FUNQ

BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

大切な人に何を贈る? 3人の目利きが厳選したコレド室町の鉄板ギフト

とかく頭を悩ませがちな贈り物。贈るモノより、贈るココロが大事なのだと言い聞かせても、やっぱり悩んでしまうもの。Stay Homeや生活様式の変化が余儀なくされた現代の日本において贈り物のあるべき姿について、3人の有識者が集い、座談会を開催。いま贈るべきアイテムをピックアップしてもらいました。

幅允孝さん(写真左)
有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。人と本の距離を縮めるため、様々な場所でライブラリーの制作をしている。2020年7月に開館した「こども本の森 中之島」ではクリエイティブ・ディレクションを担当。本をリソースにした企画・編集の仕事も多く手掛ける。

真野知子さん(写真中央)
手土産など日常的で身近なギフトからハレの日まで、贈り物の多彩なシーンに合わせてギフトを選定する「ギフトコンシェルジュ」。雑誌やWEB媒体での連載のほか、商品開発企画アドバイザー、プロデュース業など活動は多岐。テレビ・ラジオ番組にも多数出演。

山田遊さん(写真右)
イデーのバイヤーを経て、2007年に独立、「method」の代表でありバイヤー。「21_21 DESIGN SIGHT SHOP」や「GOOD DESIGN STORE by NOHARA」などのバイイング(商品の選定・買い付け)を手掛けるほか、「燕三条 工場の祭典」などのイベントを企画・立案し、商業施設のプランニングも。

「おうち時間を充実させる」が 喜ばれる贈り物のヒント!

実物を目にし、手にし、味わい、身につけ、使ってみながらの座談会。ギフト選びは難しいけれど、同時に贈る側の承認欲求を満たす行為でもある。相手が喜んでくれれば、贈る側も贈られる側も同時に満たされるのだ。

真野さん 日本の贈り物は暮らしに根付いたものです。手土産のような身近で日常的なものから、ライフイベントといわれる結婚、出産から長寿に至るまでのハレの日の贈り物など。その中には節句や年中行事的なこと、シーズナルギフトなこともあるし、その土地の風土が培った風習やしきたりに沿ったものもあるなど多種多様で面白い。そこにさらにそれぞれの思いやセンスとユーモアを加えて選ぶものです。夏はお中元や残暑見舞いなどのシーズンなので、涼感のあるモノや食べ物、あるいはStay Home期間を有意義に過ごすための暮らしの道具などが良いと思いますが、おふたりはいかがでしょうか?

山田さん 真野さんに賛成ですね。Stay Home期間をどう豊かにするか? おうち時間を楽しむためのものが喜ばれるんじゃないかなと思います。いまって外出の機会が減っているし、マスクが必須の期間なので、化粧品の売り上げが落ちているそうです。これまで化粧品のような消費財は売り上げが落ちるということが少なかったのですが、口紅などはこれまでにない売り上げの減少率のようで、逆にスキンケアグッズは値段が高いものも好調なのだそうです。必要とされるものが変わったということですね。衣類も涼感のあるものが好まれるけど、外に出た時しか見られることのないボトムスよりも、オンライン会議でも画面に映るトップスの方が売れてますね。

幅さん 外側よりも内側に目が向いていると捉えることもできますね。ちなみに、私の本業である「本」に関わることだと、書籍が猛烈に売れているといっていいですね。フェイクニュースも多い中、著者がいて責任の所在がはっきりしている情報は信用されているのでしょう。また、以前は本を贈るという行為は、気恥ずかしいことだったように思います。自分の嗜好や内面を晒す行為なので……。でも、今は抵抗が少なくなっているようです。おうち時間を楽しむにはうってつけなので、贈りやすいのかもしれません。

真野さん より選択肢が増え、見直されてきているということですね。

幅さん 人間関係も変わってきているように思います。表面的なコミュニケーションしか取らない「関係性の薄い友人」と接する機会は減り、「深くしっかりと結びついている友人」と、改めて繋がり直している人が増えている。贈り物も表層的なモノではなく、贈る側の内側を吐露するような物が増えるような気がします。先日、友人の娘さんの二十歳の誕生日祝いが行われたのですが、大学でファッションの勉強をしている彼女に、実は本を贈ったんです。ちょっと前なら「インテリアショップに行けば何かあるだろう」と、悩まずに足を向けたものですが、Stay Home期間ということもあり、考える時間があったので、仕事かっていうくらい真剣に、時間をかけて選書しました。今まで以上に時間や熱量をかけて選んだことで、結果として、すごく喜んでくれたんです。

山田さん 「夏だからビールでいいよね」ということではなくなっている。贈り物という行為が慣例的な贈答ではなく、パーソナルなものになっている。私が外食中心の真野さんに贈るなら、ミールキットと調理道具かな(笑)!

