BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

テレワークに最適なおすすめメッシュ椅子6選!実は優秀なメッシュチェア

働き方改革によってテレワークが浸透してきたこともあり、自宅の作業環境の見直しや整備を迫られる人も多いのではないでしょうか。

中でもワークチェアは作業効率に大きく影響しますし、長時間座るからこそ、疲れにくい形状やクッション性、蒸れにくさなど、考慮すべき項目が多岐にわたります。

特に健康面への配慮は必要不可欠で、自分の身体に合ったチェアを選ばないと、腰痛や肩こりの原因になりかねません。

そこで本記事では、テレワークに最適なメッシュ椅子を6つ厳選しました。メッシュ素材が優れている理由も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

メッシュ素材椅子のメリット3選

メッシュ素材の椅子は、大きく分けて3つのメリットがあります。

  • 通気性に優れている
  • 軽いため移動しやすい
  • 弾力性があり身体にフィットする

順番に解説します。

通気性に優れている

メッシュ素材の最大の特徴が、通気性の良さです。通気性に優れているため、長時間座っても蒸れにくく、夏場でも快適な座り心地をキープできます。

通常の布地素材やプラスチック素材の場合は通気性が良くないため、接地面はどうしても蒸れてしまいます。

とくに汗っかきの方は、メッシュ素材の椅子を選ぶと快適さが格段に良くなるため、テレワーク用の椅子を検討するならメッシュ素材を選びましょう。

軽いため移動しやすい

メッシュ素材の場合、他の素材を使用した椅子に比べて軽量なモデルが多い傾向にあります。そのため、座りながら移動する動作もスムーズ。

キャスターつきの椅子の場合、床が傷つく可能性もあり、椅子自体に重さがあるモデルは特に気をつけた方が良いでしょう。

移動させやすい方が掃除する際も楽なので、自宅にワークチェアを導入するなら軽量なメッシュ素材がおすすめです。

弾力性があり身体にフィットする

メッシュ素材は弾力性があるため、体重を預けると体にフィットする感覚を得られます。そのため、座り心地が良いという特徴も。

椅子は身体との相性が顕著に出る上、値段も決して安いわけではなく、手軽に買い換えることはできないでしょう。実際に座って試せるのがベストですが、ネットで購入する際は座り心地を確認できません。

実際に座った際のフィット感に対するリスクを下げるという意味でも、弾力性があるメッシュ素材を選択するのは、かしこい選択となるでしょう。

テレワークに最適なおすすめ椅子6選【メッシュチェア編】

ここでは、テレワーク用にぴったりなメッシュチェアを6つピックアップしました。

  • コスパ抜群
  • 機能性重視
  • デザイン性重視

ピックアップした椅子は、上記の3部門から2つずつ選出しています。気になる商品があれば、詳細を確認し、お近くのショールームなどで座り心地を試してみましょう。

コスパ抜群

最初に紹介するのは、メッシュチェアの中でもコスパに優れた2商品です。有名ブランドのメッシュチェアは10万円以上するものも多く、簡単には手が出ません。

今回紹介している2商品は、いずれも2〜3万円台で購入でき、機能性は十分備えています。「テレワークは週に3日程度」などのライトユーザーであれば、ぜひこれらのいずれかを選択肢として検討しましょう。


ニトリ リクライニングワークチェア(フォリスト)

ニトリのリクライニングワークチェアは、ヘッドレストつきのメッシュチェアで、機能性も十分備えています。

伸縮性に優れた体圧分散、アームレストや座面の調整、約135度まで倒せるリクライニングなど、有名メーカー顔負けの機能を搭載していながら破格で提供しています。

ニトリならお近くの店舗ですぐにお試し可能。気になる方は、ぜひ一度店舗に足を運んでみてください。

  • サイズ:幅69cm×奥行き67cm×高さ116cm
  • 素材:ポリエステル
  • 重量:19.8kg
  • カラー:4色展開

サンワダイレクト メッシュチェア シンクロロッキング

サンワダイレクトのメッシュチェアも、ヘッドレストつきのメッシュ素材を採用したオフィスチェアです。

ランバー(腰部)サポートつきで、背骨のラインに合わせたS字曲線の背もたれが、あなたの背中にピッタリフィットします。

座面やアームレストの調整はもちろん、ヘッドレストは前後と高さの調整が可能で、体型に合わせた細かな調整ができて2万円台という価格は衝撃的です。

  • サイズ:幅68cm×奥行き68cm×高さ132cm
  • 素材:ナイロン
  • 重量:24.02kg
  • カラー:ブラックのみ

機能性重視

続いて紹介するのは、メッシュチェアの中でも機能性を重視したハイグレードモデルです。今回は、一度は聞いたことのあるメーカーから2商品ピックアップしました。

  • 自宅の仕事環境を極限まで高めたい
  • 究極の座り心地を求めたい
  • 腰痛持ちだからサポートのしっかりついたチェアが欲しい

こうしたあなたの理想を叶える機能性に優れたメッシュチェアをお探しの方は、こちらがおすすめです。 


エルゴヒューマン プロ EHP-LPL ハイタイプ 

 

