BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

M1 Macユーザーは絶対要る! ポート不足を解消するOWC Thunderbolt Hub【動画付】

PAGE
3 / 3

実際、これなしではやっていけない!

 

現在の筆者の使用例としてはこんな感じ。

OWC Thunderbolt Hubから3本に分岐。1本はLG 5Kディスプレイに接続し、そこからUSB-C経由でLogicoolのStreamCam(USB-C)に接続。

もうひとつのポートにはOWCの高速接続SSD、Envoy Expressの2TBモデルを接続。ハブを経由してもその高速性能が損なわれないのも嬉しい。

もうひとつのポートにはTUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C3を接続。そこにマウスのドングルと、LogicoolのヘッドセットH340、そしてコンデンサーマイクを接続している。これでYouTubeも作れる。

これだけの機材をケーブル1本で、接続できるというのがありがたい。これでもまだ、MacBook Air本体にはThunderbolt 4のポートがひとつ余っているのだ。さらに可能性を広げられる。バックアップ用のSSDを接続するなんてこともできる。

お値段は、記事を書いている時点で聞いた話では、2万4000円前後(税込)とちょっとお高いが、MacBook Pro(4ポート)からの乗り換え組としてはこれがないとかなり困る。価格としては高いけど、これはマストバイといえる製品だと思う。アダプターがデカイのが玉にキズだが、これは60Wの電源を供給するためには仕方がないところなのだろう。

お求めはこちらからどうぞ。

OWC Thunderbolt Hub
https://amzn.to/3E9SBa9

このHubはサイズからいっても、基本的には電源アダプターに接続して、在宅で、もしくはオフィスでのみつかうイメージだろう。持ち歩くには電源アダプターが大き過ぎる。

これで、4ポート以上のモデルが出る時まで、MacBook Airで十分耐えられる。もしかしたら、これがあればMacBook Proの4ポートモデルを待つ必要さえなくなってしまうかもしれない。

M1 Macユーザー必携のアイテムだといえるだろう。

 

(村上タクタ)

月額300円(税別)で『フリック!』が読み放題!

『フリック!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のフリック!と関連ムック150冊以上が読み放題。さらに、ここでしか読めない有料記事(隔週配信)の購読や、会員限定イベントへの参加など、特典も盛りだくさんです。

flick!読み放題プラン

YouTubeチャンネル「flick! TV」もスタート!

「flick! TV」では、多彩なゲストをお招きしてのトークセッションや、最新・注目アイテムのレビューを配信中です。「flick! TV」のチャンネル登録もお願います!

YouTubeチャンネル「flick! TV」

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

No more pages to load