeにて先行予約販売(応援購入者931名、総額9,060,810円、達成率3,020%)を行い、同9月より一般販売を開始している「炎群homura」のミニサイズ。手の小さな方、女性キャンパーやお子様まで幅広い人が使えるように、機能はそのままで、小さく軽くなった。

Makuake概要

タイトル:火吹き棒・火バサミ・フック・灰かきを1つに! 多機能薪バサミ炎群homuraミニ
プロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/lgasia-homura-mini/
実施期間:販売中~2022年2月17日(木)

機能と特徴

空気を送る火吹き棒と、薪を操作する火バサミの機能を兼ね備えており、オプションのフックと灰かきを装着すると、引っ掛ける&かき出す機能も加わる。金属加工専門職人たちが全てハンドメイドで製作。

▲火バサミ機能

多機能薪バサミhomura 5つの機能

1.火吹き
焚火を楽しむ時にあると役に立つ、火吹き棒の機能。狙ったところにピンポイントで空気を送れて、火種を付けたり火力を上げたりが簡単にでき、灰の舞い上がりも防ぐことができる。

2.火バサミ
先端部には大きめのギザギザを施しているため、太い薪から細かな枝までしっかり掴める構造。全長が短くなったことで、焚火時の扱いやすさがアップ。

3.割る
炭化した薪は、先端部を使って叩くことで簡単に割ることが可能。

4.フック
オプションのフックを装着すると、ダッチオーブンの持ち手を引っ掛け移動させたり、蓋の開閉に利用可。

5.灰かき
オプションの灰かきを装着することで、キャンプ用の小型ピザ窯や、小型の薪ストーブなどでも活躍。

スタンダード、ミニサイズ比較

全長:約57cmから約47cmへ、7cmサイズダウン
重さ:約500gから約320gへ、約36%軽く!
穴直径:使用のパイプ直径を10mmから8mmに変更。(重さ軽減のため)
グリップ部から持ち手までの距離:5.2cmから4.2cmへ

▲ミニサイズとスタンダード比較

3種のグリップ

グリップ部には東濃ヒノキを使用し、木地師(木工ロクロ職人)が一つ一つ手作業でロクロ引き製造。木目が際立つシンプルなウレタン塗装、時間が経つにつれて味が増す天然塗料の漆/赤漆を用意。

【製品概要】
商品名:多機能薪バサミ「炎群 homuraミニ」
製品タイプ:ヒノキ、漆、赤漆の3タイプ
一般販売価格:ヒノキ…9,900円(税込)/漆、赤漆…12,100円(税込)
本体サイズ:約47cm
本体重さ:約0.3kg(本体)
機能拡張オプション:フック、灰かき

▲グリップ3種(写真左:スタンダード、中央:赤漆、右:漆)

会社概要

岐阜県恵那市に営業所を置き、“こんなものあったらいいな。こんなことできないかな?”というお客様の声を形に、日頃は機械・冶具の開発、設計、製作等を行っています。『金属加工業という業者で、普段の生活に溶け込む、みんなに使ってもらえるそんな自社商品はできないものか。』という思いと、社員皆がキャンプや登山好きなことから、ソロキャン・家キャン用品の開発・販売を開始、2021年からアウトドア用品ブランド「LGASIA(ルガシア)」をスタート。

LGASIAオンラインショップ:https://lgasia.net/

Info

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load