BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

新しいiPhone SE登場。8のボディに、11のパワーで。

予約は17日夜9時から

長らく噂されてきた、第2世代の『iPhone SE』が登場した。

といっても、iPhone 5から伝統の4インチのサイズではなく、iPhone 6で登場した4.7インチサイズ。

つまり、分かりやすく言えば、iPhone 8の後継。

Touch ID、FeliCa搭載、防水、非接触充電……などもiPhone 8と同じく搭載されている。

4月17日(金曜日)夜9時から発売開始、24日に販売開始。今回はApple Storeも閉じたままなので、行列などはなくネットでの販売だけと、コロナの時代らしく『サイレント・スタート』となりそうだ。

A13 Bionic、1,200万画素広角カメラ

iPhone 8との最大の差異は、A13 Bionicという最新・最上位機種のiPhone 11 Pro と同じチップセットを搭載していることだろう。そのおかげかWi-Fi 6にも対応している。

これにより、最新OSの上で、最新のアプリケーションを軽々と動作させることができる。カメラも1200万画素の単眼ではあるが、処理能力の向上によりポートレートモードを使えるし、60fpsの4K撮影も可能。

スペックを見る限りでは、ナイトモードなどは搭載していなさそうだが、上位モデルとどの位の差があるのかは気になるところ。

税込でも、5万円を切る超低価格!

カラーラインナップは、ホワイトとブラック、そしてプロダクトREDという実にシンプルな構成。

価格は64GBモデル4万4800円(税別)と破格の安さ。128GBモデルでも4万9800円256GBモデルが6万0800円(税別)。

前モデルのSEが、旧モデルの筐体に最新のチップセットを搭載したのと同じく、iPhone 8の筐体にiPhone 11のチップセットを搭載している。

これにより、筐体の生産コストを抑えると同時に、11に搭載しているA13 Bionicチップを大量生産し、そちらの調達コストも低減している。高速なチップセットを積むことで、最新のOSも長く積むことができるし、アップルにとっては非常に戦略的な商品であると同時に消費者にとってはお買い得なモデルだ。

旧SEサイズを望む声はあったが、最新モデルのために設計されるOSを4インチサイズのために縮小できる前提にするのには難があるし、より新しいチップセットは熱容量的にも、あまりに小さ過ぎるボディに積むのは無理がある。もしくは、必要とするバッテリー容量も確保できないだろう、時代とともに多少成長するのはしょうがない。

これによりiPhoneのラインナップは、最新鋭で最高の品質とパフォーマンスを発揮するiPhone 11 Proと11 Pro Max、カラフルで高性能ながらお買い得なiPhone 11、さらにその旧モデルに相当するXR、そしてもっともコストパフォーマンスの高いSEとなる。おそらくXRは近々カタログ落ちして、3段がまえになるのではないだろうか。

これからの時代、マスクをしていても使い易い指紋認証で、非常にリーズナブルながら、パフォーマンスが高く、手に馴染みやすいサイズのiPhone SEは非常に魅力的な商品だといえるだろう。

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load