BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

Oculus Quest 2本日発売! 前モデルより高画質高性能で3万3800円(税別)!

高画質になって、たった3万3800円(税別)

そろそろ、VRゴーグルのひとつも欲しいなぁ……と思ってるみなさん。チャンスです。

本日、10月13日Oculus Questがモデルチェンジし、Oculus Quest 2となり、画素数がアップ、性能向上、したにも関わらず、64GBの安い方のモデルが3万3800円(税別)、256GBのモデルでも4万4800円(税別)と破格の価格になった。

OculusというのはFacebookが買収したVRシステムの会社で、このOculus Quest 2もFacebookアカウントでログインする。別になにも断言はされていないが、先日みんなFacebookのアバターを作ったでしょ? あれもOculusのバーチャル空間内で使うために作ったんじゃないかな……と筆者は想像いる。

Oculus Quest 2は6DoF(6自由度)のVRゴーグル。つまりこのゴーグルをして、周りを見渡したり、しゃがんだり、前に進んだりすると、VR空間内の映像も同じように動く……つまり、まったくその世界にいるように感じさせてくれるデバイスだ。

当然のことながら、異世界に行ったようなゲームもできるし、そういう感覚も味わえる。またコミュニケーションツールとしてアバター同士で会話したりもできる。つまりは、将来的にはこのVR空間内で仕事したっていいわけだ。

VRチャットで他の人たちと話したことがあるが、近づけば声は大きくなるし、遠ざかれば小さくなる。多人数で会話もできるし、ある意味、ビデオ会議よりもミーティングに向いているんじゃないかと思う。

『レディ・プレイヤー1』はもう現実!? VRのコミュニティ VRChatを体験!

『レディ・プレイヤー1』はもう現実!? VRのコミュニティ VRChatを体験!

2020年07月07日

目の前に巨大なプレゼンスクリーンも表示できるし、スプレッドシートの上に立って相談することだってできるわけだから……将来、このゴーグルを付けて仕事することだってあると思うのです。12年ほど前「みんながスマホを持って歩きながらインターネットをするようになる」と言ったら笑われたし、去年「Zoom会議でいいじゃない」と言ったら笑われたんだから、来年ぐらいに今笑ってる人がOculus Questを付けてミーティングしてても、変じゃないと思う(笑)

1年ごとの急速な進化

Facebookは素晴らしい勢いでOculusを進化・普及させています。

VRゴーグル決定版Oculus Goの衝撃。数年後、iPhoneのようにあなたも使うはず

VRゴーグル決定版Oculus Goの衝撃。数年後、iPhoneのようにあなたも使うはず

2018年05月23日


2万3800円(税込)で買えるVRゴーグルOculus Goを2カ月使ってみた

2万3800円(税込)で買えるVRゴーグルOculus Goを2カ月使ってみた

2018年07月19日


USのF8 Keynoteで今日発表された『Oculus Quest』先行試用。控えめに言っても最高過ぎ!!

USのF8 Keynoteで今日発表された『Oculus Quest』先行試用。控えめに言っても最高過ぎ!!

2019年05月01日

(こうやってみると、毎年その革新に驚いている(笑))

2018年のOculus Goは3DoFで、コントローラも貧弱だった。それが昨年は6DoFのOculus Questになり、今年は解像度が向上して安くなったOculus Quest 2になっている。何度も言うけれど、今が買い時だ。

基本的にはOculus Questとできることは同じだが、解像度が違うと見える世界が違う。

昨年モデルでは1440×1600ドットだったのが、1832×1920ドットと、ピクセル数にしておよそ1.5倍になっている。それを処理するプロセッサーはおよそ2倍の性能を持つものに換装され、メモリーは4GBから6GBに増量。ストレージは安いほうのモデルは64GBと同じだが、上位モデルは128GBから256GBに倍増している。

重量は実測でおよそ70gほど軽くなっている。それに対して、ストラップが前モデルの高級感のあるスプリングとシリコンを使ったものから、ただのゴムバンドになっているのは残念なポイント。その他にもイヤフォン端子が2個から1個になっていたり、瞳孔間距離の調整機構が単純化されたりしている。

スタンドアローンのVRゴーグルとしては出色の出来のOculus Quest 2がこの価格で買えるなら、買わない手はない。ちなみに、VRゴーグルはそんなに平行して多くのアプリを使うものでもないので64GBでいいと思っていたが、この価格差なら256GBの方がお得感が高い。

解像度の向上で、リアリティは変わる

解像度の向上はとにかく素晴らしい。

前モデルでそれほど不満だったわけではないが、解像度が1.5倍になると、見えるものの美しさが変わってくる。最初のチュートリアルからして、美麗度合いが向上しているし、遠くのモノの形状の把握や、近くのものの質感の向上。ザラっとしたものと、すべすべしたものの違いというような感じがより伝わりやすくなっている。

VRチャットなどで深みにハマっている方々は、高性能PCとPC用VRゴーグルが欲しくなるというから、昨年モデルが買い替えるべきなのは、そういう高性能モデルなのかもしれないが、資金に余裕があるのなら、買い替えても満足感は高いと思う。

もし、万が一、あなたがVRゴーグルを持っていないなら、この安さは間違いなく買っておいた方がいいと思う。

VRは間違いなく体験しておいた方がいいものだ。

たとえば、私の80歳になる母親だって、セッティングをして渡してあげると、その不思議なVR空間を体験することができる(高齢の方の場合は転ばないように気をつけたいが)。この世界を体験せずして、未来を語ることはできないのは確かだ。

別に異世界にいかなくてもいいが、VRゴーグルをするだけで、このコロナ禍の状況下でも風光明媚な場所に立ち、美しい景色を見て、不可思議な体験をするともできる。まだ、立ち上がったばかりのVR空間内には面白いことがいっぱいあるし、ビジネスチャンスも山のようにある。

遊びにしろ、仕事にしろ、今後VR空間上でのコミュニケーションは間違いなく増える。いくらなんでもそろそろVRゴーグルのひとつぐらい持っていたっていいはずだ。3万3800円なんだし(税別)。

Oculus Quest 2
https://www.oculus.com/quest-2/

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load