BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アップルからの招待状! いよいよApple Silicon登場か!? 先陣を切るのは何?

考えられる3つの可能性

例によって突如、アップルからの招待状が来ました。

こちらは、フリック!に来たに日本語版の招待状。

今回もオンラインイベントなので、みなさんと一緒に楽しめます。

大きく言って可能性としては3つ。

1.先日、iPad Airに肉薄……もしくは越えられてしまったiPad Proのアップデート
2.One more thing.の名の通り、「もうひとつだけ」インテルMacの発表
3.One more thing.は大物の発表を意味する……ということで、Apple Silicon Macの登場

1.だと、イベントをするほどではない。

2.だとすれば、最後のMac Proか、Mac miniか……。少なくともApple Siliconに移行できない分野の人が使うデバイスが必要。

もちろん、期待するのは3.ですよね.

そもそも、アップルマークの背後からさす後光は、Big Surの壁紙の色と同じです。

ティム・クックは6月のWWDCでApple Siliconを発表した時に、「年内に」と言っていました。年内といっても12月発表ではクリスマス商戦にカスリもしませんから、11月に発表しなければならないわけです。11月10日発表、即日発売……もしくは1週間後発売っていうのは順当なところでしょう。

(しかし、iPhone 12 Pro Maxとminiが、11月6日予約受付開始、11月13日発売ですから、我々メディアにとっては(そしておそらくアップルの内部スタッフさんにとっても)忙しいところにぶっ込んで来たものです……)

順当に行けば、A14 Bionic版のMacBook Air。でもそれだけ?

問題は何が出るかです。

iPhone 12と、iPad Air 4のベンチマークを見る限りでは、A14 Bionicはかなり高性能です。

このA14 BionicのCPUコア、GPUコア、ニューラルエンジンのコア数を増やせば、かなり高性能なMacが作れます。

たとえば(OSが違うので単純比較はできないにしろ)、GeekBench 5の数値を比べると、iPad Air 4とMacBook Air(2020)だと、CPUシングルで1.5倍、CPUマルチでも1.5倍、GPUメタルで1.4倍の性能が出ています。

しかし、ファンを持たないiPad Airに対して、MacBook Airなら冷却ファンを付けられるので、熱容量的にかなり余裕があります。つまり、クロック数を上げたり、コア数を大きく増やしたりすることができるわけです。

現在のiPad Air 4のコア数が、CPU 6(高性能2+高効率4)、GPU 4、ニューラルエンジン16コアとなっているので、たとえば、CPUの高性能コアを4コアや8コア、GPUを8コアや16コアにしたら、どんな性能になるのか!

A14 BionicはiPhoneに積んでいるぐらいだから、コンパクト、省電力、低発熱。これを、Macに積むとなると、どのぐらいパワーアップしてくるのか楽しみだ。

普通に考えると、A14 Bionicのパワーアップバージョン(A14X? A14Z?)をiPad Proに積んで、同じものをMacBook Airや、Mac mini、MacBookを復活させて搭載するのが順当な気がする。これならすぐにでもできそう。

でも、私は『Apple Silicon』はすごいんだぜ! というアピールをするために、さらにすごいバージョンをMacBook Proに積んでくるんじゃないかと思います。

WWDCでしばしば、発表されることからも分かる通り、アップルはMacBook Proを一番エンジニアに近いマシンとして扱ってるように思います。

フリック!による、発表会のシナリオ予想!

(こちらはUS版の招待状。ちなみにUSでは10:00amなのはいつもと同じなのだが、11月1日でサマータイムが終わっているので、いつもと違って日本では午前3時になる。お間違いなきよう。ちなみに、カリフォルニアのサマータイムは今年でいえば3月8日から11月1日まで。この期間を外れて発表会があるのは久しぶりな気がする)

というわけで、フリック!の予想は、
・まずiPhone 12の好調な売れ行きと、miniとMaxの発売について
・続いて、iPad ProのA14X版の発表
・そして、同じA14Xを搭載したMacBook Airとminiの発表
 (チップセットの名前はAを踏襲するのだろうか?)
・最後に文字通り『One more thing.』として、A14(のもっとすごいの)を搭載したMacBook Proの発表!
……という感じかと思うのだが、高望みしすぎだろうか?

自社製チップセットになることで、高性能化とともに、安定したアップデート、低価格化も期待したい。

そろそろ、MacBook Proが厳しいので、MacBook Pro 13のアップデートが待ち遠しい。

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load