iPhone 11と11 Pro Maxの広角はこんなに楽しい〜!【実撮影画像アリ】

iPhone 11の超広角レンズが買いでしかない

発売前のiPhone 11/11 Pro Max先行試用、お次は超広角レンズを満喫する。

いやー、iPhone 11シリーズの超広角レンズが超楽しい。

もうね。これは買うしかない(笑)断言。

1時間ほど撮影で遊んでみたけど、楽しくてしょうがない。

ちなみに、おさらいをすると7万4800円(税別)から買えるiPhone 11が、アルミのボディで裏はツヤツヤの6色展開で、13mmの超広角レンズと、26mmの広角レンズを備えている。

11 Proはそこから3万2000円高の10万6800円(税別)から。11 Pro Maxはさらに1万3000円高くて11万9800円(税別)から。ステンレスフレームで裏はツヤ消しの4色展開。13mmの超広角レンズと、26mmの広角レンズ、そして52mmの望遠レンズ(とアップルは言うけど、標準レンズだよね)を備えている。

つまり、安い11と、高い11 Proシリーズの最大の違いは、望遠レンズがあるかないか。どちらも広角と超広角はある。

ちなみに、メインカットのiPhone 11を持ったモデルさんも、iPhone 11 Pro Maxで撮ってる。ドーンとパースを付けて、こんな写真が撮れる。面白いでしょ?

風景と人物を一緒に入れ込める楽しさ

ではまず、超広角。

まぁ、あいにくの曇天(というか雨)ですが背景の広さと人物を一緒に入れ込めます。ホントは広い街並みと一緒に撮りたかったんだけどね。

そして、広角。これまでiPhoneがスタンダードとして来た広さね(最初28mmで途中から26mmに変わったけど)、この画角がiPhoneスタンダード。

そして、昨年のデュアルカメラになってから望遠側として使われる52mm相当。

超広角で歪ませるのがクセになる

13mmの超広角なんて、一眼レフ用を買うと2〜30万円するから、あまり体験できない画角だが、たとえばこういうことができる。

ちなみに、この13mm側はほぼパンフォーカスみたいな設定なので、iPhoneにも、顔にも風景にもだいたいピントが来てるような絵になる。

iPhoneが入って、足まで入ってるっていうのも面白いでしょ!

長いお御足をバーンと強調するような写真も撮れる。

今日の教訓としてはそれを意識するあまり顔をあまり端にもっていくとちょっと縦長というか、放射線方向に伸びてしまう。だから、女性の顔は超広角の時はあまり端の方に持って行かない方がいい(今日は作例なので、ゴメンなさい)。

逆に上の方から超広角側で、撮るとこんな感じに顔を強調して表現することもできる。

逆に顔を大きくして、足をちっちゃくして入れ込むこともできる。これもやり過ぎ気味で、少しおでこが伸びてしまっている。ごめん。でも、ちょっと頭でっかちでかわいい感じにも撮れるので工夫してみよう。

つまりは超広角はあたり前だがパースが強くなるので、立ち位置で撮るか、ヒザをついて撮るか、地面近くから撮るかで全然違う写真になる。棒立ちで撮ると、短足に写って、あとで怒られるから注意しよう。

超広角を使う時は、撮影意図によって、カメラの高さを変えるようにしよう。

写真の外側が写る不思議

この3本のレンズ、それぞれ完全に独立して切り替わっているわけではなく、特定のレンズで撮ってる時も他のレンズが補佐的に動いている。

たとえばこちらの写真。つまり、1xというのは26mmで撮っているのだけれど、その時に画角の外側(つまり13mmで見えている領域)がグレーアウトして写っている。

フレーミングの参考にもなる。

が、たとえばここでシャッターを切って、あとで写真を見て「あれ、女の子に気を取られて、iPhoneが切れちゃってる」ということになった場合に、トリミングの編集モードに入って……。

グッと画角を広げてiPhoneを入れることができる。つまり、26mmの写真の外側にある13mmのレンズで撮ったデータがiPhoneのどこかに残してあって、編集モードの時にその13mmのデータを活用できるのだ。

これは、一眼レフだって出来ない謎の機能だ(笑)

ちなみに、この他のレンズで撮った『フレームの外側』を残すかどうかは、設定で決められる。残した場合には、撮影から30日間保存されており、その間に編集で使われなければ、消去される。

超広角の楽しみを、ぜひ11で満喫して欲しい

ガーンと足が長いような超広角の写真はやっぱり楽しい。

そして、案外超広角レンズによる歪みが少ないのには驚かされる。もっと、周囲の壁は樽状にカーブしてもいいのだが、見事に補正されてる(だから角に近づくと顔が伸びるのだが)。

おなじみ広角26mm。

そして、52mm。そう、やっぱり望遠側の方がパースがつかないし、顔をきれいに写る。

というわけでもう1パターン。

この廊下、相当暗いのだが、白い壁の反射光を活かしてなんとか。この暗さで、これだけ写るのには驚かされる。

そして、おなじみ26mmではこんな感じ。iPhoneだと一番見慣れた画角。

そして、iPhone 11の旨味、超広角の13mm。この3枚の写真、写真を撮ってる私の立ち位置が変わらないなんて、信じられなくない? そして、床や天井や壁が樽型の歪んでないのにも驚かされる。いや、ほんとすごい。

さて、もう一枚。こちらも52mm望遠側から。

iPhoneのスタンダード26mm。

そして、新しい13mm。

うーん。やっぱり新しい13mm楽しい。

そして、11だと13mmと26mmだけなんだけど、対比として52mmの良さも感じるよねぇ。長めのタマで引いて撮った方が女性はキレイに写るし(ちなみにポートレートで使われるのは85mmや100mm)。やっぱりProが欲しくなるねぇ……。

あ、最後になりましたが、モデルさんはオスカープロモーションの河合美侑(かわい みゆ)さん。テレビドラマやCMにも出てらっしゃるので、見かけたら応援して下さいね! 今回は悪天候の中、連れ回して、しかも作例という都合上、無補正の暗い場所での写真が多くてごめんなさい! 許して!

 

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick!編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

flick! TOPへ

No more pages to load