この秋、あなたのApple製品は、こう変わる【iOS 10、macOS Sierra、watchOS 3プレビュー】

アップル製品はソフトウェアで変化する

みなさんの使っているiPhoneのOSは、毎年無料で大きく更新される。

そのたびに、新機能が追加され、ビジュアルなども大きく変わる。この2016年の秋にリリースされるiOS 10は、初代iPhoneに搭載されたものから数えて10世代目となり、iPhoneやiPadに適用され る。

iOS 10は、一般向けには秋に公開される予定で、パブリックベータ・ソフトウェアの規約書には守秘義務が含まれる。だが、今回、フリック!編集部がアップルにパブリックベータ・ソフトウェアに関する技術情報を公開されたため、秋に公開される新OSのパブリックベータ・ソフトウェアについてプレビューを書く許可を得た。

『通知』と『今日』がますます便利に

まずは驚くのは、テーブルの上からiPhoneを持ち上げると、自動的に持ち上げられたことに反応して立ち上がること。

画面を上からフリックダウンした時に現れる『通知』と『今日』の機能も充実している。

DSC06335

(写真はiPad 上で動作するiOS 10)

アプリを開かなくても、通知だけで理解できたり、対応できたりすることが増えている。ますます通知の内容は増えるが、通知だけで対応できるなら、これも悪くない。

楽しいのがメッセージ

3倍大きな絵文字や文字に対するエフェクト、手書き文字(や絵)を送る機能、メッセージの中で動作するアプリ(レストランの予約など)が使用可能に。ステッカーは非常に面白くて、ステッカー同士を張り重ねたり、写真の上に貼り込んだりできる。フルスクリーンエフェクトも非常にダイナミックで楽しい。iMessageの利用頻度が増えそう。

iOS10-FullScreen

Siriがアプリベンダーに向けて公開されたのも大きなポイント……どういうことかというと、音声認識のSiriがApple純正以外のアプリでも使えるようになったということだ。私の見たデモでは、送金したり、Uberを呼んだりが音声だけで実現していた。

iPhoneの中の写真が多すぎて、何が入ってるか見なくなったという人も多いかもしれないが、新しいiPhoneのOSは、誰が写っているのか、どんな写真なのかを自動認識してくれる。

写真をiPhoneが自動的に識別分類してくれる

山とか、砂浜……という画像で選択できるのが驚き。メモリーズという機能を使うと、特定のイベントだけでまとめてくれて、同じようなカットの中からはベストショットだけが選んだりして見やすいスライドショーをまとめてくれる。また、ムードをまとめて切り替えることができ、タイトルのフォントやスライドショー時の音楽がムードに合わせて切り替わる。

iOS10-Memories

マップは日本人待望の、公共交通機関を使ってのルート(&乗り換え)検索も可能になっている。デモ版では動作していたが、私が使用しているベータ版では、まだ国内の乗り換え案内は動作しない。地下鉄の乗り換え口なども案内してくれるというから、これは楽しみ。

iOS10-Home

Home Appという機能が追加されていて……照明や、エアコン、ドアロックなど、対応している機種を購入せねばならないから、私のような庶民にはちょっと敷き居が高い(笑)そりゃ、iPhoneから自宅ガレージのシャッターを開けられるのは素晴らしいと思うけど、そもそも屋根付きのガレージ持ってないから(笑)ちなみに、Apple TVをターミナルとして置いて設定しておけば、戸外からでも自宅の家電を操作できるそうだ。iOSでコピーしたものを、Mac側でペーストできるようになったのもすごい。これは同じiCloud IDの端末同士で、ピアツーピアで行われる。

進化するのはiPhoneだけじゃない

このiPhoneやiPadで使えるiOSだけでなく、MacのOSは10.12となりmacOS Sierraという名称になる。またApple WatchのOSは3世代目となりwatchOS3となる。いずれも、秋の公式公開が予定されている。

macOS_Sierra_iCloud-Drive

いずれも非常に便利になっているのだが、特に感じるのは、連携機能が優れたものになっているということだろう。

Apple Watchを着けていれば、Macに自動的にログインできるし、iPhoneで撮った写真はいつの間にかMacに同期されているし。iPhoneと同じようにMacでもSiriが使えるようになるし、iPhoneやiPadからMacのデスクトップに置いてある書類を開けるようになるし……ということで、それぞれ一緒に使うと、生活がすべて便利になっていく。

発売当初はレスポンスが遅いと言われたApple WatchもこのwatchOS 3ですごく動きが速くなって実用的になっていそうだ。なんと、動作速度は7倍になっているらしい。

Apple Watchには深呼吸をサポートするBeratheというアプリが追加されていたり、ストレスがかかるシーンや緊張するシーンではこのアプリを使って、深呼吸をして緊張をほぐすことができそうだ。

また、ボタンの長押しだけで、緊急通話を発信したり、近親者にメッセージを送ったりする機能や、血液型や持病などを記したメディカルIDを同時に表示する機能もある。

あなたのiPhoneや、iPad、Mac、Apple Watchが、どんどん進化していく秋のアップデートのリリースを楽しみに待ちたい。

詳しくはこちらのブログも参照のこと。

アップルの秋リリースOS体験レポート(1:iOS 10編)——『さらに生活に馴染んで』
http://blog.sideriver.com/flick/2016/07/os1ios-10-d46f.html

アップルの秋リリースOS体験レポート(2:macOS Sierra編)——『iCloudを増量したくなる』
http://blog.sideriver.com/flick/2016/07/os2macos-sierra-3c20.html

アップルの秋リリースOS体験レポート(3:watchOS編)——『7倍速! これなら戦える!』
http://blog.sideriver.com/flick/2016/07/os3watchos7-0ae0.html

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load