BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

これからの季節オススメの京都の体験プランが気になる【by 九島辰也】

ユニークなツアーを行っている「京都ブライトンホテル」

旅にはいろいろな目的やスタイルがある。サーフトリップだってそうだし、クルマに自転車を積んでダウンヒルを楽しむのもそう。ゴルフ合宿と銘打って一日1.5ラウンドを2、3日続けたり。目的がはっきりしていれば、場所も自ずと決まってくる。

ただ家族と一緒だとそうもいかない。夫婦だって同じ趣味とは限らないし、子供連れともなるとなかなか制限がある。温泉入って買い物して、名所を観光して……なんてオーソドックスなプランになりがちだ。

そんな中でユニークなツアーを行っているホテルを見つけた。京都の老舗ホテル「京都ブライトンホテル」だ。ここには老舗ながらできるプランがある。その名は、「臨済宗大本山 妙心寺退蔵院 朝のおつとめ体験プラン」。そう、まるで修行僧にでもなった気分でお寺の“朝のおつとめ”を気軽に体験できちゃうのだ。

写真提供:妙心寺退蔵院

具体的には、お寺の道内や境内を掃除する。雑巾掛けや草引き、庭掃除など、禅寺の修行の一部を行うというもの。普段自分の家の掃除もままならないのに、そんなことできるか?という気がしなくもないが、雰囲気に飲まれて完璧にこなしちゃうかもしれない。メンタルは修行次第で変わる。

でもって、禅寺の朝を過ごした後は、妙心寺御用達「阿じろ」の粥をお茶席でいただく。仕事の後のメシは格別に美味いのは想像つく。なんか健康になった気にもなるってもんだ。

写真提供:妙心寺退蔵院

もちろん、坐禅や法話なんかも聞けちゃうし、開門前という時間帯なので、最後にゆっくりお庭の散策ができる。自分が掃除した庭だから、味わい深いに違いない。もしかしたら「あそこもっとキレイに掃除しておけば良かった」なんて思うかもしれないけど。

ホテル企画の体験プランなので、前日の宿泊と退蔵院までの送迎がちゃんと行われる。いうことないね。ただ、日程は7月31日と8月28日の両日曜日しかなく、さらに10名限定だから気になる人はすぐに申し込んだ方が良いかもしれない。自分達だけじゃ企画できない体験プランだ。

上賀茂神社の特別拝観

京都ブライトンホテルは、この他にも老舗ならではのプライベートツアーがいくつか用意されている。たとえば、特別拝観プランで、ゆっくりと案内付きでお寺の中を拝観できる。しかも、当日の状況などにもよるが、普段は遠くからしか拝めない絵画や仏像を近くで見れたり、入れないような場所に足を踏み入れさせてもらえたりとか特典満載。東福寺、上賀茂神社、知恩院などメジャーどころばかりだ。

詳しいプラン内容や料金は直接京都ブライトンホテルに聞くとして、内容はかなり充実している。もっと宣伝すれば良いのになんて思うが、知る人ぞ知るって感じがいい気もする。趣味の旅行も良いけど、たまにはこんな旅行プランもわるくない。朝のおつとめで、心を清めちゃってくださいませ。

宿泊予約 075-441-0489 (受付時間 9:00〜21:00)

THE 京あそび (季節のプラン)

https://kyoto.brightonhotels.co.jp/the-kyo-asobi.html
臨済宗大本山 妙心寺 退蔵院「朝のおつとめ体験プラン」など

大人の自由研究 (プライベートツアー)

https://kyoto.brightonhotels.co.jp/lp/kyoto-privatetour.html
初夏に訪れたい再発見の旅「東福寺の至宝巡りプラン」
涼を求めて賀茂川上流へ「上賀茂神社 特別拝観プラン」など

九島辰也

モータージャーナリスト兼コラムニスト/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員/2019-2020日本カーオブザイヤー選考委員/日本ボートオブザイヤー選考委員/(社)日本葉巻協会会員

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX(世界文化社 刊)」副編集長、「アメリカンSUV/ヨーロピアンSUV&WAGON(エイ出版社 刊)」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON(主婦と生活社 刊)」副編集長、フリーペーパー「go! gol.(ゴーゴル;パーゴルフ刊)」編集長、アリタリア航空機内誌日本語版「PASSIONE(パッショーネ)」編集長、メンズ誌MADURO(マデュロ)発行人・編集長などを経験する。2021年7月よりロングボード専門誌「NALU(ナルー)」編集長に就任。

モータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、ゴルフ、葉巻、ボートといった分野のコラムなどを執筆。クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load