本当は教えたくない、次世代のトップシェフも通うハワイのレストラン【本田直之のThe Hawaii’s Best Restaurants・第1回】

レバレッジシリーズをはじめ累計300万部以上というビジネス書の著者として知られ、一方でハワイに通って26年、ハワイでデュアルライフをはじめて11年目という無類のハワイ好きでもある本田直之氏。そんな彼が、3年ぶりに本気でハワイ本を作った。それが、自腹で何度も通っているレストランだけを選んで紹介した『The Hawaii’s Best Restaurants』(2017年7月15日発売)だ。

掲載されている店は100軒、B級グルメからラグジュアリーレストランまで幅広い。「作り手の顔が見え、そこに確かなポリシーやストーリーがあるレストラン」を基準に選ばれている。このオリジナル連載コラム【本田直之のTHE HAWAII’S BEST RESTAURANTS】では、『The Hawaii’s Best Restaurants』に掲載された本田氏ならではのハワイグルメのベストセレクションから、その一部を紹介していく。

仲間とわいわい訪れたいときの定番の店

home-39

連載第1回目は、王道かつインパクトのあるこの店から。
ちょっと入りづらい立地と外観、暗めの店内にはソファ席が並び、常に賑やか。“THE LOCAL”な店の雰囲気に最初はちょっとたじろいでしまうかもしれないが、この『ホーム・バー&グリル』は、ハワイらしい料理をハワイらしい雰囲気で楽しめる、イチ押しのガストロパブ(ガストロパブとは、簡単に言うと料理の美味しいスポーツバー)。僕も、大勢でわいわい美味しい食事を楽しみたいときの定番の一つとして利用している。店内はいつも賑やかだ。

home-57

味はトップシェフたちのお墨付き

home-46

もし『サイド・ストリート・イン』(僕が大好きなローカルに愛されている老舗ガストロパブ)が好きな人なら、恐らくここも気に入るに違いない。『ロイズ』や『サム・チョイ』、『アラン・ウォン』など、これまでハワイをけん引してきた人気レストランのシェフが通う名店ならば、ここ『ホーム・バー&グリル』は、『セニア』や『ピッグ&ザ・レディ』、『MWレストラン』など、これからのハワイレストランシーンを引っ張っていくトップレストランのシェフが集うレストラン。味のわかるシェフたちが仕事終わりにわざわざ足を運んでいるのだから、絶対に間違いないのである。写真は『サイド・ストリート・イン』を彷彿とさせるポークチョップ。

ここに来れば誰かがいる。ファミリースタイルの心地よい空間

home-51

バーテンダーとして20年のキャリアを積み、僕も好きで通っていたスポーツバー『カンパイ』でマネージャーをしていたという経歴を持つのが、オーナーのクリス(写真)。 “ミーティングプレイス(集いの場)”というコンセプトを掲げ、ひとりでも気軽に来れて、ここに来れば誰か馴染みの顔がいて一緒に飲めるファミリースタイルな雰囲気を実現している。そしてクリエイティブで洗練された料理は、長年アラン・ウォンを師事していたというヘッドシェフ3人が“酔っぱらいが食べたいメニュー”をテーマに腕を振るっている。

人の移り変わりが激しいハワイでは珍しく、『カンパイ』時代からのメンバーも多く残り、店全体からアットホームな雰囲気が漂う『ホーム・バー&グリル』。シェフそれぞれの個性とノリがつまった豊富なメニューは、どれも3~4人前はあろうかというかなりのボリューム。ぜひ大勢で訪れてシェアしてほしい。ちなみに金曜、土曜の夜、特に9月からのフットボールシーズンは混み合うので注意してほしいのと、年齢を確認するためのIDチェックも厳しいので、パスポートなどは忘れずに!

●本田直之(@naohawaii
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役ハワイ、東京に拠点を構え、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行いながら、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅し、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。これまで訪れた国は60ヶ国、200都市を超える。毎日のように屋台・B級から三ツ星レストランまでの食を極め、著名シェフのコラボディナーなどのプロデュースも手がける。
著書にレバレッジシリーズをはじめ、「脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住」、「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」、「TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと」、「本田直之のハワイグルメコンシェルジュ」など。

++++++++++++++++++++++++

本田直之氏の新著『The Hawaii’s Best Restaurants』では、本田氏おすすめのメニューや知っておくとよりその店を堪能できるリアルなレコメンドコメント、その店が現在に至るいきさつ、名物メニューに隠された家族のストーリー……など、ここでしか明かされていないエピソードも多数収録している。ハワイでの食体験をより楽しみたい人には、ぜひチェックしていただきたい読み物的ガイドブックだ。

(出典:『The Hawaii’s Best Restaurants』

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ハワイスタイル TOPへ

No more pages to load