BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アップルM1 Macその異次元の速度を体感! 様々な速度テストと注意点

PAGE
3 / 5

とにかく、Geekbench 5のシングルコアでのスコアが高い

前置きが長くなったが、さっそくテストにかかろう。まずは定番のGeekbench 5 Pro。

すでにアップルシリコンに対応しており、ユニバーサルバイナリで動作するだけでなく、わざとRosetta 2で動作させることもできる。

まず、シングルCPUでの計測と、他との比較データをご覧いただきたい。

ご覧のように、既存のあらゆるインテルMacの性能を大きく引き離している。これは私の計測データなので、Mac Proの Xeonはないが、それを含めてもM1はCPUコア単体では圧倒的な性能を発揮している。

2020年モデルのiMacは、あらゆる作業が非常に快適にできると思ったが、それより1.3倍も速いというのだから驚く。このiMacはトータルで50万円もするモデルなのだ。対してM1は、一番安いMac miniや、エントリーモデルといえるMacBook Airに搭載されているチップセットだ。

続いて、マルチコアの性能。

こちらはさすがに、8コアのiMacには負けるが、それでもノート型Macで一番ぜいたくな仕様である8コアの16インチMacBook Proに勝ってしまっている。これは、最近高価なMacを買った人にとっては地団駄を踏みたくなるような結果だろう。とても安価なM1 Macの方が高性能なのだ。

こちらは筆者が最近計測したデータの抜粋。

現状の筆者の愛機である2016年モデルのMacBook Pro(4ポート)と比べると、CPU単体で3倍以上、マルチコアで4.8倍、GPUのOpen CLで2.4倍の処理能力を持つということになる。まさに隔世の感。

本来ベンチマークとするべき、2020年モデルのインテル版MacBook Airと比べると、CPU単体で1.6倍以上、マルチコアで2.8倍、GPUのOpen CLで3.1倍と、11月11日のアップルの発表会での数字は、あながち大げさでもないということなる。

トータルパフォーマンスで言って、ノートパソコンであるMacBook Pro 16インチに迫るか、それを越えると言って間違いないだろう。何度も言うようだが、価格にも消費電力にも数倍の違いがあるというのにである。

なお、最新アップデートのGeekbenchにはRosetta 2を介して動作させた場合のスペックを計測する機能も付いている。それによると、シングルコアのスコアは1031、マルチコアは3635に低下する。

まだまだ、ユニバーサルアプリばかりではない現状を考えると、日常の使用感としては、こちらの性能も勘案に入れるべきだろう。それでもMacBook Airの2020年モデルと同等以上のベンチマークを記録している。

Cinebench R23でも最新MacBook Proよりかなり速い

次は、同じく定番のベンチマークテストであるCinebenchのデータを見てみよう。こちらは従来R20というバージョンを使っていたのだが、最新のM1のスペックを計測するためにR23というバージョンが公開された。このバージョンと旧バージョンの計測データに互換性はない。

ゆえに現状手元にある2016年モデルのMacBook Proと、2020年モデルのMacBook Pro(いずれも4ポート)のスペックしか計測できなかった。

しかし、こちらもM1 MacBook Proの性能向上は明らかで、13インチモデルとしては最上位のMacBook Pro(つまり2倍ぐらいの価格のモデルだ)の性能を大きくしのいでいる

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load