あまりに美しいiPhone XSとXS Max

明日入手する人は幸いだ

明日、9月21日(金)に発売されるiPhone XSとXS Maxをひと足先にお借りすることができた。

いつものように、Appleおなじみのきれいな箱から取り出すわけだけが、こんどのiPhoneはその美しさに圧倒された。いや、毎年そんなことを言ってるような気がするが、iPhone XSとXS Maxはその基準を一段上に上げたと思う。

IMG_967308

まず、ディスプレイがおどろくほどドラマチックだ。

IMG_964602

コントラスト比が100万対1。これは、OLEDならではの特徴で、iPhone 8 Plusの液晶が1300対1であるのと比べればその凄さが分かるだろう。どう違うかというと、黒が黒いのだ。

またXもディスプレイの性能としては同じ100万対1だったが、XS、XS Maxではさらに回路的な部分でチューニングが進み、60%コントラスト比が大きく発揮できるようになったという。

IMG_964903

XSで1,920×1,080ピクセルのRetina HDディスプレイと、XS Maxで2,688×1,242ピクセルのSuper Retina HDディスプレイは、本当に肉眼ではピクセルを判別できない。喧騒に満ちた発表会会場では気が付かなかったが、落ち着いてみると、これはすごい。

IMG_966005

ディスプレイ側も、背面のガラスもより硬度が増して、傷が付きにくくなってるという。

IMG_965404

金属部分は、iPhone 5~8/8 Plus、XRとは違って、より硬く切削に時間がかかるステンレス。しかも、ゴールドとスペースグレイの2色はPVD着色プロセスという物理蒸着の手法を使って色を付けている。

IMG_966706

明日、iPhone XS、XS Maxを入手する人が羨ましい。

箱を開けたら、まず慌てずにその美しさを堪能していただきたい。

(出典:flick! digital (フリック!デジタル) 2018年10月号 Vol.84

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load