AppleはNYで何を発表するのか?

iPad Proは確実

Appleの発表会があるという招待状が来て、今ニューヨークに向う便に乗るために、羽田に来ている。12時間と少しあと、ニューヨークに着いているはず。

発表会の会場はBrooklyn Academy of Musicということで、オペラハウスのような場所らしい。シカゴの学校で、学生向きのiPadが発売されたことに続いて、アートの本場でiPad Proを発表しようという趣向のようだ。招待状は、非常にたくさん(一説には370種類と言われている)のバリエーションがあり、ひとによって違うものが来ているようだ。

20181029_02

iPhoneからホームボタンがなくなったことを思うと、iPadからもホームボタンがなくなるというのは順当な予想のように思える。おそらく10.5インチと12.9インチのiPad Proがリニューアルされるのは間違いないだろう。ホームボタンがなくなった分、画面サイズに合わせて本体が小さくなるのか、本体に合わせて画面が拡大されるのかはわからない。前者の方が望ましいように思うが。iPhoneは発売されたばかりだから何も出ないと思うが、Mac系、特にMacBook系の方は期待が高まる。

筆者としては、MacBook Proより安いモデルのラインを期待している。本来MacBook Proの2ポートモデルが、そのラインを担う予定だったのかもしれないが、4ポートと区別がつきにくい。かといって、12インチのMacBookは小さ過ぎるし、1ポートは不便。学生や、非プロユースのために、廉価なコンパクトMacはランナップとして必要とされていると思うのだが……。しかし、完全新機種ならiPad Proと話題が割れるのを嫌うように思うので、12インチモデルの13インチ化とか、比較的マイナーな変更なのかもしれないが。

iPad Proは確実としても、MacBookの廉価モデルは私の希望。Mac Proなどに関しても、今回発売ではないにしても、何か発表されるかもしれない。

現地からのレポートもお楽しみに!

実は、今回のニューヨークの発表会には、イラストレーターを伴ってくれるように言われた。そこで、弊誌でiPadの本の表紙などを描いて下さっているMAKO OKESTUDIOさんに同行いただくことにした。

20181029_03

新しいiPad Proが発表されたら、さっそくMAKOさんにイラストを描いていただいて、その描き心地をレポートできればと思っている。

20181029_04

MAKOさんのサイトはこちら(https://www.mako-okestudio.com/)。

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2018年11月号 Vol.85』
(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load