AppleのスマートスピーカーHomePodが日本で予約開始、8月23日発売

発売日は8月23日で、1台3万2800円(税別)

日本でのHomePodの予約がついに始まった。

予約サイトはこちら(https://www.apple.com/jp/homepod/)発売は8月23日とされている。3万2800円(税別)。今オーダーすると、8月27〜9月3日の配送となっているので、発売日に手に入れたい向きは、アップルストアの店頭に並んだ方がいいかもしれない。アップルケア+は保証を1年から2年に延長し、3800円(税別)。

筆者は、しばらく前から使用させてもらっているが、早くも手放せなくなっており、返却の際には自分用のものを買わざるを得なくなりそうだ(笑)

独自のメカニズムにより置かれた環境を把握して、14cmウーファーと7つのツイーターによって、どの空間に合わせたサウンドを作ってくれる。

ぜひ、ステレオで大音量を試してみていただきたい

何度も書いてるが、サウンドは重低音重視というか、ビートの効いた大きな音量の音楽で部屋を満たしたい……というような楽しみ方に合っている。つまりホームパーティのBGMというような感じだ。絶対に2台買って、ステレオペアにした方が、本機ならではのユニークなサウンドが楽しめる。

音声アシスタントは、つまりはSiriなのだが、HomePodがあると利用頻度が上がる。ボリュームの上下、曲の選択、「僕の好きな音楽をかけて」「この曲は好きじゃないから、飛ばして」「この曲は好き」「260オーストラリアドルって、何円?」「13×182はいくつ?」などと、原稿を描きながらSiriを使う頻度が明らかに上がった。

Amazon EchoやGoogle Homeと較べて高いという声も聞くが、明らかに別種の商品。高音質なステレオミュージックマシーンが、6万5600円(税別)……と思った方がいい。現状我が家では、リビングに2台あって、書斎に1台あるのだが、リビングで音楽を聞いている状態で「書斎に音楽を送って」と言って書斎で続きを聞くようなこともできる。

最適な音量の大きさが、日本のマンション向きではないところが残念だが、慣れれば、なくてはならないデバイスになるところが、いかにもAppleらしい。

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2019年8月号 Vol.94』

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

flick! TOPへ

No more pages to load