幅さん 私からはレシピ本かな(笑)

一同 (爆笑)

贈り物のバリエーションが 一気に拡大している

山田さん 選び方がこれまでより丁寧になったってことですよね。それにこうしておうち時間が増えたことで、新しい価値観に出合った人も多いのではないでしょうか。先日、仕事でとある花瓶に出合ったのですが、これまで花を飾る習慣がなかった私も、おうち時間が増えたことによって、男性に花瓶を贈っても良いということに気づかされました。新しい価値観を贈るというか。あと、これは私の本業であるバイイングにおいても同じことが言えるのですが、自分がもらって嬉しかったものや、使ってよかったものを勧める「お裾分け感覚」は常に持っていますね。

真野さん 人から頂いた贈り物には自分がまだ知らないモノとの出合いがありますよね。それもまた贈り物、頂き物の醍醐味。それに女性でいえば「カワイイ」とか「おいしい」の共有みたいなことですね。女性は好奇心旺盛で教えたい欲求も強いので、そういう単純なことでプチギフトとかサンクスギフトを贈りあいますからね。

幅さん いまだと「がんばろうぜ」的なプレゼントもありだと思っています。いま苦しい環境にある飲食店を応援する意味で、馴染みの料理屋さんにお酒を持って行ったりしています。モノを介しての、気持ちのやりとりですね。

「涼感」と「贈る意図」が この時期の贈り物の必須条件

真野さん 最近は配達サービスが整ってきてるから、離れて暮らす人にも贈りやすい環境になってきていて、贈り物の機会が増えたと思うのですが。

山田さん 家族とか関係性の近い人には、これまで以上に贈り物をしたかもしれません。

真野さん それはいいことですね。流通の品質向上によって、旬の味を美味しいまま贈ることができるようになっていることも知って欲しいですね。夏の時期なら柑橘のゼリー、アイスとか。いまはパフェすらも贈れる。私自身はそういうおやつを頂くと、テンション上がります! 食べ物は家族みんなで味わうこともできますし。その品物があるからこそのひととき、家族で食卓を囲む時間、または一人でホッと一息つける時間がうまれる。そういった日々の暮らしのなかに、彩りのある時間をも贈ることができますよね。

山田さん そういえば、先日お店で商品を並べていて思いついたんですけど、日本の夏といえば扇子やうちわですよね? あれってフェイスシールド代わりになりませんか?

幅さん 確かに!くしゃみや咳をしたいときに口に当てるだけで、周囲の人も安心する。

山田さん つまり、贈り物も提案の仕方次第かなと。「夏だから扇子」だけでなく「フェイスシールド代わりに使ってくださいね」とメッセージを添えて提案することで、贈り物が特別になる。

幅さん 私の場合は、夏は酸味が欲しくなる。ピクルス、梅干し、柑橘系の飲み物とか。暑い時期に酸味が欲しくなるのは、私だけではないですよね。

真野さん やはり「涼感」はキーワードですね。

幅さん 自粛生活が長引く中、ちゃんとした風鈴が欲しくなりました。換気のために窓を開ける行為が習慣化したのですが、そうすると、いまさらながら風が気持ちいいことに気づいたんです。

山田さん 涼しげな食べ物といえば、先日三輪そうめんをもらってとても嬉しかったんです。旅に出ることも難しいので、日本の地域の産品は嬉しい。食べ物で旅の擬似体験を贈るというのはどうでしょうか?これも単に「夏だからそうめん」ではなく、地域の産品を贈ることで「旅を贈る」みたいな。提案次第で、お中元や残暑見舞いの選び方が変わる。そういった提案を込めて贈りたいですよね。

幅さん 今後、贈り物には「贈る意図」を伝えるためのメッセージが必須になるかもしれないですね。渡す瞬間まで脇を締めて、相手に対する思い、選んだ意図を伝える。

真野さん なぜその品物を選んだのか、それを伝える手段はメッセージカードも一役買ってくれますよね。いまも昔も贈り物は、モノを介しての気持ちのやりとり。相手を思いやって選ぶもの。多彩な選択肢の中から、贈る意図を意識して、自分の気持ちにピタリと合う物を選ぶ楽しさ、相手を思う気持ちを託せる一品との出合い、それこそが贈り物の醍醐味ですね。

3人が選んだおすすめギフト

実物を手にし、味わい、使った上で選んだ3人のおすすめギフトアイテムをご紹介します。

真野さんおすすめのギフト

【DAYLILY】DAYLILY 夏のギフトセット
5,000円(税込) ※配送料込

台湾の夏の定番ドリンク「酸梅湯」と食べすぎた時の救世主「山査子スティック」、さらに強い日差しを浴びた後の「フェイスマスク」。ギフトボックスは開けると鮮やかなオレンジ色とメッセージが。
(賞味期限:山査子スティック2021年3月31日、酸梅湯2021年8月6日)
(販売期間:~2020年8月31日まで)
※配送専用の商品の為、店頭でお受け取りはできません。

真野さんコメント
「漢方をルーツにしているため、免疫力アップや健康志向へ意識が高まっているいま、ジェンダーレスで喜ばれること間違いなし。ちゃんと美味しいのも魅力。程よい異国感、涼感のある酸味、見た目の華やかさなど、高ポイント尽くしで暑気払いの贈り物にもピッタリ!」

