BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

そろそろUSB-Cに切り替えよう【TUNEWIRE C-L】

多くの方は、USB-Aを中心にバッテリー、充電器、ケーブルを用意されていると思う。

が、そろそろ、USB-Cを中心に揃えた方が良いのではないかと思う。

USB-Cに全取っ換えすると、充電が早くなる

最大の理由は、充電速度が速くなること。

たとえは、従来のUSB-Aだと、iPhone付属の小さい充電器が5W。高速充電可能なバッテリーやアダプターでも5V×2.4Aあたりが最大で、12Wということになる。

これをUSB-C経由に換えれば、スマホやタブレットでも18W充電ぐらいは普通にできる。PD対応の充電器を使えば、iPad Proは実測約35Wでも充電できた。(急速充電の負荷を心配される方もいらっしゃるかもしれないが、充電速度はデバイス側でもコントロールしているので、PDで35Wで充電できるのならそれで問題ないはず)。

ざっくりだが、従来のiPadに標準付属の12Wのアダプターの3倍の速度で充電できるのだから、これは便利だ。

その他にも

・MacBook Pro系と充電器、バッテリーを共通化できる
・充電も放電も同じケーブルを使える
・データ通信も高速
・コネクターの裏表がない

などメリットは多い。

せっかくなので、高性能、高機能、丈夫なTUNEWIREを

デメリットは、まだまだ充電器、バッテリー、ケーブルのバリエーションが少ないことだろうか。

最近、アップルに近しいメーカーさんから順次USB-C to Lightningのケーブルが相次いで発売されている。これがあれば、USB-Cコネクターやアダプターから直接iPhoneやiPadを充電できる。また、MacBook Pro本体に直接接続もできる。

フォーカルポイントから発売された「TUNEWEAR TUNEWIRE C-L」もその流れの製品。性能と品質にはこだわったようで、Lightningへの給電で29W(14.5V/2A)をサポートしている。

データ転送速度も最大480Mbps。ケーブルは高耐久性能を持つナイロンファイバー構造で断線しにくい。なんと3000回以上の折り曲げテストに合格しているそうである。

というわけで、筆者は最近各社から発売されている、ケーブルやバッテリー、アダプターを組み合わせてUSB-C環境に移行している。

充電は速いし、共通のバッテリー&アダプターでMacも充電できるから荷物が軽くなるし、いいことずくめだ。

ヘッドフォンの充電など、たまにUSB-Aが必要になることはあるが、今のところ、バッテリーにUSB-Aポートがかならずあるので、困ってはいない。

希望をいえば、USB-C to Lightningの短いのが欲しい。20〜30cmの。フォーカルさん、作ってもらえませんか?

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2019年8月号 Vol.94』

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load