人間工学にもとづいたランバー(腰部)サポートのフィット感、全身のサポートを重点に置いて設計された、オットマン内蔵のシリーズ最上位のフラッグシップモデルです。

全てがメッシュ素材で快適性とフィット感を追求し、「独立型ランバーサポート」が座った姿勢でも背骨のS字ラインをキープしてくれます。

リクライニング、座面昇降・スライド、各方向に調整可能なアームレスト、全てをあなた好みにカスタマイズできる究極の一脚です。

  • サイズ:幅63cm×奥行き65cm×高さ116〜130cm
  • 素材:エラストメリックメッシュ
  • 重量:30.3kg
  • カラー:12色展開

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード

 

ハーマンミラーのアーロンチェアも、超のつく有名なワークチェアの一つ。身長、体格、目的、好みにジャストフィットする調節機能の付いた、ラグジュアリーモデルです。

背骨を理想的なS字カーブを描くような調整機能が搭載され、仙骨の安定や腰部サポートにより、健康的な立ち姿勢と同じような状態をキープできます。

体圧分散されるような設計と、メッシュ素材の快適性で、自宅での長時間作業も楽にこなせるでしょう。

  • サイズ:幅48〜54cm×奥行き45〜51cm×高さ88〜109cm
  • 素材:メッシュ
  • 重量:約25kg
  • カラー:-(受注生産)

デザイン性重視

続いて紹介するのが、メッシュチェアの中でもデザイン性を重視したモデルです。一般的なオフィスチェアの場合、部屋のインテリアに馴染みにくいデザインも多く、インテリアにこだわりのある人ほど、ワークチェア選びに悩む人も多いのではないでしょうか。

今回紹介する2商品は、機能性はもちろん、デザイン性に優れたモデルで、どんなインテリアにもスッと馴染むでしょう。 


ハーマンミラー SAYL(セイルチェア)

 

ハーマンミラーのセイルチェアは、フレームを持たないYデザインと、背部のメッシュサイズにばらつきを持たせた、涼しげで開放感のあるデザイン性の高さが最大の特徴です。

リクライニングは3段階で上限角度を調整でき、アームレストの高さも調整可能。座面の前後調整や前傾にさせることもできます。

シンプルなブラック以外にも、ホワイト&グレーなど合計6色展開しており、部屋のインテリアに合わせてお好みの色味をお選びください。

  • サイズ:幅62cm×奥行き66cm×高さ88〜99cm
  • 素材:熱可塑性ポリウレタン(サスペンション)、ポリプロピレン・ウレタンフォーム(座面)、ナイロン樹脂等(脚部)
  • 重量:16kg
  • カラー:6色展開

オカムラ(岡村製作所) オフィスチェア バロン

オカムラのオフィスチェア「バロン」は、シンプルかつシャープなデザインで、12色とカラーバリエーションも豊富です。

最新のエルゴノミクス(人間工学)に基づいた快適で自然な座り心地で、快適なリクライニング性もバロンならでは。

イタリア人デザイナーが手がけたモダンなオフィスチェアは、自宅のワークスペースをピリッと引き締め、長時間の作業も難なくこなせるようになるでしょう。

  • サイズ:幅49.5cm×奥行き56~61cm×高さ98cm
  • 素材:メッシュ(座面・背部)、ナイロン樹脂等(脚部)
  • 重量:24.2kg
  • カラー:12色展開

自分にぴったりの椅子を選んで、快適なテレワークを!

テレワークの作業効率を上げるには、長時間座っても疲れにくく、骨格や体型に合った快適な座り心地の椅子を選ぶことが非常に重要です。

今回紹介したメッシュのワークチェアは、いずれもハイクオリティな商品で、お部屋のインテリアに合わせて、最も気に入った商品をぜひ試してみてください。

メッシュ素材は通気性の良さから接地面のムレを防いでくれるため、長時間座っても快適な座り心地をキープできます。自宅で長時間作業する方や、ゲームを楽しむ方も、メッシュ素材のチェアをぜひ使用してみましょう。

テレワーク用の椅子をアップグレードする以外にも、「テレワーク環境を快適に!必要&便利グッズとオンラインツールをご紹介」では、テレワーク関連グッズを一挙に紹介していますし、「テレワークデスクおすすめ12選!選び方とレイアウトのポイントもご紹介」では、自宅で使えるデスクを紹介しています。

これらも参考に、快適なテレワーク環境を整えましょう。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load