BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

AirPods Proの1/6以下の価格! Ankerの4990円の完全ワイヤレス『Soundcore Liberty Neo 2』を試した

安価でハイクオリティがウリのAnkerの4990円完全ワイヤレスイヤフォン

モバイルバッテリー、電源メーカーのAnkerが、この10年で飛躍的成長を遂げたのは既報の通り。その原動力となっているのは、そのクオリティの高さと、それに比して驚くほど安価であることだろう。特にGaN(窒化ガリウム)のアダプターを他に先んじて出すなど、技術力の向上も著しい。また、最近はその開発力を活かして、電源系以外のカテゴリーにも進出しているのはご存知の通り。

昨年深圳で上場したバッテリーメーカーのAnker、10年で売上げを1万4400%に伸長

昨年深圳で上場したバッテリーメーカーのAnker、10年で売上げを1万4400%に伸長

2021年05月25日


新技術GaN II(ガンツー)で革命的に小さい、電源アダプターAnker Nano II 45Wが超お勧め!

新技術GaN II(ガンツー)で革命的に小さい、電源アダプターAnker Nano II 45Wが超お勧め!

2021年05月25日

中でも最近気になるのが、『Soundcore』のブランド名でリリースしているイヤフォン、ヘッドフォンのシリーズ。

今回試してみたのは、最廉価モデルの新製品、『Soundcore Liberty Neo 2』。価格はなんと4990円。前モデルのLiberty Neoよりさらに1000円安くなっての登場だ。

もちろん、アクティブノイズキャンセリングや加速度センサー、H1チップまで内蔵したAirPods Proと比較するのはフェアではないが、それでも同じような完全ワイヤレスタイプで、1/6以下の価格を実現するなんて、驚く他ない。

たしかに、AirPods Proは最高の商品だが、ポロリと片側を落として1万0780円……というのは大人にとってもなかなか痛い。お金が自由にならない学生さんなら、無理してAirPods Proを買う必要はないのではないかな……と思ってしまう(もちろん、クオリティを求めて背伸びするのも大事なことだが)。若い頃は、うかつなもので、紛失したり壊したりしがち。そんな時に3万0580円(税込)のAirPods Proはやっぱり少々高価。

4990円のSoundcore Liberty Neo 2なら紛失しても大丈夫……とは言わないが、ダメージは少ない。

安価といってもメカは本格的、複合ダイヤフラムを採用した3層構造の8mmドライバーを搭載することで、コンパクトながら迫力の低音と、クリアな中高音を実現しているという。

IPX7防水に、40時間の再生時間はAirPods Proに勝っている!

AirPods Proに勝っているのは価格の安さだけではない。防水機能はIPX7なので、汗や雨はもちろん、ちょっとした水没でも大丈夫なほど(AirPods ProはIPX4)。さらにイヤフォン単体で、10時間、ケースも含めると40時間の再生が可能となっている(ちなみに、AirPods Proはそれぞれ4.5時間(アクティブノイズキャンセリングオフで5時間)、24時間)。

濡れても大丈夫、長時間再生も可能と、カジュアルに使えるタフさ度合いでは、安価なAnkerの方が優れているということになる。

重さは片側6g(実測値)、ケースを含む重量は60g(実測値)。

イヤーチップは5種類、イヤーフィングは3種類が付属しており、自由に選ぶことができる。最初に装着されているもの(撮影にも使用)は、いずれも中間のサイズ。

充電コネクターはUSB-Cで、充電用ケーブルはUSB-A to USB-Cが付属する。充電にかかる時間はフル充電まで約2時間。またケースは非接触充電も可能。

4990円という価格を考えると、大満足の音質

さて、肝心かなめの音質はどうだろうか?

忖度なしで、4990円の完全ワイヤレスとしては大満足。もちろん、AirPods Proのクリアでニュートラルな音質にはかなうべくもないが、5000円以下でこの性能と音質を実現してくれるなら、文句なしと言っていいだろう。少し、中音域がボヤッとして、こもっている感じはあるが、その分低音はしっかり出ているし、高音の細かい音もちゃんと聞き取れる。

具体的にはアコースティックな音楽、クラシックやジャズを聴くには、音が薄っぺらに感じて物足りないが、重低音や高温域がブーストされた打ち込み系の音楽なら、全然問題なく楽しく聞けるように思う。そういう意味では、ターゲット層である若者にフォーカスしたチューニングなのかもしれない。

また、完全ワイヤレスヘッドフォンは、時折片側がペアリングせずイライラしたりすることあるものだが(AirPods Proはそれがないのが優秀)、少なくとも自宅で数日間使ってみた間には、ペアリングしなくて困ることはなかった。多くの電波が飛び交う満員電車の中などでは、また状況が違うかもしれないが、緊急事態宣言が続いておりテストの機会がなかった。また体験する機会があれば、追記したい。

(村上タクタ)

(最新刊)

flick! digital 2021年6月号 Vol.116
https://funq.jp/flick/magazines/20161/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load