【9月25日発売】次のiPhoneは触覚に訴えてくる【iPhone 6s、iPhone 6s Plus】

タッチとフィーリングがまったく違う

アメリカ時間2015年9月9日の朝に、新しいiPhone、9世代目に当たるiPhone 6s、iPhone 6s Plusが発表された。ひょっとしたら、すでにニュースでそのことをご存じで、『あれ? あまり変わってないな?』と思ってらっしゃるかもしれない。

しかし、今回のiPhoneは、触ってみると従来の8世代のiPhoneとはまったく異なるということに気づくだろう。

02_32

新しいiPhoneは、感圧式タッチパネルを装備しており、画面をタッチする強弱を感知できるようになっている。これを使って、アップルはあたらしい操作体系を構築しようとしている。たとえば、画面上のアイコン。触れるとそのアイコン以外のものがボケていって、その上にコンテストメニューが現れる。さらに強く押すことで、そのメニューを選択することもできるし、指を離すことで、初期画面に戻ることもできる。

つまり、指先に圧力をかけたり、戻したりするだけで、メニューの深くに入ったり、元に戻ったりすることができるのだ。これをアップルは3D Touchと呼んでいる。

さらに、Apple Watchと同様に、Tapticエンジンという仕組みで、『コツコツ』とした硬い触感でその押したボタンの深さを伝えてくれる。
05_27

ギッシリとパーツが詰っているiPhoneの中に、こんな振動を発生するメカニズムを新たに詰め込むんだから、本当に驚かされてしまう。しかし、このこだわりがiPhoneの人気を生んでいるのだろう。

さて、その他についに外側のカメラが1200万画素になり、本体素材はより硬い7000番台ほどの素材で作られるようになり、CPUやGPUの処理速度も大幅に向上する。

06_12

ローズゴールドという明るい色がランナップに加わっている。

外見が変わらないにも関わらず、実はかなり大きな変更を受けたこんどのiPhone 6s、iPhone 6s Plus。9月25日には入手できるようになるようなので、とても楽しみだ。

04_32

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load