BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

後悔しない!ハンモックチェアの選び方&シーン別おすすめ商品9選

ハンモックをチェアスタイルにしたハンモックチェア。アウトドアシーンではもちろん、ベランダや室内でのリラックスタイムにも重宝されるアイテムです。

さまざまなメーカーから多くの種類が販売されており、初めて購入を検討している方にとっては、最適な商品を選択することはなかなか難しいのではないでしょうか。

そこで当記事では、ハンモックチェアの知識と合わせておすすめアイテムを詳しくご紹介します。種類はもちろん、利用シーンによって着目すべき点についても解説していますので、ぜひ参考にして最適なハンモックチェアを見つけてくださいね!

ハンモックチェアはアウトドアにも室内にも◎

ハンモックチェアは持ち運びができるタイプのものが多いため、室外・室内問わず利用することができます。どちらものんびりリラックスしたいときに使用するといった面では共通していますが、室内での利用目的で設置する人にとっては「インテリア」としても楽しむことができるので、購入の際はデザイン選びも重要です。

ハンモックチェアってハンモックと何が違うの?

寝転んでゆらゆら揺られながらリラックスできる「ハンモック」は、アウトドア用品で就寝用として活用されていました。そのハンモックをチェアとして活用されているのが「ハンモックチェア」で、ハンモックと同じ魅力を持った座り心地のチェアとなっています。

簡単にいうとハンモックは「寝転ぶこと」ハンモックチェアは「座ること」を目的にしています。ハンモックチェアはその名の通りチェアとして使用することを想定されているので、使用できる人数は主に1人になっています。それに対しハンモックは横幅が広く、耐荷重も200kg以上と体重を支える力がしっかりしているものも多く、同時に大人2人乗ることも可能です。

一方、ハンモックチェアはハンモックと比べてコンパクトで手軽に持ち運べるものが多く、アウトドアでの使用にぴったりです!設置スペースの関係でハンモックを断念していた方にも、うれしいアイテムです。

ハンモックチェアの種類を知ろう

ハンモックチェアの種類は大きく分けて「吊り下げ式」と「自立式」です。それぞれどのような特徴があるかご紹介します。

吊り下げ式

木や柱からロープで吊り下げるタイプの「吊り下げ式」は、比較的低価格かつ軽量で、コンパクトに収納できるのが特徴です。アウトドアシーンでも手軽に運ぶことができ、空間を広く使える点は魅力的ですが、吊り下げるための木や柱がないと設置できないのが難点です。

さらに室内での使用の場合は天井や壁に金具を付けて設置する必要があるため、取り付け工事が必要になることもあり、少々手間がかかってしまいます。しかし、持ち運びやすさや収納力を重視する方には適しているためおすすめです。

自立式

付属のスタンドを組み立てて設置するタイプの「自立式」は、場所を問わず設置することができるのが最大の魅力といえるでしょう。スタンドがある分重量が増してしまうのと、収納がかさばる点はデメリットですが、天井や柱に穴を開ける必要がないので賃貸でも使えます。ご自宅でアウトドアのような雰囲気を味わいたいといった方にはとてもおすすめですよ。

ハンモックチェアを選ぶ際のポイント

ハンモックチェアにはさまざまな種類がありますが、最適なものを選ぶには着目すべきポイントがいくつかあります。
ここでは特に注目していただきたい以下の3点のポイントについてご説明します。

  • 設置場所や利用シーンをイメージ
  • サイズ&耐荷重はどれくらいか
  • 素材のチェックも忘れずに

設置場所や利用シーンをイメージ

ハンモックチェアは設置場所や利用シーンをあらかじめイメージしておく必要があります。たとえば上記でご紹介した「吊り下げ式」タイプですと、室内の場合柱などがないと設置はできません。

また、設置の際には大体200cm程度の高さも確保しておく必要があるため、最低限の高さも確認しておきましょう。ロフトなど天井が低い場所での設置は難しく、逆に天井が高すぎる場所であればロープで高さの調整をする必要があるため、設置場所を事前に把握しておくことはとても重要です。

