BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

mmhmmにビジネス版アカウントが登場! Windows版も一般公開。使わない理由がない

なぜ、プレゼンや会議でmmhmmを使わないのか謎

ビジネス用途でも、ビデオ会議でmmhmmを使った方が分かりやすいと思う。

「えっと、資料を共有しますね……あ、共有する権限を下さい。そう……見えますか?」

なんていう面倒なやりとりがあった後に表示されるのは資料だけ。画面に資料だけが表示されて、あとは延々説明が音声で聞こえて来るなら、極論電話だっていい。

ミーティングだったり、プレゼンテーションだったりは、相手の顔が見られることが大事だと思っている。

現状の多くの人がやってるのは『資料+音声会議』だ。ちゃんと、目を見て話して、表情や身振り手ぶりも使って重要なこと、伝えたいことを表現するのがオンラインミーティングであり、プレゼンテーションだ。「昔から目は口ほどにモノを言う」なんて言うのに、見えるのはテキストやエクセルの資料ばかり。Sigh。

mmhmmを使えば、リアルの会議室のプレゼンテーションと同様に、あなたの表情、身振り手振りを見せながらスライドをめくることができる。ね? 絶対便利でしょう?

これは私のYouTubeライブの番組だけど、これと同じようなスライド表示がビデオ会議でもできる。


誰でもできる。仕事のクオリティを上げるためには、使わない手はないと思わない?

Windows版、ついにベータ3で誰でも使えるように

もちろん、これまでは多くの人に使ってもらうのが難しい障壁もあった。

最初発表されて、我々が記事を書いた頃はMac専用アプリでしかもベータ版だったし、それなりのパフォーマンスのマシンが必要だった。

しかし、Mac版はそれほどパフォーマンスのないマシンでも動作するようになったし、安価なM1 Macが非常に高性能だったおかげで、安価なマシンでも使えるようになった。

さらに! なんと、開発過程にあったmmhmm for Windowsがベータ3となり、誰でも使えるようになったのだ。

ちなみにシステム必要条件は、Windows 10で、64ビットプロセッサーを装備するころ。さらに推奨条件として、専用のグラフィックカード搭載し、8GMのメモリーと、100MB以上のストレージ残容量が必要とされている。つまり簡単に言えばあまり貧弱なマシンでは動作しない……ということだが、これはまぁ仕方のないところだろう。mmhmmはリアルタイムで画像処理を行うアプリなので、マシン性能は必要なのだ。Macと違って、Windowsは、さまざまなマシンが市場に出ているので、動作を検証するのは大変だったことだろう。

mmhmm for Windows ベータ 3 の新機能
https://www.mmhmm.app/jp/blog/whats-new-in-mmhmm-for-windows-beta-3-speak-friend

 

お支払いは、オフィス全体共通で

さらに加えて、ビジネスアカウントも用意されることになった。

mmhmm Business のご紹介:プロフェッショナルビデオプレゼンスをチーム全体で
https://www.mmhmm.app/jp/blog/introducing-mmhmm-business-professional-video-presence

会社全体のプレゼンテーションのレベルが上がり、コミュニケーションも良くなるのだから、多少の投資はあってもいいだろう。みんなで使いこなせば「あそこの会社の営業提案は、なぜか分かりやすい」ってな感じで投資対効果は大きいと思う。説得力が増すのだ。

しかも、ユニークな仕組みが採用されており、登録したユーザーのうち、アクティブメンバー分しか請求されないのだ。ゆえに、全体のとしてのコストは必要な人の分しかかからないのだから、気軽に導入できる。有効に使われていないのなら、請求されないのだから。ちなみに、アクティブメンバー1人あたり1万1000円/年、または1100円/月となっている。

これを機会に、ぜひみなさんの会社で導入して使ってみていただきたい。

 

(村上タクタ)

(最新刊)
flick! digital 2021年4月号 Vol.114
https://funq.jp/flick/magazines/20159/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

 

 

 

 

 

 

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load