BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自由に入れるようになったアップルストアに、深紅のリンゴ

今年もApple Storeが赤く染まる

例年、記事を書いているが、今年もApple Storeが赤く染まる季節がやってきた。

ストアのロゴが赤くなっているのは、都内では銀座、新宿、表参道の3店舗。それから心斎橋と、福岡天神。

今年もアップルストアが赤く染まる季節がやってきた

今年もアップルストアが赤く染まる季節がやってきた

2019年11月28日


アップルストアのリンゴが赤い!? そのワケは?

アップルストアのリンゴが赤い!? そのワケは?

2018年12月01日

PRODUCT (RED)は、アップル始め、多くの企業が賛同して力を貸している世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)を支援するための活動。この基金を通じて母親から胎児へのHIVの感染を防ぐための医薬品が届けられたり、カウンセリングや検査が受けられるようにするための体制作りに使われる。

PRODUCT(RED)と冠された商品を買うと、その収益の一部がサハラ以南のAIDSの母子感染を防ぐための活動に使われる。

感染症は対岸の火事ではない。実際、この2年間、我々は世界中で感染症によって大きなダメージを受けた。自由な旅行や経済活動は損なわれ、病に脅え暮らし、友や、家族を失った人もいる。

最近、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株『オミクロン株』が見つかり、感染者を急速に増やしている。南アフリカの新型コロナウイルスのワクチン接種率は約24%にとどまっているという。

そして、総人口の13%にあたる710万人がHIVに感染している。これらは、十分な医療が行き渡っていないという同じ問題だし、最終的にはこうした国の感染者も減らさない限り、新たな変異株が生れ、世界へと広がっていってしまう。我々は地球という同じ船に乗っているのだ。

コロナ禍の状況の中、南アフリカのHIV感染者の人たちはさらに困窮していることは想像に難くない。

もし、アップル製品を買うなら。もし、赤いiPhoneや、Apple Watchのバンドが気に入ったなら、ぜひ赤い製品を買っていただきたい。それが、HIV感染者のいない世界への一歩になるはずだ。小さな一歩かもしれないけれど、歩き始めない限り、ゴールには辿り着けないのだから。

(村上タクタ)

(最新刊)
flick! digital 2021年12月号 Vol.122
https://peacs.net/magazines-books/flick-1136/
子供を伸ばす! 学校と家庭のiPad超活用術
https://peacs.net/magazines-books/flick-1064/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load