設置場所の自由度が高い「自立式」は、設置スペースさえ確保しておけば室内・室外問わず使うことが可能です。ただし、自立式の場合はフレームやスタンドの重さがあるため、持ち運びには不便といったデメリットもあります。

サイズ&耐荷重はどれくらいか

ハンモックチェアには「耐荷重」があり、商品によってその重さは異なります。どこで誰が使うのか、使うのは大人なのかお子さんなのか、何人で使うのかを考えて最適なサイズを選びましょう。

座る人の体重によって変わりますが、標準体重の大人1人が座ることを想定した場合、100kg程度の耐荷重があれば問題ないでしょう。ご家族やカップルなど複数人で使用するのであれば150kg程度の耐荷重の商品を選んでおくと強度が高く、安心です。

素材のチェックも忘れずに

ハンモックチェアにも素材の違いがあります。
キャンプなどのアウトドアで使用する場合は耐久性に優れたナイロン生地がおすすめです。ナイロン生地は耐久性が高いだけでなく軽量になっているため、外に持ち運ぶには最適な素材です。

また、夏のキャンプなどでもハンモックチェアを使用したい方は、ネットやメッシュ素材もおすすめ。網目状になっているため通気性がよく、蒸れの心配もなく快適に使うことができます。雨が降っても水がたまらないので、室外に置いたままにできるのも嬉しいポイントです。

ご自宅メインで使用する場合はコットン生地がおすすめです。ふんわりとした触り心地で肌触りが抜群な点が魅力!ただ、コットン生地は汚れが落ちにくいといったマイナス点もあるため、ベランダなどの室外で利用の際は置きっ放しにせず、室内にしまうように注意しましょう。

ハンモックチェアおすすめ商品【アウトドア&室内】

リラックスタイムに活躍するハンモックチェアは、アウトドアだけでなく室内でものんびり過ごす際に最適なアイテムです。
癒しの時間をより快適に過ごすためのおすすめアイテムをご紹介します。

アウトドアを彩るハンモックチェア

キャンプなどのアウトドアにおすすめのハンモックチェアをご紹介します。

DOD(ディーオーディー) スワルスエックスハイ

初心者のアウトドアにおすすめなアイテムが揃ったシンプルで可愛いハンモックチェア。軽量かつコンパクトでありながら、座面生地をフレームに吊り下げる形にすることでハンモックのような座り心地を実現しています。コンパクト収納でアウトドアでの持ち運びにも最適です。

  • メーカー参考価格:10,220円(税込)
  • サイズ:約W57×D83×H97cm
  • 耐荷重:約80kg
  • 素材:アルミ合金・ポリエステル
  • 重量:約1.8kg

公式サイトでみる

DABADA(ダバダ) 3wayハンモック

チェアにもハンモックにもハンガーラックにもなる3way仕様で、簡単に設置できる自立式。アウトドアはもちろん、室内でも活躍します。メッシュ生地で編まれたネットを使用しており、軽くて丈夫なのがポイント。通気性に優れているので暑い季節でも気持ちのいい手触りです。

  • メーカー参考価格:8,498円(税込)
  • サイズ:約幅85~113×奥行73.5×高さ107~108cm
  • 耐荷重:約120kg
  • 素材:天然木・ポリエステル・綿
  • 重量:約7.5kg

公式サイトでみる

TOBAU(トバウ) フォールディングハンモックチェア

通気性抜群のメッシュ生地でハンモックで寝ているような快適な座り心地。ほぼ全面がメッシュ生地になっているので、蒸れにくいのが特長です。しっかりとした作りになっており、収納ポケットやボトルフォルダーがついているのでアウトドアにも最適です。

