今週末28日、Apple福岡が移転してオープン

9店舗目のアップルストア

アップルが、日本へのアップルストアの出店を増強しているのはご存じの通り。

2018年4月のApple新宿を皮切りに、新宿と京都のオープン、渋谷もリニューアル。先日、2019年9月にはApple丸の内がオープン。さらに、iPhoneが発売される9月20日には表参道がリニューアルした。

これで日本のアップルストアの床面積は20%増になり、半数が最新の設備を備えるアップルストアになったという。

そして、さらに、今週末、9月28日に、Apple福岡がオープンする。

5つの必見ポイント

新しいApple福岡は、以前存在したApple福岡天神から徒歩数分の場所で、従来の店舗より広くなり、最新のタウンスクエア型店舗となる模様。

Appleは、新オープン5つの必見ポイント(5 things you can’t miss at Apple Fukuoka)として

1. 建築
新しいApple 福岡の店舗は、のびやかな木製のキャノピー(ひさし)が目を引くデザインで、横幅は以前の店舗より50%広くなり、3倍の高さがある見事な建築を特徴となります。

2. ユニークなデザイン
ストア内部には日本らしいデザインも採用され、Apple Storeの中でも世界初となる障子スクリーンを採用しています。屋外にある庭の風景と組み合わさって、日中の店内にはまぶしさを抑えた豊かな自然光が差し込み、外が暗くなってからは内部の照明の暖かみのある人工光を感じていただけます。

3. ビデオウォールとToday at Apple
大きなビデオウォールの前で、写真、音楽、ビデオ撮影、アートとデザイン、コーディング、健康、フィットネスなど、クリエイティビティを解き放つToday at Apple のセッションを体験していただけます。

4. Boardroom
Apple 福岡のBoardroomからは、屋外の美しい竹が植えられた庭の景色を眺めることができます。起業家からアプリケーション開発者の方まで、法人向け専用のスペースとして設置されます。

5. 素晴らしいチーム
Apple 福岡の真のスピリットは素晴らしいチームです。世界中のお客様をお迎えし手伝いをするほか、毎日さまざまなToday at Appleのセッションをお届けします。メンバーの中には14年前の開店時のオリジナルメンバーも含まれています。

という情報を出している。

今回の記念品はトートバッグ

オープン当日には、今回も記念品が配布される。今回も丸の内の時と同様、記念品はトートバッグと、ステッカーと、マグネット式のピンバッチ。

記念品が何点用意されるのかは非公開だが、最近のパターンでは昼前にはなくなってしまうケースが多いので、どうしても手に入れたいという人は、オープン時間までに並んでおいた方がいいだろう(ただし、オープン時間は一番行列が長くなるので、並ぶ時間自体は長くなる。少なくとも2時間ぐらい前に行くか、いっそ(プレゼントがなくなるリスクはあるが)11時頃に並ぶと、行列時間は少なくできるかもしれない。


新住所:福岡市中央区天神2-5-19
開店:9月28日(土) 午前10時

また、さらにサイトには10店舗目のストアが、年内にオープンすることも示されている。このストアは川崎だという噂がある。

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick!編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

flick! TOPへ

No more pages to load