DAYLILY(コレド室町テラス 2F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/1386573.html

【IDEE SHOP】Dr.Vranjes Ginger & Lime 250㎖
8,800円(税込)

最高品質の天然素材エッセンシャルオイルを使用したイタリア・フィレンツェ発のフレグランス。調香師パオロ・ヴェラニスの手による爽やかでスパークリングなフルーツの香り。

真野さんコメント
「日本の伝統文化である香道にも似た感覚で、 暑さをしのぐ爽やかな香りを贈ってみてはいかがでしょうか。 自宅やオフィスなど暮らしの空間に癒しを与えてくれますよ」

IDEE SHOP(コレド室町3 3F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/600338.html

山田さんおすすめのギフト

【石見銀山 群言堂】福吹扇
1,980円(税込)

群言堂オリジナル生地を使用し、国産竹うちわの9割を生産する香川県丸亀の伝統工芸士の手作りによるうちわ。コンパクトサイズで携行性が高いのがポイント。
(販売期間:2020年6月1日~9月30日)

山田さんコメント
「国産の扇子よりも安価、涼感のあるファブリック、サイズや取手の形状にも工夫があり、目を引くだけでなく機能性も高い。フェイスガード代わりにぜひ!」

石見銀山 群言堂(コレド室町3 2F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/600334.html

【SUSgallery】TITANESS Tumbler Goblet Antique Gold S-400AG
33,000円(税込)

新潟県燕市の高い金属加工技術を駆使した真空二層構造のチタン製タンブラー。保冷・保温性に優れ、氷が溶けづらいため中身が薄まりにくい。桐箱入りの包装も贈り物に嬉しい。

山田さんコメント
「私自身が愛用するのみならず、実際に父に贈ったことがありますが、翌年母も欲しいと言ったくらい(笑)。夏のおうち時間には、大きめサイズが重宝されます」

SUSgallery(コレド室町3 2F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/600332.html

幅さんおすすめのギフト

【中川政七商店】南部鉄の燕鈴
3,300円(税込)

南部鉄器の産地、岩手県で作られた燕の風鈴。夫婦で子育てをする燕は夫婦円満、家庭安泰、安産など家庭の幸せを象徴する鳥なので、お飾りとしても一年中飾ることができる。
(無くなり次第終了)

幅さんコメント
「軽やかで伸びのある音でStay Homeのストレスも和らげてくれる癒しの燕。風鈴は自分で買うというよりも、もらうと嬉しいアイテムのひとつではないでしょうか」

中川政七商店(コレド室町3 2F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/600336.html

【南阿蘇TEA HOUSE】国産ハーブとみかんの日本橋ブレンド(2g×8包)
単品1,296円(税込)※オリジナルギフト袋付1,384円(税込)

コレド室町店限定のオリジナルブレンドは、レモングラスをはじめとした熊本県産のハーブの爽やかな口当たりと、温州みかんのまろやかさが特徴。
(賞味期限:製造から1年)
※お渡し用に別途、紙袋代33円(税込)がかかります。

幅さんコメント
「暑い時期に欲しくなる涼感をすっきりと味わえるハーブティーは夏の定番。ハーブと柑橘のさっぱりとした味わいは、疲れた胃腸にはホット、暑い昼間にはアイスと2シーンで楽しめます」

南阿蘇TEA HOUSE(コレド室町テラス 1F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/1386056.html

編集部おすすめのギフト

【にんべん 日本橋本店】近海限定本枯鰹節 フレッシュパック伊勢屋伊兵衛 つゆの素 伊勢屋伊兵衛詰合せ
2,700円(税込)

日本近海で1本釣りされた生のカツオだけを職人が手間暇かけて熟成させた本枯鰹節のフレッシュパック10袋と、この本枯鰹節だけをふんだんに使用したつゆの素のセット。
(賞味期限:製造から1年)

編集部コメント
「食欲が落ちがちな夏の定番、そうめんやうどんのお供には、甘みが少なくクセの少ない高品質なつゆの素。本枯の鰹節のフレッシュパックは出汁とりにも薬味にも◎」

にんべん 日本橋本店(コレド室町1 1F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/600234.html

【P.Seven茶香水】P.Seven茶香水お試しサイズ3種類セット
5,423円(税込)

台湾の文化や風土を香水で表現するP.Seven茶香水。ともに日本限定版のキンセン茶、東方美人茶に、台湾先住民シリーズのHUNTERを加えた3種類のお試しセット。

編集部コメント
「身だしなみの一環であり、記憶に残りやすいのが香りのアイテム。ハンカチや名刺に香りを移らせて、さりげなく粋な使い方をオススメしたい」

P.Seven茶香水(コレド室町テラス 2F)

https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/1386655.html

その他おすすめアイテムはこちらから。

 

コレド室町

江戸・日本橋から粋文化を発信する温故知新の商業施設。日本の伝統的な魅力を再解釈するとともに、いま日本をにぎわす注目店を織り交ぜるユニークな視点のもと、レストランでの食事やショッピングを楽しめる。

コレド室町

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load