  • サイズ:約96×65×100cm
  • 耐荷重:約100kg
  • 素材:合金鋼
  • 重量:約3.2kg

インテリアにぴったりなハンモックチェア

室内で映えるおしゃれなハンモックチェアをご紹介します。

Fionana(フィオナナ) ハンモックチェア マクラメ編み

見た目がかわいいハンモックチェア。熱・摩擦・紫外線に強い綿のロープを使用しています。座面は深く安定性があるため、大人が乗って揺れても問題のない強度です。

  • サイズ:60×80×110cm
  • 耐荷重:約150kg
  • 素材:コットン・合金鋼
  • 重量:約4kg

SUSABI(スサビ) ハンモックチェア クラシコ

肌ざわりの良いコットン100%の生地を使用。お子さんがいるご家庭では、ブランコとして楽しむこともできます。200kgの重りを2時間乗せても問題ないほどの耐荷重になっているので、小さいお子さんと一緒に乗ることも可能です。

  • メーカー参考価格:16,610円(税込)
  • サイズ:座面の長さ 160cm 座面の幅 115cm バー 110cm 全高 170cm
  • 耐荷重:約140kg
  • 素材:ピュアコットン100%・ポリエステル

公式サイトでみる

ゆらふわモック マルチタイプ

耐久性・安全性・快適性に優れたハンモックチェア。長く安全に使いたい方におすすめです。布地が伸縮するため使用感は抜群で、耐荷重は330kgなのでチェアとしての使用であれば大人複数人でも問題ありません。自立式ハンモック・ハンモックチェア・ハンガーラックの一台三役!

  • メーカー参考価格:12,800円(税込)
  • サイズ:チェア使用時(最大):奥行123×長さ86×高さ108cm
  • 耐荷重:約330kg
  • 素材:ポリエステル・コットン
  • 重量:スタンド:7kg / ハンモック:約1.5kg

公式サイトでみる

とにかくコンパクトなハンモックチェア

持ち運びラクラク!コンパクトに収納できるハンモックチェアをご紹介します。

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア

キャンパーから大人気のシングルサイズハンモック。ハンモックとチェアの2WAYに対応したアイテムで、ゆらゆらと心地良くゆれるのでリラックスタイムに最適です。

  • メーカー参考価格:13,800円(税込)
  • サイズ:(約)高さ117×幅90×奥行68cm(座高43cm)
  • 耐荷重:約130kg
  • 素材:ポリエステル・スチール
  • 重量:約5.7kg

公式サイトでみる

Sifflus(シフラス) 3WAY自立式ポータブルハンモック 選べる生地セット

軽量かつ丈夫で無駄のないデザイン。カラーバリエーションが豊富でインテリアとしても活躍します。ハンモック・チェアのどちらとしても使用でき、チェアには2つ折りの大きなクッションもセットになっていて、座り心地抜群です。コンパクトな折りたたみ式なので、アウトドアでの使用にも便利!

  • メーカー参考価格:23,100円(税込)
  • サイズ:約1210×780×1085mm
  • 耐荷重:約100kg以下
  • 素材:ポリエステル・綿
  • 重量:約8600g

公式サイトでみる

KOMFORTA(コンフォルタ) ハンモックチェア

ノーブランド品
¥184,800 (2022/12/01 00:03:38時点 Amazon調べ-詳細)

丈夫で肌ざわりの良いキャンバス生地で作られたハンモックチェア。幅122×奥行き80cmのコンパクトサイズなので、設置スペースが限られている方におすすめです。組立が簡単でハンモックとクッションカバーが自宅で洗濯できるのも魅力ですね。

  • メーカー参考価格:184,800~195,800円(税込)
  • サイズ:(約)幅128cm・奥行97cm・高さ138cm
  • 耐荷重:ハンモック/約5kg・ベース、ポール/約8.5kg
  • 素材:コットン100%・ステンレス
  • 重量:約5g

公式サイトでみる

自分にぴったりのハンモックチェアを選んで
ゆったりとした時間を過ごしましょう

前後左右に揺れるハンモックチェアは、キャンプやおうち時間でのリラックスタイムに最適なアイテムです。デザインによってはおしゃれなインテリアとしても利用できるため、アウトドア以外でも活躍します。

素材の違いで座り心地も変わってくるので、この記事を参考に、あなたにピッタリなハンモックチェアを見つけて癒しの時間を楽しんでくださいね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x