BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界でひとつだけのスツール。鞄メーカーと家具職人が手がけるランドセルリメイク

『子ども思い』のランドセルでおなじみの池田屋(本社:静岡市葵区)は、地元家具メーカー「ヒノキクラフト」と2022年1月11日(火)より、役目を終えたランドセルを木製のスツール(折り畳みイス)にリメイクする新サービスを開始する。

かけがえのない6年間の思い出が刻まれたランドセル

卒業して使わなくなっても「なかなか捨てられない」という人は多く、「何かにリメイクしたい」という声も年々増えている。

そこで、せっかくリメイクするなら「また愛着を持って使える道具にしたい」という思いから、大切なランドセルを普段使いできるスツールにリメイクする新サービスを企画。

スツールの製作を手掛けるのは、地元静岡の家具メーカー「ヒノキクラフト」。

●ヒノキクラフトのホームページ
https://hinokicraft.jp/

座面にはランドセルの顔であるカブセを使用。1つとして同じものが出来ない、すべてが一点モノであることもランドセルスツールの魅力だ。本体の木材はカブセの色や風合いに合わせて、日本ヒノキ、チェリー、ウォールナットの3種類。サイズは2種類から選ぶことができる。キャンプやBBQ、屋外イベントなどのアウトドアシーンではもちろん、インドアでは魅せる・使えるインテリアとして大活躍。

カブセが寿命を迎えても、張替え用の革と布を用意しているので、メンテナンスを楽しみながら一生、愛用できる。

リメイクサービスについて

第1回・注文受付開始予定日:2022年1月11日(火)13:00ごろ~

※池田屋ランドセル以外のランドセルも受付可能。
※注文後、2週間以内にランドセルを送る必要あり。 ※現6年生分は卒業後に注文

ランドセルスツールについて

●商品仕様
3種類の材質、2種類のサイズから自由に組み合わせることができる。

材質:
日本ヒノキ
チェリー
ウォールナット

価格:
日本ヒノキ…18700円(税込)
チェリー:19800円(税込)
ウォールナット…20900円(税込)
※樹種により価格が変わる。同じ樹種であればサイズによる価格差はなし。

サイズ:
[OUTDOOR]幅31cm×奥行35cm×高さ約34cm(折り畳時:幅31cm×奥行9cm×高さ約45cm)
[INDOOR]幅35cm×奥行35cm×高さ約42cm(折り畳時:幅35cm×奥行9cm×高さ約53.5cm)

重さ:
日本ヒノキ…[OUTDOOR]1.5kg/[INDOOR]1.8kg
チェリー…[OUTDOOR]1.7kg/[INDOOR]2.0kg
ウォールナット…[OUTDOOR]1.7kg/[INDOOR]2.0kg

仕上げ:環境型ナチュラルオイル

日本ヒノキ

美しく光沢のある白い木肌が特徴。湿気に強く、非常に軽い日本ヒノキは無垢材のため、経年変化により色濃く艶やかに変化する。

チェリー

緻密で柔らかな木肌が特徴。経年変化が大きい樹種のため、時間とともに表情を変えていくのも魅力。

ウォールナット

美しい木肌と深く紫がかった暗褐色が特徴のウォールナット。高級材としてとても人気のある樹種。

●ランドセルスツールの詳細
https://www.pikachan.com/info/167

子どもたちを笑顔にする池田屋のランドセル

1950年の創業以来、すべての子どもたちが笑顔になる機能・性能に差がない『子ども思い』のランドセルを作り続けてきた池田屋。全モデル使い勝手が変わらず、お子さまの好みで自由に選べる池田屋ランドセルは、世代を越えて全国の皆さまに愛されています。

池田屋ランドセルのホームページ:https://www.pikachan.com/

会社概要

●池田屋
本社所在地:静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス1F
代表取締役社長:長岡和久
設立:1950年(昭和25年)4月
事業内容:鞄およびバッグ、ランドセルの企画開発・仕入れ・販売
直営店舗:
■静岡店
〒420-0031 静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス1F
TEL:054-255-9173
FAX:054-255-9170
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休(12月31日・1月1日は休業)

■清水店
〒424-0817 静岡市清水区銀座11-1
TEL:054-366-5640
FAX:054-366-5644
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜定休(12月31日・1月1日は休業)

■浜松店
〒430-0926 浜松市中区砂山町323-16
TEL:053-456-8851
FAX:053-456-8852
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休(12月31日・1月1日は休業)

■銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座4F
TEL:03-3289-8983
FAX:03-6215-9680
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休(1月1日は休業) ※年1回の不定期休あり。HPにて確認。

■横浜みなとみらい店
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-4 みなとみらい東急スクエアステーションコアB3F
TEL:045-305-6611
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休(12月31日・1月1日は休業) ※休館日あり。HPにて確認。

■梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル3F
TEL:06-6375-8689
FAX:06-6375-8688
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休(12月31日・1月1日は休業)

■博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1-2-74 キャナルシティ博多サウスビル2F
TEL:092-283-1230
営業期間:2022年2月1日(火)~8月31日(水) ※期間限定出店
営業時間:10:00~19:00
定休日:営業期間中は定休日なし

池田屋ランドセル:http://www.pikachan.com/

社会事業 子ども思いの森:https://kodomoomoinomori.jp/

池田屋ランドセルLINE公式アカウント:https://lin.ee/NlrTvDQ

池田屋公式instagram:https://www.instagram.com/ikedaya_official/

池田屋公式フェイスブック:https://www.facebook.com/ikeda8

Info

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load